« 至福のひととき | トップページ | 春をまじかに控えた山陽GC »

2014年3月 8日 (土)

春の気配が少しづつ・・・まどろう岡山国際

空の青と白い雲の感覚に春を感じて、さくらの花の蕾が膨らみを見せてきた岡山国際でラウンド。

晴れ時々曇りも時おり冬の北風が冷たい。

38
今はまだ小さなつぼみだが、満開の桜がひらひらと舞う頃、この11番ティーグランド一面がピンクの絨毯をひいたようににそまる。

4日にはまだ7部咲だった8番ティーグランドの梅は今日は真っ赤に咲き誇っていた。

38_3

心は真っ赤な紅をさしたこの花のような匂いを漂わす人でありたいななどと、途方もないことに遠慮もなくあこがれ梅の花の美しさに見とれていた。

8番150ヤードのショートホール。
前回は、カラー3mをいれバーディーだった。

7番に続く連続パーであがれば4アンダーで上がれる。
倶楽部HDを使用するようになって皆HDが厳しくなっている。
4アンダーなら1月例でゆけばおそらく優勝できると計算した。

ここにきて前がつかえ3組が待っていた。

谷を超すには問題はない・・・・・・・・

ところがこの谷にはこれまで成仏できないでいる多くの呪縛霊が潜んでいた。

長く待たされたことが理由にはならないがここで打ち急ぎの悪い癖がでて、大きくダフリ、谷に吸い込まれるように待ち受ける呪縛霊に引き寄せられて吸い込まれるように谷へ。Photo_3

8番グリーンの梅は青い空に輝いている。

私には青い空に薄いピンクの桃の香もさびしいものになった。

後半(アウト)4番に続く2個目のトリプル。
4番では左肩が突っ込み大きな天ぷら。
140ヤードからのプレフォーもピン筋のナイスショットだったがこのホールは砲台で受けたグリーンの土手にあたり5mのショート。
ここはワンクラブ大き目に・・・・・・
アプローチがトップしてトリプル。

ゴルフは長い友達、ボールは短い友達。
ボールをカラーにしたのが悪かったか。
新しいボールに変えるととたんにOBがでるのはなぜだろう。

アドレスにもう少し注意が必要だな。


世の中もゴルフも計算通りにはいかないものだと悟る。

最近5Iの飛距離が伸びた。
この3ラウンドくらいは160ヤードくらい。

脳梗塞発症以来150ヤードがやっとだったから!

前回、今回ともにFWに良い結果が出てミスが少ない。

ドライバーの飛距離が出ないのでアプローチとともに絶対ミスを重ねてはいけないクラブだ。

5W の飛距離180ヤード強
4U 170ヤード強。

2本のクラブでグリーンを狙ったが少し大き目でグリーン奥に外す結果がでた。

インパクト以降のヘッドスピードを上げることと左手首をターンさせるのではなく甲側に折るイメージは右手が飛球方向に伸びヘッドに引っ張られるような感じを得ることがある。

しっかり顔を残しインパクトからヘッドを走らすイメージを持とう。

今日の結果

インスタート

× - × - × × × - ×  42(16)

× - +3 × - × - +3 × 46(17)

少し安定してきたので一応、理事長杯(4/6)にエントリー。

バックからになるので今の飛距離では無理。

早く来い、FSX/MX-V。

来週の予定

11日 山陽
12日 久米
13日 グレート

どれも断れない。

誘われたら断らないがコンセプト。

ちょっとタイギ・・・・・・・・

3月8日  脳梗塞発症 2年の日に

先週最後の精密検査を受けた。

結果は10日に。

再発率。

特に発症後 1ヶ月以内に再発することが多い。
1年以内 約10%
5年以内約30%

これは言い換えれば、
梗塞が発症した後、5年以内に再発する人が3人に 1人。

厳しい数値だ・・・・・

 

|

« 至福のひととき | トップページ | 春をまじかに控えた山陽GC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至福のひととき | トップページ | 春をまじかに控えた山陽GC »