« 車両物損自損事故 | トップページ | ゴルフ人生最終兵器 »

2014年4月21日 (月)

4月月例競技で優勝 

4月19日 月例競技

春光山野に満つ、麗らかな太陽に照らされた国際GC

苦節10年 勇躍月例競技に優勝できた。

プライベートコンペと違い、オフィシャルハンディーで争うメンバーなら誰もがいつかはと望む

栄えある月例の優勝。 そして夢のクラブ三大競技。

三大競技は無理だが夢だけは持っていたい。

使用ドライバーは余ったシャフトができたので安い物をと思い購入した、遊びのクラブ。

初のコース使用になるコブラ。

昨日の練習では3本のリシャフトしたドライバーの中で飛距離は落ちるが安定度が高かった

ことから不安はあったが使うことにした。

インコーススタート。

ややフェードがかかったがセンターを捉えセカンド残り130ヤード。

高い松の木を越えなければならないショット。

何とかグリーンを捉え、のぼりの7m。

きついのぼりが読めず、砂とエアーレーションで重く・・・・・・・・

2mショート、入らずボギー。

11番からは、寄せとパットがよく連続で15番までパーを拾う。

パットイズマネーというがやはり寄せが一番大切なのでは。

好スコアーの要因は大きなミスがなくセカンドで無理をしなかった点。

乗らなくていいから、近くまで運び寄せてパーを拾えればと、できるだけ力まず、スイングを心

掛け勝負は3打目。

後半はエアーレーションと砂の入ったグリーンに経験値が禍い打てない。

思った以上に遅いグリーンにショートすることが多く一転がりでパーを逃す。

ボギーを重ね、パーを拾い43(ダボ1)

新生エポンのシャフトはバシレウス。

ワッグルするとフニャフニャのように感じるが、でも芯があってたたけるという感触も含まれて

いるように思う。

特徴は『超しなり戻り』。 振動数 227(超柔らか)

総重量は286g、バランス D0 長さ 46,5インチだった。

注文しているウェッジが 完成したら愈々デビューだ。

待ち遠し・・・・・・・・

このバシレウスは材質がカーボンと違ってフルボロンで出来ている。

違いは、球の伸び。

練習場での感じでは初速が速くて、途中失速せずに球がス~っと1伸びする印象。

飛んでいく姿が美しいというか、優雅にさえ感じるほど独特の伸びる弾道。

それにはタイミングが要件。

目指すスイングを完成させなければならない。(腰の回転、腰の先行)

|

« 車両物損自損事故 | トップページ | ゴルフ人生最終兵器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車両物損自損事故 | トップページ | ゴルフ人生最終兵器 »