« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

ホンマベレスドライバーで後楽に挑む

3月28日 後楽GC 曇り、

時々晴れ間を見せるが、時折吹く風は冷たい。

雨に、霰にも見舞われ絶好の天気とは言えない一日。

それでも2番グリーンそばには「紅梅」の花が咲春を告げていた。

Photo

Photo_3

3年間エースとして使ってきたエポン450D-Hをホンマベレスドライバーに変えて、昨日の練習では振り遅れ

が原因と思われる右に出ることが多かった。

スライスではないが振り切れてていないことが原因のプッシュアウト。

不安があったがリストターンに気負つけるように考えていたが1番ホールでは大きくフック。

クラブが軽いので手打ちにもなっている。 なかなか治らない手打ち。

腰の回転でダウンブローを心がけるのだができない。

開眼はコースないでは閉眼したままだ。

150ヤードの残りも手打ちが原因のフック。 玉が上がらい。

アプも50ヤードのアプがショートして3mをツーパットで。

1_12_3

先週は岡山県オープンが開催されそのコースコンディションが多少残っていて、やや早め。

加えてこのコースグリ—ンはアンジュレーションと段差がきつくアプの落としどころが難しい。

段のすぐ上だと狙いすぎショートしたり、思い切って段を狙えば逆にこぼれたりと。

今日の使用パターはプリティー。小さめのマレット型(プリッティー)

距離感良くロングパットがタップインに寄せプレッシャーなくボギーをセーブ。

スリーパットは一度だけ。寄らなくても2mくらいを入れダボを防いだ。

新兵器のドライバーは飛距離を出せなかったが、よくフェアーウェーキープしてくれた。

パートナーはセカンドを殆どがショートアイアンでバーディーチャンスを作り5個のバーディ。

飛距離はバーディーを呼ぶが今は飛距離はクラブに頼るしかないが、アイアンの精度を上げたい。

ダゥンブローを心がけたい。

結果は、理想・目標とするダボを叩かないゴルフができ、 41・42(17,19)

後楽GC 2017.3.28
HOLE PAR YARD SCORE PUTEE
1 4 375 5 2
2 5 454 6 2
3 3 152 4 2
4 4 365 5 2
5 4 332 5 2
6 5 493 5 2
7 3 139 3 1
8 4 332 4 2
9 4 341 4 2
OUT 36 2983 41 17
10 4 342 5 2
11 4 381 5 2
12 3 125 3 2
13 4 342 4 2
14 4 301 5 3
15 5 534 6 2
16 4 362 5 2
17 3 166 3 2
18 5 477 6 2
IN 36 3030 42 19
TOTRAL 72 6013 83 36

1_7

 ホンマベレスS-05 ツースター

1_10_640x480

ソール塗装がメラ入りで高級感があってさすがホンマを感じさせる。

安倍総理がトランプ氏にお土産として贈ったもの。

シャフトのグレードにより価格が大きく変わるが、贈られたのは最高級の5Sグレード。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

春彼岸

長男家族が墓参りに行きたいと来てくれ、息子たち全員で墓参りに出かけた。

幼い孫も墓石を洗ったり、草を寄せ集めたり手伝ってくれた。

いつもは寂しく墓参りをしていたが大勢の墓参りで先祖もさぞ喜んでくれたものと気持ちが明るくなった。

その時代の都合でそれぞれの場所にまつられ点在した墓所を一か所にして、墓参りもずいぶんらくになった。

春を待つ雑木林に、陽が射しこみ落葉を照らしていました。

枯れ草を抜いたら、懐かしい故郷の香ばしい土の香りから春がすぐそこまで来ていることを感じた。

同じ季節が繰り返される有難さ。 春の兆しがうれしかった。

故人に墓所は居心地がいい場所かどうかはわからないが、生きているものにとって唯一話をできる場所だ。

一人ひとりの生前の姿を思い出しながら、目をつぶり生前の不幸を詫び手を合わせた。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

エポン504D-Hのラストラゥンド

2014年10月からエースドライバーとして使ってきた  エポン504D-Hを手放した。

405D-Hの購入時の状況はここに

クラブはいつも進化している。

ゴルフ人生最終兵器として購入したエポン504DーHだったが、アクセルの導入で最近は出番が少なくなって い

た。

504Dはシャローフェースで球が上がりやすい。

打感・打音も心地よく気に入りのクラブで手放すのは惜しかったのだが練習場で試打したホンマベレスS- 05

のアクセルに勝るとも劣らないその飛距離と、アイアンにベレスE-05を使っていることから、浮気性とショッピ

ング依存症候群がでてしまった。

最近はエポンより他の地クラブに人気がでて以前ほどの値がつかなかったが、52000円で落札された。

人気の少し下降気味のエポンだが、半値近い値がついたのはさすがエポン。

504d_4

最後のラウンド赤坂CCで!

