« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月25日 (金)

ゴルフ人生最終兵器

わたしのゴルフ人生もあと10年。

そこで、最終兵器はエポンと決めた。

これからはカウントダウンの始まり。

ウェッジは、今年2月発表になった213STX。

エポン213STXウェッジ、とうとう手に入れた。

「いつかはエポン」世界一のエポンの道具。

完成度はかなり高い。敷居もその分高い。

ウェッジ2本でゼクシオアイアンの6本セットが買える。

011_3とうとうエポンにたどり着いた。

バックフェースはベースがミラー クロム。

少し濃く見える部分はサテンクローム、

と2種類の複合メッキ。

シャフトは、NS950-Rをベースにデザインチュー

ニングされたパープルのグラデーション。

品格がある。

高級感があって使うのがもったいないので、飾っておこうかと考えている。

008_2ロフト52度、 バンス10度、バランス D3

バンスは強めだがはじかれるほどではない。

適度なグースは球をよく拾ってくれる。

スピン性能は208よりだいぶ落ちるがスピンが効き

すぎ距離感のつかみにくい208よりは寄せやすい

適度に転がる、まさに入れに行くウェッジ。

アイアンはAF703(2月発売)

015前 モデル702よりロフト角が2度立っている。

その分飛距離がアップ。

ロフトは立ててあるが球の上がりは充分。

スコアラインは多め、SM-4や588・・・様。

011_2

009_3

工房のアドバイスでバランスD0。

総重量 372g

シニア、女性向。

シャフトMCI 569

013

先端部にメタルが入れられていて強度を強めた

メタルコンポジット。

人気のシャフト

ドライバー AF153(昨年9月発売)

先行予約でいち早く入手した。

006

003

購入時からのシャフトの変遷。

バシレウス⇒スピーダー⇒FSP⇒バシレウス

エポン 153   バシレウス

総重量 294g 46.5インチ D0

デビューは少し先に回しAプロと対決。

その時はチームエポンの誕生だ。

新生エポンで今年度、マンスリー、シニア選手権に臨む。

カウントダウンの始まったゴルフ有終の美を飾りたい。

| | コメント (2)

2014年4月21日 (月)

4月月例競技で優勝 

4月19日 月例競技

春光山野に満つ、麗らかな太陽に照らされた国際GC

苦節10年 勇躍月例競技に優勝できた。

プライベートコンペと違い、オフィシャルハンディーで争うメンバーなら誰もがいつかはと望む

栄えある月例の優勝。 そして夢のクラブ三大競技。

三大競技は無理だが夢だけは持っていたい。

使用ドライバーは余ったシャフトができたので安い物をと思い購入した、遊びのクラブ。

初のコース使用になるコブラ。

昨日の練習では3本のリシャフトしたドライバーの中で飛距離は落ちるが安定度が高かった

ことから不安はあったが使うことにした。

インコーススタート。

ややフェードがかかったがセンターを捉えセカンド残り130ヤード。

高い松の木を越えなければならないショット。

何とかグリーンを捉え、のぼりの7m。

きついのぼりが読めず、砂とエアーレーションで重く・・・・・・・・

2mショート、入らずボギー。

11番からは、寄せとパットがよく連続で15番までパーを拾う。

パットイズマネーというがやはり寄せが一番大切なのでは。

好スコアーの要因は大きなミスがなくセカンドで無理をしなかった点。

乗らなくていいから、近くまで運び寄せてパーを拾えればと、できるだけ力まず、スイングを心

掛け勝負は3打目。

後半はエアーレーションと砂の入ったグリーンに経験値が禍い打てない。

思った以上に遅いグリーンにショートすることが多く一転がりでパーを逃す。

ボギーを重ね、パーを拾い43(ダボ1)

新生エポンのシャフトはバシレウス。

ワッグルするとフニャフニャのように感じるが、でも芯があってたたけるという感触も含まれて

いるように思う。

特徴は『超しなり戻り』。 振動数 227(超柔らか)

