« 涙の河を振り返れ | トップページ | 車両物損自損事故 »

2014年4月18日 (金)

シャフト履歴

敷居の高いドライバーもフィティングが悪いと、技量以上に結果がでない。

敷居の高かったエポン153を先行予約して手に入れたのは発売日の昨年10月19日。

性能的には敷居が低くいが、しかし価格的にはやはり敷居の高さを感じる。

エポンのクラブの良 さはたとえニューモデルが発売されても価格が下がらない点。

オークションに出品されても人気も高く、値崩れしない。人気ブランドである。

ヘッド重量 193g(ゼクシオなみの軽量)

リアルロフト10.5度。

フェースアングル ±0度

シャフト重量 56g(スピーダー569)

グリップ NO1(一) 50g

総重量 295g

バランス D2

購入時は所有していたシャフトのバシレウス レジローカが46gとヘッド193gのセティング

はバランスがCバランスで軽すぎと感じカタナに使用していたスピーダー 569(5 g)に差

し替えた。

このシャフト交換効果でひっかけがすくなくなり良かったのだが、友人の使用するFSPの

良さからリシャフトすることにし、約1か月半で勇躍入手することができた。

メーカーの標準(推奨)に、行きつけの工房でこちらの希望通りに組んでもらったが、F2は

柔らかすぎタイミングが良ければこれまでのクラブ以上の飛距離が出たが、右左のミスが

続く。

10発に一度の精度では使えない。

メーカの推奨。

193gはヘッドが軽いので長尺46インチ以上、バランスC9〜D0

FSPは48gと軽量なので46.5インチでバランスが鉛調整なくD0になった。

鉛を入れてバランスを出すことで重心高が上がりトップミスがでるので薦められないとの意

見を最近知り合ったクラフトマンから聞いていたので、このセッティングは良かったと考えて

いたが、シャフト選択を間違った。

致し方なく、バシレウスに戻した。

エポン 153   バシレウス

総重量 294g 46.5インチ D0

006

003

データーは良いのだが・・・・・・・・

バシレウスは少し固め、やはりしなり戻りが遅れることがある。

FSPはカタナに。

柔らかいので先端カット、シャフトには補強に超うすの鉛を20cm位貼った。

カタナ FSP

総重量 296g  46インチ D0 

007_2004_2

シャフト選択は難しい。

シャフトが余ったのでコブラを購入。

シャフトが固いので飛距離はおちるがショットの安定度では一番。

コブラ スピーダー569 

総重量 298g 45.25インチ D0

008_2005_2

 
002

001

しばらくはこのフィティングで使用。練習で精度を上げるしかないが・・・・・

知足充足

伴わない技量に・・・・・・・

最近少し高値だが安定していたのだが、明日はスコアーを崩しそうな気配。

153 はここ

|

« 涙の河を振り返れ | トップページ | 車両物損自損事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙の河を振り返れ | トップページ | 車両物損自損事故 »