« 社会貢献 | トップページ | 輝く桜を背景に »

2014年3月30日 (日)

春が来た

3月30日 朝の内は少し雨が残っていたが午後からは上がった。

黒い雲に覆われ気温も17度と少し肌寒さを感じる一日。

ジムに行く気がおきずテレビで高校野球を見る。

昨日は後楽園ではさくら祭りのオープニング行事が行われたようだが、今日はせっかくの

日曜日も雨で見に来る人は少ない。

004_2
後楽園の桜。(病院の帰り夕方撮影)

青空も少し見える。

これまで物心のが着いたころから数え、何度も桜の花を見て来た。



春ほど待たれるものはない。

明るい光に、優しい空気。



刺すような冬の風と別れれば、いよいよ桜の季節。



桜のように春に花を咲かせる植物の花芽は前年の夏に作られる。



植物は秋から初冬にかけてはあまり成長することはなく、眠った状態ですごし、 この眠った状態ですごした花芽は、冬の低温に一定期間さらされると眠りから覚めて成長を始め、我が家の小さな花壇に植えていたチュウリップがクリスマスローズの間から葉を出しているのが見えた。

昨年の球根を掘り起こさず放置していたものだが春になればこの時期になるとめざめるようだ。

   自然の植物の強さに驚く。

001
クリスマスローズは下向きに・・・・・・少し遠慮気味に。

チュウリップの葉は小さいので花が咲くかな???

その他、庭に春の訪れを知らせる木々の新しい芽が。

002

005

010

008

005_2

011

001_5

昨年秋、チャボが枯れた後に植えた金木犀。

1年で大きく育った。 来年には少し形が作れるかな。

001_4

妻の入院先の病院の桜。木がまだ小さく開花も少し遅い。

おかきをおいしそうに食べた。

感情のない表情を見ていると悲しい。

|

« 社会貢献 | トップページ | 輝く桜を背景に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会貢献 | トップページ | 輝く桜を背景に »