総重量は286g、バランス D0 長さ 46,5インチだった。

注文しているウェッジが 完成したら愈々デビューだ。

待ち遠し・・・・・・・・

このバシレウスは材質がカーボンと違ってフルボロンで出来ている。

違いは、球の伸び。

練習場での感じでは初速が速くて、途中失速せずに球がス~っと1伸びする印象。

飛んでいく姿が美しいというか、優雅にさえ感じるほど独特の伸びる弾道。

それにはタイミングが要件。

目指すスイングを完成させなければならない。(腰の回転、腰の先行)

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

車両物損自損事故

Photo_2

4月18日 1220頃、なじみのゴルフショップ駐車場

注意不足で周囲を直接見なかったことで、左後方にあった

閉鎖用の鎖架けポールに気づかず不用意にバック。

左前バンパーを損傷した。

注意不足でモニター、バックミラーに頼り映らない障害物に気がつかなかった。

加齢のせいにしたくないが、運転歴40数年で初めて。

障害物に対する確認を直接しなかったことが原因。

修理見積り。

バンパーの一部分の損傷だがバンパー全部を交換。

10万円。

車両保険で修理することにした。

購入後6か月。

引き続き乗るのは・・・・・・・

仕方がない。  

修理してこれからはモニターを頼らず、直接視認するように注意しなければ。

気持ちが暗くなる・・・・・・・

事故報告等・・・・・

おかげで明日に備えたジムに行くことができなかった。

明日の使用ドラは、安定性を考量してシャフトが短いコブラ、

アイアンはスリクソン、

ウェッジはクリークランド。(50.56,60)

エースの新生エポン 703アイアン、153ドラはAプロとの対決までよく調整してから。

それまでには、213ウェッジも出来上がるだろう。

| | コメント (1)

シャフト履歴

敷居の高いドライバーもフィティングが悪いと、技量以上に結果がでない。

敷居の高かったエポン153を先行予約して手に入れたのは発売日の昨年10月19日。

性能的には敷居が低くいが、しかし価格的にはやはり敷居の高さを感じる。

エポンのクラブの良 さはたとえニューモデルが発売されても価格が下がらない点。

オークションに出品されても人気も高く、値崩れしない。人気ブランドである。

ヘッド重量 193g(ゼクシオなみの軽量)

リアルロフト10.5度。

フェースアングル ±0度

シャフト重量 56g(スピーダー569)

