« エポン504D-Hのラストラゥンド | トップページ | ホンマベレスドライバーで後楽に挑む »

2017年3月19日 (日)

春彼岸

長男家族が墓参りに行きたいと来てくれ、息子たち全員で墓参りに出かけた。

幼い孫も墓石を洗ったり、草を寄せ集めたり手伝ってくれた。

いつもは寂しく墓参りをしていたが大勢の墓参りで先祖もさぞ喜んでくれたものと気持ちが明るくなった。

その時代の都合でそれぞれの場所にまつられ点在した墓所を一か所にして、墓参りもずいぶんらくになった。

春を待つ雑木林に、陽が射しこみ落葉を照らしていました。

枯れ草を抜いたら、懐かしい故郷の香ばしい土の香りから春がすぐそこまで来ていることを感じた。

同じ季節が繰り返される有難さ。 春の兆しがうれしかった。

故人に墓所は居心地がいい場所かどうかはわからないが、生きているものにとって唯一話をできる場所だ。

一人ひとりの生前の姿を思い出しながら、目をつぶり生前の不幸を詫び手を合わせた。

|

« エポン504D-Hのラストラゥンド | トップページ | ホンマベレスドライバーで後楽に挑む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エポン504D-Hのラストラゥンド | トップページ | ホンマベレスドライバーで後楽に挑む »