« 春彼岸 | トップページ | ザ ロイヤルGC »

2017年3月29日 (水)

ホンマベレスドライバーで後楽に挑む

3月28日 後楽GC 曇り、

時々晴れ間を見せるが、時折吹く風は冷たい。

雨に、霰にも見舞われ絶好の天気とは言えない一日。

それでも2番グリーンそばには「紅梅」の花が咲春を告げていた。

Photo

Photo_3

3年間エースとして使ってきたエポン450D-Hをホンマベレスドライバーに変えて、昨日の練習では振り遅れ

が原因と思われる右に出ることが多かった。

スライスではないが振り切れてていないことが原因のプッシュアウト。

不安があったがリストターンに気負つけるように考えていたが1番ホールでは大きくフック。

クラブが軽いので手打ちにもなっている。 なかなか治らない手打ち。

腰の回転でダウンブローを心がけるのだができない。

開眼はコースないでは閉眼したままだ。

150ヤードの残りも手打ちが原因のフック。 玉が上がらい。

アプも50ヤードのアプがショートして3mをツーパットで。

1_12_3

先週は岡山県オープンが開催されそのコースコンディションが多少残っていて、やや早め。

加えてこのコースグリ—ンはアンジュレーションと段差がきつくアプの落としどころが難しい。

段のすぐ上だと狙いすぎショートしたり、思い切って段を狙えば逆にこぼれたりと。

今日の使用パターはプリティー。小さめのマレット型(プリッティー)

距離感良くロングパットがタップインに寄せプレッシャーなくボギーをセーブ。

スリーパットは一度だけ。寄らなくても2mくらいを入れダボを防いだ。

新兵器のドライバーは飛距離を出せなかったが、よくフェアーウェーキープしてくれた。

パートナーはセカンドを殆どがショートアイアンでバーディーチャンスを作り5個のバーディ。

飛距離はバーディーを呼ぶが今は飛距離はクラブに頼るしかないが、アイアンの精度を上げたい。

ダゥンブローを心がけたい。

結果は、理想・目標とするダボを叩かないゴルフができ、 41・42(17,19)

後楽GC 2017.3.28
HOLE PAR YARD SCORE PUTEE
1 4 375 5 2
2 5 454 6 2
3 3 152 4 2
4 4 365 5 2
5 4 332 5 2
6 5 493 5 2
7 3 139 3 1
8 4 332 4 2
9 4 341 4 2
OUT 36 2983 41 17
10 4 342 5 2
11 4 381 5 2
12 3 125 3 2
13 4 342 4 2
14 4 301 5 3
15 5 534 6 2
16 4 362 5 2
17 3 166 3 2
18 5 477 6 2
IN 36 3030 42 19
TOTRAL 72 6013 83 36

1_7

 ホンマベレスS-05 ツースター

1_10_640x480

ソール塗装がメラ入りで高級感があってさすがホンマを感じさせる。

安倍総理がトランプ氏にお土産として贈ったもの。

シャフトのグレードにより価格が大きく変わるが、贈られたのは最高級の5Sグレード。

|

« 春彼岸 | トップページ | ザ ロイヤルGC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春彼岸 | トップページ | ザ ロイヤルGC »