« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

春が来た

3月30日 朝の内は少し雨が残っていたが午後からは上がった。

黒い雲に覆われ気温も17度と少し肌寒さを感じる一日。

ジムに行く気がおきずテレビで高校野球を見る。

昨日は後楽園ではさくら祭りのオープニング行事が行われたようだが、今日はせっかくの

日曜日も雨で見に来る人は少ない。

004_2
後楽園の桜。(病院の帰り夕方撮影)

青空も少し見える。

これまで物心のが着いたころから数え、何度も桜の花を見て来た。



春ほど待たれるものはない。

明るい光に、優しい空気。



刺すような冬の風と別れれば、いよいよ桜の季節。



桜のように春に花を咲かせる植物の花芽は前年の夏に作られる。



植物は秋から初冬にかけてはあまり成長することはなく、眠った状態ですごし、 この眠った状態ですごした花芽は、冬の低温に一定期間さらされると眠りから覚めて成長を始め、我が家の小さな花壇に植えていたチュウリップがクリスマスローズの間から葉を出しているのが見えた。

昨年の球根を掘り起こさず放置していたものだが春になればこの時期になるとめざめるようだ。

   自然の植物の強さに驚く。

001
クリスマスローズは下向きに・・・・・・少し遠慮気味に。

チュウリップの葉は小さいので花が咲くかな???

その他、庭に春の訪れを知らせる木々の新しい芽が。

002

005

010

008

005_2

011

001_5

昨年秋、チャボが枯れた後に植えた金木犀。

1年で大きく育った。 来年には少し形が作れるかな。

001_4

妻の入院先の病院の桜。木がまだ小さく開花も少し遅い。

おかきをおいしそうに食べた。

感情のない表情を見ていると悲しい。

| | コメント (0)

社会貢献

第二の人生(正確には3度目)を経て毎日、日曜日の生活も2年を経過した。

しばらくの間は、のんびりと体を休め第二の人生が実りあるものになるように、

命をもやすなにかをまさぐりながら・・・・

いささかでも社会へ謝恩らしきこともしたいと考えたり。

金銭的な豊かさを求めていた生活から、心の豊かさを求める生活へチェンジしたい

と思うが生まれながらの怠け者の性格はなかなか抜け切れない毎日を送っている。



その間、年だけは正確にとり待ってはくれない。

年をとって困ることは、身体が固くなるばかりでなくて、頭、心までもが固くなること。

心を固くすると感動、感激をすることがなくなってしまう。

一生青春を保つためには、心のやわらかさを保つことが大切とは考えるのだが具体的に

何に打ち込んで良いか思いつかない。

週、一二度のゴルフも自分が打つ前には常に3人がおり、セカンドでも3人が前にいて最

少に打つのは自分だ。

自分の前には誰もいないゴルフをしたい。

もう年だからと、諦めないで負けずに気持ちを若く、そして年だからとの言葉は禁句として、

老いは老いとして、冷静に事実として受け止め、そこになにか、ただ一つでも命を

もやすものががあれば充実した生が送れるのだろうが・・・。

生の支えとして、これまでの人生で社会から受けた恩に報いるために何か活動をし

たいと考えていたおり、妻の入院先で患者を励ます活動の協力を求められた。

自分にできることがあればとボランティア活動をすることにした。

活動を通じ人との接触機会が増えることも有意義になるのではと思ったから。

週一回、一人暮らしの老人宅へ弁当の配達、安否の確認。

一人暮らしの孤独感は充分身に染みているので訪問するとたいそう喜んでくれる

姿を見るのはうれしい。

彼岸には入院患者を励ますため牡丹餅を作る調理に参加した。

教えてもらった牡丹餅つくりで我が家でも仏前に供えるため作ってみた。
 

004
もち米 2合、普通米 1合。
少し水を控えめにして。

きな粉餅

ピンポン玉くらいのアンを作り、小さな湯呑に一杯程度のごはんをラッツプに敷いて伸ばしその中にあんをくるむ。
きな粉をまぶして。

ゴマ・青のり

アン2個をラップで伸ばし、ごはんを包む。

出来上がったものに、青のり、ゴマをふりかけ。

おいしかった。

仏壇には線香をあげ手を合わせたら、固くなるのですぐに下げて・・・・

心静かにして仏前に手を合わせると気持ちが落ち着く。

皆が幸せになるように・・・・

妻が元気になってくれるように・・・・

 

