« 春彼岸 | トップページ | 誕生日 »

2015年3月24日 (火)

新生エポンアイアンで後楽に挑む

3月24日 曇り時々晴れ 穏やかな春の日、新生エポンアイアンで後楽に挑む。

コース内には、満開の梅の花が春の訪れ知らせているが、さくらのつぼみはまだ固い。

冷たい風がからだを震わす。

吉備高原に近い山間の地は市内よりは温度差が3度くらいはありそうだ。

Photo_6

Photo_7

Photo_8今日の後楽のコースコンディション。

001

先々週の鷲羽 11.2ft

先週の瀬戸内海 10.0ft

今日の後楽、同じ10ftでも瀬戸内海と比して速さは感じなかったが、カップ周りのきれは

さすがグリーンの仕上がりの良さか。

最近、ショットが悪く、100が切れないラウンドを重ねている。

ティーショットの悪さ以上にスコアーを崩す原因はセカンドにあると分析し、今日は後楽攻

略のポイントとし、無理、実力以上のものを求めないことにしスリーオンの

「ボギー狙い」

に徹しスコアーを望まないことにした。

久しぶりにモデルチェンジしたエポン「AF303」を注文していたが、昨日届いたので期待感

を持ってのラウンドだがプレーを大事にして実力以上のショットを望まないことにした。

ドライバーの飛距離 150ヤードではパーオンの期待ゼロ。

ならば、ボギーオンにすれば大きなミスは防げる。

ロングホールでセカンドが400ヤード残ってもアイアンできざめば4打でと考えればら悪く

とも100ヤードくらいには運べるとの計算をした。

功を奏し、スリーパット、予期せぬOBもあったが何とか久ぶりの80台。

Photo_5

距離のあるパットの距離感、130ヤード以内のショットはラインだしがよくピンに絡んだ。

このスイングを長いクラブでもできるようにしたい。

対策はゆっくり、大きなトップ。  難しい。

新生エポン「AF303」

3032_002

Eponn3_001シャフトは以前の703で使用していたMCIが先端にメタルのコンポジットから、この303に

はアッタス。 特徴はカーボン繊維のなかにスチールが混入された全体がコンピジットに。

スパイン調整したバランスは球にばらつきがない。

カラーはスチールのようなミラー仕上げ。

ゼクシオフォージドト比べ、ヘッドが一回り小さ目。

深キャビティーだが、ポケットキャビティーと違い一見上級者向けだが、打ってみるとつか

まりもよく、スパイン調整したシャフトはブレが少ない。

結果ショートアイアンはかなり精度が良かった。

ゼクシオノ3倍の値段。

ショッピング依存症候群から抜け出せないでいるが、これもゴルフの楽しみ方の一つ。

病気は当分治りそうにないが、

残された時間このことはあまり考えたくない。

今日の体調 

睡眠時間:2時間はなんだかふらふら。

血圧を測ると 

上 95 下 65

高いより良いが100を切るのは問題が・・・・・

脳梗塞発症 3年と2W、再発の確立の高い病気だが対策・対処は運動。

頑張ってゴルフをすることも再発を防ぐことになる。

 

|

« 春彼岸 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春彼岸 | トップページ | 誕生日 »