グリップ NO1(一) 50g

総重量 295g

バランス D2

購入時は所有していたシャフトのバシレウス レジローカが46gとヘッド193gのセティング

はバランスがCバランスで軽すぎと感じカタナに使用していたスピーダー 569(5 g)に差

し替えた。

このシャフト交換効果でひっかけがすくなくなり良かったのだが、友人の使用するFSPの

良さからリシャフトすることにし、約1か月半で勇躍入手することができた。

メーカーの標準(推奨)に、行きつけの工房でこちらの希望通りに組んでもらったが、F2は

柔らかすぎタイミングが良ければこれまでのクラブ以上の飛距離が出たが、右左のミスが

続く。

10発に一度の精度では使えない。

メーカの推奨。

193gはヘッドが軽いので長尺46インチ以上、バランスC9〜D0

FSPは48gと軽量なので46.5インチでバランスが鉛調整なくD0になった。

鉛を入れてバランスを出すことで重心高が上がりトップミスがでるので薦められないとの意

見を最近知り合ったクラフトマンから聞いていたので、このセッティングは良かったと考えて

いたが、シャフト選択を間違った。

致し方なく、バシレウスに戻した。

エポン 153   バシレウス

総重量 294g 46.5インチ D0

006

003

データーは良いのだが・・・・・・・・

バシレウスは少し固め、やはりしなり戻りが遅れることがある。

FSPはカタナに。

柔らかいので先端カット、シャフトには補強に超うすの鉛を20cm位貼った。

カタナ FSP

総重量 296g  46インチ D0 

007_2004_2

シャフト選択は難しい。

シャフトが余ったのでコブラを購入。

シャフトが固いので飛距離はおちるがショットの安定度では一番。

コブラ スピーダー569 

総重量 298g 45.25インチ D0

008_2005_2

 
002

001

しばらくはこのフィティングで使用。練習で精度を上げるしかないが・・・・・

知足充足

伴わない技量に・・・・・・・

最近少し高値だが安定していたのだが、明日はスコアーを崩しそうな気配。

153 はここ

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

涙の河を振り返れ

知人に薦められ著者・五木寛之初期の作品である、「涙の河をふり返れ」を読んだ。

昨夏、甲子園では高校野球で暑く燃えている頃、自ら命を絶った怨歌歌手・藤圭子をモデル

にしたと言われたが、著者は否定している。

作品自体は、演歌歌手を大学を追われたプロデューサーが、才能のある歌手を世に出すた

めに、主人公(五木氏?)のアドバイスで、マスコミからの一方的な押し付けではなく、民衆の

側から、マスコミにアプローチしていくため、新興宗教を利用することから始まる。

これは成功する。

しかし、人気に陰りが見え。

売れる事での民衆の反発だと主人公は、またアドバイスをする。

それは、人気には「ある種の不幸」と言う影を、民衆から求められるところに、歌手自身の人

気は成り立っているというものであった。

それから、歌手を不幸が襲う、人気は戻るが、これはプロデューサーの仕組んだものであっ

た。

歌手はそれを知らなかったために衝撃を受ける。

「あくまで人を信じない」

「不幸」を歌手に刻印したと言って、プロデューサーは去る。

涙の河をふり返るために、藤圭子らしい人物を芸能界がつくりあげる様子が描かれている。

プロダクションもレコード会社も、彼女に暗さを求める。

大衆が求める暗さ、偶像を本意ではなく、生き続けるということを強要される。

大衆のために悲劇のヒロインであり続ける。

それがさらに、大衆の心をひきつける…そんな姿を描いていた。


時代を動かしてきた藤圭子は衝撃のデビューからわずか10年で引退した。

引退後は5年で5億の遊興費。芸能界1の浪費家であったらしい。

心に病気を持ち、人間不信。人を信じずることができない・・・・・


彼女の仕事は、すでに終わり「涙の河をふりかえれ」は藤圭子の死を予見したものであった。

15,16,17と私の人生暗かった

どう咲きゃいいのさこの私


未発表曲

瞽女(ごぜ)の子として生まれ宿命を背負って逆行に生きた。

ファンは圭子の苦労を自身に置き換え支えとした。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

25年度、チャンピオン戦 

4月11日 桜の花に彩られたたけべの森で行われた南ゴルフクラブの25年度チャンピオ

ン戦に参加した。

001

003

参加者は昨年度優勝者の10名。

40年間もの間、途絶えることなく行われている伝統のあるクラブで親睦とマナー向上を目

的としている。

月例のほか3か月に一度、近隣の市町のクラブとの対抗戦にも参加している。

前回は3月雨中の久米CCで行でわれ我がチームは前回に続き優勝。

不詳の拙者は150名中10位でチーム優勝に貢献。

強い雨で皆スコアーを崩すなかネット78で月例でも優勝。 

2月の月例と連続優勝の栄を得た。

そして、今月は予想だにもしなかった25年度のチャンピオン戦に優勝。

チャンピオン戦賞金 2万円

馬券を的中させ 1万円

1月には昨年積み残し分2か月を的中させた。

自分を信頼し自分を頭に2枚購入。

購入リシャフトFSPの代金が出た。

そのFSPは、月産100本で注文が追い付かず1か月半待って勇躍先週入手できた。

エポン153とFSP VXのセットに対する期待は大きい。

この日のたけべは、グリーンコンディション 8.5と遅くカップのふちに止まることが多く悔

しい思いもあったが、バディー 2個出たりでスコアー的には出来過ぎの

42,43 ネット 76で月例 9位 

飛距離は出ず、アプが寄らず、パットが入らず

あまり良いゴルフではなかったが大きなミス、ビッグイニングが出なかったことでボギーオ

ン。

ボギーで良しとする我慢のゴルフが好結果につながった。

時おり出るシャンクもなく、

乗らなくても良い。

飛ばなくても良い。

けどパットだけは入れたい・・・・・・・

19日の月例に備え、今日は昨日の出来上がったドライバーの打ち込みで少し炒めた腰の

コリをほぐしジムへ

| | コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

化膿 2

昨日は、指がパンパンに腫れまげることもできず。 

指は当然ながら、全身に微熱。

血圧もストレスが原因か150〜90 いつもは50くらいしかない心拍数も70にあがり寝付け

ない。

抗生物質のせいか?・・・・効用か 指先には膿みの範囲が大きくなり爪の下まで広がってい

る。     化膿を抑えるといって処方された薬が、化膿を進行さす薬では?????

妻の入院先の看護師に見てもらうと。

痛そう・・・・・

指先を切開時麻酔はするが注射が痛いと脅されていた。

臆病者・・・・・

切開覚悟でラウンド後病院にいくと、

膿が集まってきた、・・・・・

消毒ガーゼを押し付けると膿がでた。

穴はないのにどうして押せば膿がでたのか?

疑問に感じた。

皮膚が固くなっていて触るだけでも痛かったのだが痛みは感じなかった。

「消毒ガーゼは外してはいけません。 濡らしてもいけません。

明日また来てください。」

と注意を受け診療終了。

切開はしなくて良いようだ。

それにしても外傷もないのに消毒の効果があるのか?

濡らしても良いのでは?

知識のなさを痛感。

どうやら、自分でした針を刺すなどの処置が悪かったようだ。

一安心。


| | コメント (0)

桜満開の国際

4月7日 桜の花に彩られた岡山国際。 今年ほどコース内に輝く桜を感じたことはない。

輝く桜に癒されながらラウンド。

002_2

9番ティーグランド

このホール1mのバディーパット。

カップ1個切れるスライスラインを50cm位外し返しも入らず、スリーパット。

短いパットを外す癖が治らない。

005_2

11番ティーグランド 花びらひらひら ピンクの絨毯   006_2

13番 ティーグランド 桜と山つつじ

007_2

光を受けて、白く輝く  

002_3

指の包帯が痛々しいが、今日は前日までの指先に心臓が脈打つような痛みはなくスイン

グに影響はない。

小指が握れない状態のグリップだが、右手は添えるだけ。

中指、薬指を上からひっかけるだけだが、インパクトでもゆるむことなくしっかりとスイング

でき、飛距離にも全く 影響はなかった。

力の入らない右手、脳梗塞の後遺症で左手のグリップ25Kgまで回復したが弱いグリッ

プ力。

今日のショットからグリップのあり方について新たな開眼。

ゆるいグリップでインパクト以降にヘッドを走らせる腰のキレ。

200ヤードをのせたり、良い感触のショットもあったがスコアーはいつもの通り。

スコアーメイクは寄せとパット。

決めなければいけないショートパットを入れたい。

スリーパットを避けるには上に載せないこと。

手前からが鉄則。 ショート覚悟で・・・・・・・

ハーフコンペ グロス 46  HC 8 こんなスコアーでも・・・・・ 

ネット74

何も無

 

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

綺麗なバラにも汚いバラにも棘がある

鉢植えのバラの枯枝を切り取っていたところとげが刺さった。

浅くささっていたのですぐに抜くことができ、1mmもないような小さな棘で抜いても血もでる

ことはなかった。

2〜3日過ぎた頃、指先に痛みを感じる。

原因にすぐは気づかなかったが、バラの棘が原因だということに気付いた。

米粒くらいに赤くなっている。

よく見ると化膿しているようなので針をさし膿を出した。

少し白い膿が出た後、血が出たので膿は残っていないものと思っていたが、翌日には第1関節のあたりまで赤く腫れが出た。

翌日には、痛くて眠れない。

朝には指をまげることもできない。

002

それでもこの程度で病院に行くのもどうかと考えたが、近くの病院で診察を受けたところ、

「化膿止めを出しておきます。場合によっては切開しなければいけないかも知れません」

といことで、服薬しておればそのうち治ると軽くみていたが、腫れは引かずむしろ化膿部分

が広がり一日中疼く。

これは切開しかないな。

痛いかな、麻酔するから・・・・・

これまでけがをしても化膿した経験はないが、免疫力が低くなったのかな。

ワーファリンのせいかな・・・・・

膿は出るのは理由があるからで、表面治療や応急処置でごまかしても、原因が無くならな

い限り、より一層悪くなる。

出るものはしっかり出して、原因と向き合わなくてはいけない。

問題や事件が起こる背景には、原因があって膿が出てくる。

それを機会にして、膿をサンザン出して、原因を正していく姿勢を持っておかないと、ふた

をしたところで膿はより一層出るばかり。

膿は体からのメッセージだったと、トゲに教えられた。

意味のない痛みも、理由のない痛みもないもないと思う。

何事についても痛みを無駄にしないために、自分にできることを探していきたいと思う今日

この頃、・・・・・・・・

クラブを握ることができない。

幸い??????

痛むのは右小指。 自分のゴルフ理論では右手は添えるだけ。

強く握るとヘッドが走らない。

小指を伸ばしてグリップすればさほど痛みは感じない。

コンセプトが誘われたら断らないが身上だから、キャンセルはない。

004原因をつくった薔薇。

今日の雨に濡れ生き生きとした葉がこれから先どんな花を咲かせるかな。

汚いバラも、きれいなバラも棘は同じに持つ。

それは自分を外敵から守るためなのか。

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

山陽GCで実力をしる。

4月2日 山陽GC

気温20度まであがり、風もなく絶好のコンディション。

グリーンの速さ8ftながら傾斜、芝芽が強くパットに泣かされた。

パット以前の問題でスコアーにならず、ダボで抑えるのがやっと。

フロントティー使用で距離はないのだが、思うように打てず飛距離が残ることが多く・・・・

アイアンもソケットがでたり

アプローチがショート

パットがノー感

天候に比しゴルフに全く良いところなし。

ほんとにやめたくなるほどのみじめなショットが続く

003

002

パートナーは西・・・・の店長 前に遅れ、後ろを待たせのラウンドは私のペースにならない。

ショットの悪いのが他人のせいと考えてはいないが、これが自分の実力、悪いのも、良いのも

日替わり。

好調を維持するにはメンタル面をもっと強くして好不調をなくすようにしなければ。

悪い時は悪いように、スコアーメイクしてゆくものをまさぐりながら・・・・・・・・

あああああ・・・・・・・

次回は6,7とまた連続。また今日のようなショットになるのかな・・・・・・

タイギになった。  

頑張る意欲もない。

FSPシャフト、ニュウエポンアイアン・・・・・・・・・

早くこないかな。 今度のクラブは必ず期待に応えてくれるはずだ・・・・・・

| | コメント (2)

2014年4月 1日 (火)

輝く桜を背景に

4月1日 晴れ

青空の下、国際GCシニアカップに参加。

鬼の城を背景にしたコースにはいたるところに山桜が見られる。

ラウンド中、心はさくらに、ショットスコアーに対する雑念はなく満開に咲いた桜に心を癒しな

がらラウンド。

昨日のジムでひらめいた開眼はグリップを緩めないこと。

その意識が良かったのか、ゆるむことが欠点であったのか、大きなミスショットなく、今の自分

の実力から充分満足のいくラウンド結果とスコアー。

ショートホールで2個のパー。

2番ショートでは2mのバーディーパットをスリーパットしボギー

(30センチのパーパットを油断した)

15番のショートでは、1mによせながら入らずボギー。

逆に長いパットが入っているのでスコアーでは仕方がないかと。

諦めながらタラレバが・・・・・・

ショートパットには意識の集中が必要だ。

1 1 1 - 1 1 1 - - -1  41

1 - 1 - - 1 1 1 1   42

ネットトスリーアンダーはクラブHDを採用してから大半の人にとってHDはきつくなっている。

スリーアンダーは優勝圏内と思って楽しみにスコアーカードを提出したが、まだHDに余裕を

持っている人がおりネット69の人がいるのを確認し最後まで確認せず帰宅。

結果は解らないが5位以内に入っているのではと期待している。

23日の春分の日コンペは運よく飛び賞・・・・・・・

順位は75位。    悲しいけど賞品をいただき、一応喜ぶことにした。

28日の後楽コンペでは10位。   商品券 5千円。

ショップ売店だけの使用だから欲しいものはない。

山桜に彩られた背景の山とコース内

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »