« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

朝顔・・・・・・花の命は短くて

季節は梅雨。

梅雨の合間の晴天の日には、夏を感じる。

夏の風物アサガオが毎日長いつるに一輪だけ咲いている。

伸びたツルや葉をあちこち眺めていると、

いつの間にか時間のたつのを忘れてしまう今日この頃。

枯れた葉が見えたので消毒をした。

枯れたと思われた一株を鉢に植え替え支柱3本に輪をつけた灯篭作りにした。

茎は細いが毎日2~3輪の花をつけるようになった。

6_002
いかにも日本の夏のイメージで、落ち着いた風情を醸し出す。

朝咲いて昼に散るともわが務め。

桜の花は咲いてから散るまでの期間が短いので「はかない」ことや「いさぎよい」ことの象

徴のようにみらるがそれでも朝顔にくらべたら「長生き」だ。

朝顔は朝咲いて昼にはもうしおれてしまう。

今日のような曇り空の日には一日さわやかに咲いた姿を見ることができる。

「花の命は短くて・・・」

おそらくもっとも命の短い花、アサガオ。

だが顔は、「すぐしおれてしまうぐらいなら咲いたってつまらない咲くのはやめよう」

などと・・・ ダダをこねたりはしない。

数時間の間とはいえ美しく咲いて人の眼をよろこばせるというその務めを、よろこんで果た

す。

巨視的視野からみれば人の一生だってまことに短い、はかないもので朝顔のそれと本質

的に差のあるものではない。

これを「はかない」と嘆けば、はたらくことなどできない。

朝顔を見習い、人生の長さなんぞどうでもいい。

とにかく生きているあいだは、それぞれの務めを果たさねばならない。

世のため人のため、だれよりも自分自身のために美しく咲き潔く散って死にたい。

これは神からの至上命令であるような気がする。

やるべきことをやりとげたら安らかな大往生。

キレイに散りたい。その美しさを惜しまれながら。

6_003

薔薇が咲いたので切り花にして

6_001_2
午後は、来週予定されている3ラウンドに向け練習。

Aプロと。

相変わらず上手い。

MCIにリシャフトした新生エポン703。

良く切れていたな・・・・

この調子ならクラチャンとれるぞ。

頑張れAプロ。

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火)

半年が終了

月日の経つのは早い。

ゴールデンウイークも夏休みもない毎日が日曜日の生活も2年が過ぎた。

そして、6月も終わろうとしている。

後、6ヶ月、180日ほどで今年も終わる。

大晦日はすぐそこまで来ている。

ゆく年について反省をこめて振り返り、来る年について希望を込めて思いを巡らせるには大

晦日は急がしすぎる。

今年の回顧や来年の展望などゆっくりとしている暇はない。

喧噪の中であわただしく送る「ゆく年、来る年」よりも半分が経過した今、今年前半を振り返る

ことの方が有益ではとの考えに至った。

相変わらず「人生はゴルフ」の生活でゴルフを切り離して考えることはできない。

幸い、努力が報いられプライベートの月例で二度。

25年度のチャンピオン戦での優勝。

クラブ競技では月例優勝、7位。

シニア戦、4位。

に入賞できた。

HDも6年ぶりにAクラス復帰。

勇躍、クラブチャンピオンへの参加資格を得られた。

さらに技量をあげ、年末のマンスリーを取りたい。

『誘われたら断るな』

これが、自分のゴルフを支えてきたが、最近このことが壁、経済的負担になっている。

少しラウンドを減らさないといけない。

6月最終の今週は3回。

7月1週は2回。

「人生がゴルフ、ゴルフが人生」の生活を改め他の趣味を模索したい。

日本に四季があるように、人の心にも四季がある。

人の事情は折々変化する。

人生にリセットボタンなんかない。後悔しないように。

ゴルフも同じだ。身の丈を考えて無理のないラウンド、コース攻略を選び罠に陥らないように

一打捨てる勇気も必要だ。

今週から来週の予定。

たけべ、国際、吉備高原、国際、後楽。

スコアーに拘るラウンドはない。

スイング改善を模索しながらのラウンド、楽しくが優先課題。

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

OBでスタート

6月3日 

6月、最初のラウンドは国際シニア月例。

最近、国際1番ホールはスライスしてOBでスタートが2回続いている。

緊張するわけではないがなぜか。

先のグレートではパーでスタートしている。

他のコースでもスタートホールだけはいい結果を残しているのに、なぜか国際のスタートはよ

くない。

原因は振り遅れにあるようだが、その原因がわからない。

力まない意識が降り遅れの原因か。思い切って振りぬくことを意識したほうがいいのか?

今回もOB。

スタートホールのOBはダメージが大きい。

プレフォーという制度のおかげで全体のスコアーには大きな影響はなく、最良の条件の中で

4打として前から打つことができるのだから、変なところから第2打を打つよりは良い場合もあ

る。

これまでも、ダボですんでいる。

パー一つでボギーペースに戻るのだから焦ることはないのだ。

昨日も135ヤードの特設ティーから8番アイアンでピンを狙った。

下りになったピン位置は根元が見えない。

手前に落ち少し転がった後、急にボールが見えなくなった。

135ヤードをチップインしてOBパー。

160ヤードの2番ショートホールでは1番の教訓からしっかり振りぬくとしっかりとらえパーを

セーブ。

3番は右ラフに行くことが多い。ここは左からのほうが距離は短くなるのだが左OBが怖く攻

めきれない。

160ヤードをピンまで10}ヤードに、50センチに寄せパー。

その後もドラは飛距離は出ないが寄せ、パットが良く4番までパーセーブ。

簡単な150ヤードのショートがあたりが薄くバンカー出すだけから寄せが悪くダボ。

結果は39。

後半も寄せパットが安定して40。

17番は1.5mのバーディーを外しパー。

安定した結果でトータル 79。

パターはオデッセ。

脇をしめ短いパットはテークバックを小さくインパクトを強く。

苦手なショートパットがよく自信につながった。

ドライバー、エポンに鉛5貼りバランスD3.5にした。

引っ掛けはなかった。重くした分飛距離はややアップしたかな。

| | コメント (0)

こぼれ花

6月4日、 35度を超す猛暑日が続いていたが今日は朝から小雨模様。

昨日は夏日のラウンド疲れから久しぶりに寝付きがよく充分な睡眠がとれたのだが起床したのはいつものよう

に9時前になった。

降り続く小雨の庭の木花は雨で元気を取り戻したようにその葉の青さは一層、あざやか。

終わり始めたさつきの花は雨にぬれ痛々しくもあるが短い命を生き急ぐように咲きほころんでいる。

さつきの傍らに一輪のパンジーが花弁にしずくをとどめて咲いていた。

002

野に咲く花のように……

決して派手じゃなくていい。

誰にも見つけてもらわなくてもい い。

そっと、静かに咲いていたい。

4月初めに鉢植えにしていたパンジーだが水やりが過ぎたのか根腐れしてしまい庭に放置し

ていたものが生命を取り戻したようだ。

茎もしっかりしており新たな花を咲かせるかも知れない。

001

003_640x480_2

朝顔の花はまだ一輪ずつ・・・・・。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »