« 26周忌 | トップページ | the syahuto basi leus α »

2014年11月22日 (土)

6年ぶりの帰宅

H8年11月23日突然妻を襲った病魔との闘病生活が6年を迎えた。

遷延性意識障害(植物状態)が約半年続いた後、その後は重責痙攣発作もなく病状は安定

した状態が続いている。

看護師さんの気遣いで外出が許可され6年ぶりに帰宅した。

あらかじめ外出して帰宅することを妻の友人に連絡していたので7人の人が見舞ってくれた。

後遺症による重度の認知障害のある妻だが、元気そうな状態をみて声をかけてくれる友人に

笑顔でうなずいていた。

多少は覚えていたようだ。

食べることも、話すこともできず、認知状態も良くない。

家族のものでさえ覚えていない状態で優しく声をかけてくれる人に笑顔で応える姿はうれしか

った。

約2時間の外出で帰路車窓から外を見ていた顔は少しの間でも家にいた時の表情と違った。  

さびしそうでもあり、珍しいものでも見ているような・・・・・・

抗てんかん剤投与のため一日の大半は寝ている。

見舞っても起きなかったときはさびしい。

Photo

お見舞いの花と果物

Basireusu_001

いただいたリンゴをすって飲ます(20CC)

おいしいと笑顔。

必要に充分な水分は胃瘻から摂取しているが、経口からのものでないので口内(舌)が荒れ

ている。

|

« 26周忌 | トップページ | the syahuto basi leus α »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 26周忌 | トップページ | the syahuto basi leus α »