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

春の後楽でラウンド

3月24日

010
青く透き通った青空の下で・・・・・

梅が満開の後楽GCで昨日に続く連続のラウンド。

コースコンディション009
コースの速さより傾斜のきついグリーンが読み切れず、スリーパットと、アプローチがショート

する場面が多く今日もいつもに変わらず100がやっときれる下手なラウンド。

傾斜が読めない。

オーバーしたり、ショートしたりでスコアーにならない。

アプローチはピンデッドに狙った方が良いかな?

昨日はドライバーがテンプラ。

最近天ぷらが多いのはやはり体が突っ込み打ちにゆくことが原因と思う。

もっと腰の回転でうつようにしたいのだができない。

力を抜いてヘッドを走らせるスイングをしたいのだが、開眼もボールを目の前にすると・・・・・

今回の使用クラブはエポン。

天ぷらでなく芯で捉えた時は球が上がらず、スライス。 距離がでない・・・・・・・

原因は同じ。 回転で打つように・・・・・・

注文したシャフトは問い合わせたところ生産が遅れており、1か月経つが4月上旬の入荷予

定。

代理店に消費税などの問題について問い合わせた結果、注文時の価格に変更はないとの

回答を得た。

こちらでは定価通りだがネットショップでは半額で買えるので待つことにした。

新しく出た703も今月いっぱいに注文すれば納期が4月でも消費税はこれまで通り、工賃・

送料もサービスということなので購入に気持ちが動く。


来週は国際、山陽と連続になる。

誘われたら断らないのがコンセプトにしているので。

山陽はつるや店長と。 

| | コメント (0)

コースでの唯一の味方

ゴルフはある意味孤独なスポーツだ。

自分の技術や経験を駆使しコースを攻略する・・・

同伴者は誰も助けてはくれない・・・

ただ1人だけの味方は、キャディーさん・・・

林の中やガケ下へ球探し・・・

そしてクラブ運び・・・

ライン読みにボール拭き・・・

色んな事をしながらも常にプレーヤーの味方をしてくれている。

キャディーさん「ありがとう」・・・・

この日もいっぱい助けられた。

ライン読みはさすがプロ。

全く反対に考えているときがある。

考えが違った場合、へそ曲がりの僕は半信半疑、少し疑いを持ち・・・・・・・

外れた・・・・・・・

3月23日 国際、県アマ予選を前にグリーンを調整していた。

昨年9月には、短く刈りすぎ枯れるのではと思っていたが春を前に良く育ち早いグリーンに

仕上がっていた。

これでコンプレッションをあげれば相当難しいグリーンになるのでは?

国際には多くの人がエントリーしてすでにいっぱいになっている。

梅の花も先週に比較し今が満開。

323

323_2

007

パートナーはジャパンオープン、県・中国アマ、にも出たことのある過っての栄光を持つ

人。

ジャンボ、岡本綾子、などとラウンドしたこともある芸能関係者。

意気投合し自宅に呼ばれ後日訪問。

これまで参加した試合の多くの名鑑を見せてもらった。

すごい数の栄光を持っていた。

スコアーは満足いくものではなかったと思うが飛距離はさすが。

いろいろ誘われ兵庫の名門マスターズ、国際に行くことにした。

× × × × ダボ × × - - 44
ダボ ダボ × - トリ - × × - 46

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

脳梗塞発症2年を経過

2012年3月9日、突然に襲われた病魔「脳梗塞」から2年が無事経過し今日で治験を終了した。

発症当初3か月くらいの間は月一回の脳のMRI、週一回の血液検査、尿検査、医師の問診など注意深く診察していただいたおかげで再発、血管の悪化もなく再発を防ぐことができた。

先週は治験最後の検査で、頭部MRI,頸部MRA、心エコー、血液検査、尿検査を受けた結果は、血液の状態は良いが・・・・・・・

頸部動脈が少し細くなっている。
糖の値が高め、
腎臓の働きが少しだけさがっている。


いずれも心配するほどではない。

治験のおかげでこの2年間に、頸椎、腰椎、胃、大腸、の内視鏡・MRIを年一回。

その他風邪。

MRIは一回9500円。

頭部MRIは数回か解らないくらいの検査を無料で受けたほか、受検の度に7000円が交通費(拘束)との名目で支払われてきた。

今日の診察代は、薬代3W分他で4950円。

毎月7~8千円の医療費が必要になる。

これからはかかりつけの町医者での投薬と折をみての血液検査。

今日は予防薬として

脳梗塞の薬2種類と血圧の薬が1種類を処方してもらった。

脳梗塞の薬はバイアスピリン100mgとプレタール100mg

血圧の薬はアテレック10mgで比較的軽い薬。

これらの薬は血液をサラサラにして流れを良くする薬。

薬で自分の体をコントロールするのだが薬を飲んでいれば大丈夫というわけではないのだ。

薬はあくまで梗塞が起きにくくするだけのもので原因を排除するものではない。

再発防止対策を調べているうちに、脳梗塞の再発率が高いことを知った。

統計データによると、1年以内に再発する人は10%。5年後、10年後の累積再発率は

30%、50%に達している。

再発率の高さを考えると憂鬱になる。

再発すれば現状より重篤な症状になるのは明白。

気分はいささか滅入り気味だが、ここで立ち止まるわけにはいかないので、血圧管理、食事

管理(減塩・血液サラサラ・減量)など生活改善・自主トレ計画を組み立て、再発防止に取りく

んでいきたいと考えているが……。

1人でいると(ガラにもなく)、いまにも再発しそうな不安感に襲われてしまう。

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

春の彼岸を前に

3月16日 春の彼岸を前に実家に帰省。

生け垣の剪定。

墓掃除、草刈りと一日あわただしくも有意義な一日を過ごした。

子供たちも一緒に・・・・・


古い先祖の墓には鬱蒼とした林の梢から木漏れ日が射す。
003

004


「父母の背を 流せし如く 墓洗う」

誰が詠んだ句かは知らないが・・・・・。

生前にできなかったことを・・・・・

心の中で親不幸をわびながら、楽しかったこと、辛かったことを改めて思い出し亡き母に問いかけながら、穏やかな時間を過ごした。

少し前、「千の風になって」が大ヒットしたが、歌詩は明らかに、墓の存在を否定している。

墓所に赴き語り掛けても何も応えてはくれない。

そこにあるのは故 人の遺物であって応えるのは常に自分の心の中にある。

揺れる線香の香は心が和む。

第一継承権、家督相続。

代々続く家系を守るのは難しい世の中になった。

いつまでこの墓を守り続けることができるのか。

子供たちには墓を守る負担をさせたくはない。

墓を守る負担 

自分は散骨してくれてもいいと、行き帰りの中で伝えた。

墓の土手にはフキノトウがさいていた。

001

もう春は近い。 暖かくなったら畑に少し何かを・・・・・・

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

雨の久米カンで優勝

3月13日 一日中雨が降り続く時折強い風の中、久米カントリークラブでラウンド。
久米カンはいつ以来か解らない。

距離もあり戦略性にとんだコースで良いスコアーは望めない。

期に一度の4町対抗戦と町の同好の士によるダブルコンペ。

町対抗戦は上位10人によるチーム戦。

競技はWP。

町のクラブはHD戦。

対抗戦はわが町が2連勝中。

町のコンペでは先月優勝でデフェンディングチャンピオン。

ネット10オーバーには罰金が科せられる。

HD9、実力からしてなんとか罰金だけは避けたいと、望むがこの雨ではテンションは下がりっぱなしでキャンセルしたかったが、億劫な気持ちながら雨でも中止のないゴルフいたし方ない。

遅い組に入れておくからぜひ参加してほしいとのことだったが、キャンセルがでて組み合わせ変更、スタートが早くなり、到着した時には他の人はすでにティーショットを打っているから早くティーアップしてスタートして欲しいとせかされる。

準備もそこそこにして放ったショットはややトップ気味だがセンターを捉え、セカンドはダフリ気味で20ヤードのアプローチ、6mオーバー。 

2パットのボギー。 急ぐ気持ちでスタートした中でのボギーは上出来。

雨で水が浮いたグリーンは、遅いと思い強気のパットは大きくオーバーすることが多く距離感がつかめない。

逆にアプローチは止まってショート。

『ボギーを狙い、ボギーで良し。そして、ボギーを喜ぶべし』

のゴルフに徹した。

罰金だけは避けたいと・・・・・・



結果はわが町の3連勝。

個人戦 ネット 74で10位。
003個人戦10位の黒牛のロース肉 1kg


町のコンペでは罰金を心配していたが罰金者が多く、ネット78で優勝。

町のコンペ優勝は日本印刷の福沢諭吉。

004

ニアピン 2   ドラコン 2    4スリーブ獲得。

馬は当選者なしで来月に持越し。




参加料、食事代含む 8000円。

来月はたけべの森で昨年優勝者による取り切り戦。

一度優勝しているので参加権利を獲得している。

001

002

| | コメント (3)

2014年3月12日 (水)

春をまじかに控えた山陽GC

3月12日

春の陽気いっぱいの山陽ゴルフ。

好天に恵まれ気温は16度まで上がった。

コースコンディション。

002

8.5ft・・・・・・・

一般的な速さとおもったが、このコースはアンジュレーションがきつい。

ポテトチップのようなグリーンは距離を合わせるのが難しかった。

コースで鳥の鳴き声を耳にすることがよくある。

残念ながら、声はすれど姿は見えずで、 野鳥の姿を見ることはなかなかできない。

ひばり、うぐいす、かっこうなど春の小鳥のさえずりはプレーを和ませてくれる。

もう少しで小鳥のさえずりが聞こえる春ゴルフが始まる。

一方でカラスの鳴き声はあまり好ましくない。

この日、13番ホール十数羽の群れが カア、カア、とうるさく鳴いて、 飛び回っていた。

カラスたちの視線を 感じながらティーショットを打った。

センターを捉えた。

が・・・・・落下地点と思われるところをいくら探しても見つけることができない。

OBでは決してないはずだが。

「カラスが取っていったのを確認できればロストにはならない」

確認していなければ紛失球だ・・・・・・

あのカラスが咥えて行ったに違いない。

今の時期でもまだカラーボールはとられることがままあるようだ。

写真を撮ろうと カメラを向けると一斉に飛び立って数羽しか残らなかった。
Photo
悪事がばれるのを恐れたのか、 他に理由があるのか、 真相は不明。

カラスの勝手とは言え、紛失球は戦意を消失さす。

本来は、もっていかれたのを確認してないのだからロスト処置で打ち直しに帰らなければなら

ないのだろうが・・・・・・。   同伴者に温情をいただきペナルティーなしでドロップした。

コースではなくカラスとの戦いに負けた。

今日はインコースからスタート。

10番 ややトップ気味だがセンターを捉え、180ヤードのセカンド。
10ヤードのアプローチ、5m 2p ×

11番 ガードバンカー あごが近く 出すだけ。
サード 3Wで30ヤードまで アプが大きく7m奥。 3P  ダボ。
12番 165ヤードのショート 5I 左を避けたが右の林。
 10ヤードのアプローチを寄せてパー。

13番ではセンターを捉えたが、カラスの洗礼を受け。
ショック。
温情をいただき、160ヤードから10ヤードショート。
 寄せが大きく、3P  ダボ。

14番 テンプラ 何とかセーフ 5W でカラーまで、ピンは真ん中。
いいアプト思ったが、止まらず5m 3P
(このグリーンは難しい、左に流れていてどこまでも行ってしまう。)

15番 テンプラ 出すだけ サード90ヤード。
6m奥 2P ×

16番 ショート 155ヤード 左を嫌い フックでと考えたが大きくダフリ。
右を狙っていたのが功を奏し、池には入らず。
寄せが大きく8mの下りパット 3P ダボ

17番 センター 140ヤード 右カラーから左ピン10ヤード
上1mを外し ×

18番 テンプラ サードは3W良かったが160ヤード。
池越えは実力不足で池の手前に 50ヤードのアプ 上1mを沈め ○  

前半(イン) 47

後半(アウト) 49

あああああ




明日は久米、朝が早いので今日は早寝。
雨だし、タイギ、タイギ、タイギ。 

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

春の気配が少しづつ・・・まどろう岡山国際

空の青と白い雲の感覚に春を感じて、さくらの花の蕾が膨らみを見せてきた岡山国際でラウンド。

晴れ時々曇りも時おり冬の北風が冷たい。

38
今はまだ小さなつぼみだが、満開の桜がひらひらと舞う頃、この11番ティーグランド一面がピンクの絨毯をひいたようににそまる。

4日にはまだ7部咲だった8番ティーグランドの梅は今日は真っ赤に咲き誇っていた。

38_3

心は真っ赤な紅をさしたこの花のような匂いを漂わす人でありたいななどと、途方もないことに遠慮もなくあこがれ梅の花の美しさに見とれていた。

8番150ヤードのショートホール。
前回は、カラー3mをいれバーディーだった。

7番に続く連続パーであがれば4アンダーで上がれる。
倶楽部HDを使用するようになって皆HDが厳しくなっている。
4アンダーなら1月例でゆけばおそらく優勝できると計算した。

ここにきて前がつかえ3組が待っていた。

谷を超すには問題はない・・・・・・・・

ところがこの谷にはこれまで成仏できないでいる多くの呪縛霊が潜んでいた。

長く待たされたことが理由にはならないがここで打ち急ぎの悪い癖がでて、大きくダフリ、谷に吸い込まれるように待ち受ける呪縛霊に引き寄せられて吸い込まれるように谷へ。Photo_3

8番グリーンの梅は青い空に輝いている。

私には青い空に薄いピンクの桃の香もさびしいものになった。

後半(アウト)4番に続く2個目のトリプル。
4番では左肩が突っ込み大きな天ぷら。
140ヤードからのプレフォーもピン筋のナイスショットだったがこのホールは砲台で受けたグリーンの土手にあたり5mのショート。
ここはワンクラブ大き目に・・・・・・
アプローチがトップしてトリプル。

ゴルフは長い友達、ボールは短い友達。
ボールをカラーにしたのが悪かったか。
新しいボールに変えるととたんにOBがでるのはなぜだろう。

アドレスにもう少し注意が必要だな。


世の中もゴルフも計算通りにはいかないものだと悟る。

最近5Iの飛距離が伸びた。
この3ラウンドくらいは160ヤードくらい。

脳梗塞発症以来150ヤードがやっとだったから!

前回、今回ともにFWに良い結果が出てミスが少ない。

ドライバーの飛距離が出ないのでアプローチとともに絶対ミスを重ねてはいけないクラブだ。

5W の飛距離180ヤード強
4U 170ヤード強。

2本のクラブでグリーンを狙ったが少し大き目でグリーン奥に外す結果がでた。

インパクト以降のヘッドスピードを上げることと左手首をターンさせるのではなく甲側に折るイメージは右手が飛球方向に伸びヘッドに引っ張られるような感じを得ることがある。

しっかり顔を残しインパクトからヘッドを走らすイメージを持とう。

今日の結果

インスタート

× - × - × × × - ×  42(16)

× - +3 × - × - +3 × 46(17)

少し安定してきたので一応、理事長杯(4/6)にエントリー。

バックからになるので今の飛距離では無理。

早く来い、FSX/MX-V。

来週の予定

11日 山陽
12日 久米
13日 グレート

どれも断れない。

誘われたら断らないがコンセプト。

ちょっとタイギ・・・・・・・・

3月8日  脳梗塞発症 2年の日に

先週最後の精密検査を受けた。

結果は10日に。

再発率。

特に発症後 1ヶ月以内に再発することが多い。
1年以内 約10%
5年以内約30%

これは言い換えれば、
梗塞が発症した後、5年以内に再発する人が3人に 1人。

厳しい数値だ・・・・・

 

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

至福のひととき



3月6日 曇り、午前中には時折日が射すこともあったが午後からは時折粉雪が舞う。
冬に逆戻りしたような寒い日になった。

こんな日は温泉で心と体を温めてもらおうと、午後から稲荷温泉に行く。

東の空は白い雲がゆっくり流れる。

時おり雲間から日が射す。

北の空は黒く大きな雲に覆われている。

風が寒気を運び時折粉雪が舞う。


露天風呂の湯船にはゆらゆらと湯気が。

肩まで湯船につかり揺れる湯気を見ていると、心も体も癒させる。

温泉の効能は、腰痛、高血圧、等々。

からだに効果があったかどうかは解らないが、心だけは癒されたことは確かだ。

001花壇に移植したクリスマスローズ。

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

美しき梅の花の咲くころに

3月4日 晴れ後、曇り。
朝の内は冬に元戻りしたような気候ですこし寒かったが、5ホール回ったころからは時おり風が雲を流しその雲間から冬の優しい陽射しが射す。
絶好のゴルフ日和になったが、梅の花はまだ7分咲き。

春はもう少し先になりそうだ。

8

8番ショートホールティーグランドに咲く優しい冬の日差しを受けたさざんか Photo150ヤード 6番アイアンのショット。

ピン筋に向かうショットだったが少しこぼれたが3mのパットを沈めバーディ。

スタートホールではOB二つで+9でのスタートだったが。

6番からパーが続き45

+5 × × × × - - -1 × 45

× × × × - × - +2 +2  45

今日の開眼。

インパクトで左手はターンするのではなく、手甲側に折る。

しっかり叩け方向性も上がる。

アイアンの良かったホール 15番 155ヤード 5Iでしっかり甲を折る意識をもって打ったらいい結果がでた。
ラインを読み切れなくスリーパットになったが。

今日の国際はグリーンコンディションが表示されていないので解らないが10fくらいと感じた。
早かった。

後半持ち直したドライバーだったがアプローチが悪い。

今日は手も足も出ないダルマでなく、攻めダルマに徹しショートはさせないと強い意識を持ちピンデットに攻めたが止まりが悪く大きくオーバーすることが多かった。

硬く早いせいと考え、これからのラウンドでも攻めのアプローチをしたいと思う。

結果は仕方がない。

6番 バンカー越え10ヤードのアプローチ。
バンカーからピンまで4mとショートすればバンカーという難しかったが攻めた結果2mオーバーにつけ返しを入れパーをセーブできた。

ボギーでよしの気持ちで攻めるときは攻める。

守りの必要な時には無理をしないで、きっちり打てるクラブを選択しアプローチ、パットにかける。

ゴルフは再現性を確実に行うゲーム。

いかにアドレスの状態に戻すかにかかっている。

今日は、最近は、・・・・・・

少しアイアンがよくなった。

意識しているのは左手グリップを緩めない。
右手はゆるゆるにして、しかしインパクトは右手で叩く。
左手甲をターンするのではなく甲側に折る。
手で早く振ろうとしないで腰を回転させる。

Photo_2

8番グリーン奥の梅はまだ7分咲き。


今週はもう一度、国際でのラウンドを予定している。
今度こそ。今日のように出だしで+5、スダボをなくするようなプレーをしたい。

FSPシャフトが届けばいいが月産100本では入手はむりかな。

リシャフトしてあまったシャフトスピーダの後継ヘッドはコブラに決めた。

440cc 45インチ Sシャフト アッタスGoGoでの試打の感じが良かったので。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »