« 春の彼岸を前に | トップページ | コースでの唯一の味方 »

2014年3月18日 (火)

脳梗塞発症2年を経過

2012年3月9日、突然に襲われた病魔「脳梗塞」から2年が無事経過し今日で治験を終了した。

発症当初3か月くらいの間は月一回の脳のMRI、週一回の血液検査、尿検査、医師の問診など注意深く診察していただいたおかげで再発、血管の悪化もなく再発を防ぐことができた。

先週は治験最後の検査で、頭部MRI,頸部MRA、心エコー、血液検査、尿検査を受けた結果は、血液の状態は良いが・・・・・・・

頸部動脈が少し細くなっている。
糖の値が高め、
腎臓の働きが少しだけさがっている。


いずれも心配するほどではない。

治験のおかげでこの2年間に、頸椎、腰椎、胃、大腸、の内視鏡・MRIを年一回。

その他風邪。

MRIは一回9500円。

頭部MRIは数回か解らないくらいの検査を無料で受けたほか、受検の度に7000円が交通費(拘束)との名目で支払われてきた。

今日の診察代は、薬代3W分他で4950円。

毎月7~8千円の医療費が必要になる。

これからはかかりつけの町医者での投薬と折をみての血液検査。

今日は予防薬として

脳梗塞の薬2種類と血圧の薬が1種類を処方してもらった。

脳梗塞の薬はバイアスピリン100mgとプレタール100mg

血圧の薬はアテレック10mgで比較的軽い薬。

これらの薬は血液をサラサラにして流れを良くする薬。

薬で自分の体をコントロールするのだが薬を飲んでいれば大丈夫というわけではないのだ。

薬はあくまで梗塞が起きにくくするだけのもので原因を排除するものではない。

再発防止対策を調べているうちに、脳梗塞の再発率が高いことを知った。

統計データによると、1年以内に再発する人は10%。5年後、10年後の累積再発率は

30%、50%に達している。

再発率の高さを考えると憂鬱になる。

再発すれば現状より重篤な症状になるのは明白。

気分はいささか滅入り気味だが、ここで立ち止まるわけにはいかないので、血圧管理、食事

管理(減塩・血液サラサラ・減量)など生活改善・自主トレ計画を組み立て、再発防止に取りく

んでいきたいと考えているが……。

1人でいると(ガラにもなく)、いまにも再発しそうな不安感に襲われてしまう。

|

« 春の彼岸を前に | トップページ | コースでの唯一の味方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の彼岸を前に | トップページ | コースでの唯一の味方 »