ソールのミラー仕上げもまだきれいで擦り傷も少ない。

15日、504を使った最後のラウンドを赤坂CCで。

気温は15度まで上がったが風が強く体感温度はまだ冬だ、

時折吹く強い風はいつも逆風で,風に翻弄されながらのラゥンドになった。

逆風のホールから折り返しのホールはホローになるかと思えばまた逆風。

人生と同じでいつも逆風に当たっている。

ゴルフ場は周りを山に囲まれ、木々に覆われているから風が回っているのだ。

風の読みが大切になる。

逆風に負けない強い玉を打とうとつい力んでしまう。

肩が十分回っていないところから手で打ちにいってしまう。(打ち急ぎ)

欠点は解っているのだがなかなか治らない。

手でのスイングはコックが早くほどけヘッドが下がるのでダフルことが多い。

上半身のスイングは力ない球が引っかかって左に低い球が。

風はパットにも影響しショートすることもあったがゴルフになったのはパットと寄せ。

ゴルフは楽しいゲームだが難しいことに気付くのに40年かかった。

 

今後のクラブセッティング予定

べレスE-05アイアン   S-05ドライバー  アクセルFW UT アクセル 5,6 パター オデッセイ

エポン 303 アイアン、アクセルドライバー FWゼクシオ 4,5 UT 5  パター ピネッティ

| | コメント (2)

2017年3月12日 (日)

新しいクラブセッテイング

敵を知り、己を知れば百戦危うからず 

ゴルフのスコアーメイクのために不可欠な要素にコースマネージメントが上げられる。

攻略するためのマネージメントを考えるのもゴルフの楽しみ方の一つだ。

コース攻略のためには自分の技量を知ることも大事だ。

その他に、ゴルフを優しくするためにはクラブセッティングは重要だ。

プロでもクラブセッティングには拘りがある。

片山晋呉プロはアイアンは7番までのセッティングにしている。

優しいクラブはスコアーメイクのカギになる。

ほとんどの人がFWは3、5を入れている。 

3Fはセットの中で一番難しいクラブと言われているのに・・・・・・

自分の技量では3Fの飛距離はベストショットで190ヤード。

100回打ってもナイスショットが1回でることもないクラブだ。

それを4Fにすれば多少ナイスショットの確立があがるのではと考え、一つのセットを4Fに変えた。

3Fと4Fの飛距離は10ヤードくらいではと思うが、いずれにしてもグリーンにのせる技量はない。

結果は残りが10ヤード程、長くなるだけなら少しの確立だが4Fの方がいいのではないか?

Cimg1272_800x600

オークションに出品。25000円で落札された。

Cimg1275_600x800
購入した4Fは定価65000円を35000円 プラスグリップをゴルフプライドにサービス交換。

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

3月月例で・・・・・・

雨にたたられることが多かった1,2月もアッと思う間に過ぎ去ってしまい勇躍、3月になりました。

三寒四温ですこしづつ、春が近づいています。

3月5日、

 岡山国際8番ティーグランドの紅梅も赤く染まり春の青い空にくっきりと映えています。

Photo_3

桜の木のつぼみも膨らみかけ4月の満開が楽しみです。

これまでのラウンドで100切りがやっとの状態が続いたが3月期月例はパット、寄せが栄え 4位に入賞でき

た。

優勝は高1の女子。 グロス72、ネット62・・・?

HCがおかしい。これまでもJapanアマに出たことのある選手がHC10とは。

HCの選考がわからない。

小柄で華奢な選手だが、ドラの飛距離が270ヤードとか??

17番赤ティーからは270ヤード。 ティーショットがガードバンカーに・・・・・・

一組前をラウンドしてその勇士を見ることができたが、おごったとことろがなく控えめな子のように思えたが、

うちには秘めた闘志をもっているのだろう。

4月に行われる日韓ジュニア戦の日本代表の4人の中に選ばれている。

この日タッチがよくあった使用パターは、オデッセメタルX。(ネオマレット型)

Photo_2

このパターはグリーンが遅いときに使うことにしている。

特徴は、

①真っ直ぐ打ち出しやすい

「ネオマレット型」はヘッドが重く、ヘッドの重さを使って真っ直ぐストロークできる点が特徴。

②ヘッドの重さで距離を出すことができる

ヘッドが重めに作られているのでヘッドの重さで距離を出しやすいモデルになっていて、“方向性が出しやすい。

ヘッドが大きいため、慣性モーメントも大きくミスに強いといわれている。

使用したウェッジはキャロウェー 。

Cimg1278_1024x768

Cimg1277_1024x768

他のウェッジ同様シャフトはデザインチュウニングにリシャフトしている。

スピン性能がよく転がりを計算するとショートすることが多かった10~20ヤードの距離はピンを狙える。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »