« 藤 圭子 逝去 | トップページ | リシャフト »

2013年8月26日 (月)

パインツリーラウンド結果

前日の天気予報ではパインツリーGCのある高梁地域には大雨・洪水警報が出されてい

た。

せっかくのゴルフだが雨で中止の選択肢をもたない。

それは同伴者も同じ。

雨の日は雨のゴルフを楽しむのがコンセプト。

雨の岡山自動車道を北西に。

止むことはないが大した雨ではない。

スタート30分前に到着。

雨を予想しキャンセルが多く準備でき次第スタートすることにした。

小降りだが下だけカッパを着て10番ホールからスタート。

ここのラウンドは3~4年前以来になる。

グリーン方向には遠く民家の点在するのが見える。

雨のため水蒸気が上がっている。

フェアーウェー、グリーンともに状態がよく雨に洗われ一層グリーンが鮮やかだ。

グリーンコンディションは雨と少し長めの芝は少し遅いようだった。

パインツリーGCは松林に囲まれた丘陵・林間コース。

ホールのほとんどが両サイドに自然の松林が残されている。

フェアウェイは広いが大きなワングリーで起伏も大きい。

いつものことだが今日はスタートホールからチョロ。

セカンド、サードとミスショットが続き、トリプルのスタートになった。

雨は3ホールほど回ったところで止んだ。

雨は止んだが俺のショットの切れは変わらない。

ズボンを脱ぐことにした。

あまり印象に残るショットがないなかで、打ち下ろしだが距離170ヤードのショートホール。

ティーグラウンドからグリーンまでフェアウエーの左サイドは全て池。

右サイドは松の木がせり出している。

ティーグラウンド上では左方向に広がる池が目に入り心理的に圧迫感を受けるが、度胸を

決めあまり難しく考えずにグリーンセンター狙い。

真っ直ぐか、短いクラブを選択しアプローチに賭けるか?

俺の選択肢に逃げはない。

ここは右の松の木を狙い高い球で松の木をクリアー。

できたら、ドローで・・・・・

使用クラブは4U、

上手く芯で捉えピン横のラフに・・・・・

5~6mのアプローチが寄らず入らずのボギー

18番池越えのミドル。景観の良いコースだ!

池越えのどの付近を狙うかがポイント。

オナーのAは最短、キャリー180くらいか。

ここしかないところをクリアーしてフェアーウェーセンター。

俺にはできない。

少し安全策をとり左目に。

ナイスヒット。

傾斜地までいった。

これならもう少し右を狙ったほうが良かったか。

それでも残りは140ヤードくらい。

正確に打てるなら3Wの選択もあるかな。

今回も大きくスコアーを崩した。

もう一度、近々にチャレンジしたい。

仕方がない、29日国際にエントリーすることにした。

国際でリベンジだ。

|

« 藤 圭子 逝去 | トップページ | リシャフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤 圭子 逝去 | トップページ | リシャフト »