« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

大腸検査

最近、便秘がちで時折腹痛を感じる。

長い時は1W間くらい排便のない日が続くことがる。

そうなると食欲もなくなるが体重はむしろ1Kgくらい増えた。

やむなく薬に頼ることになるが場所。時を選ばないのでゴルフの日の服用はできない。

20年くらい前ポリープができ切除した経験があり以後、4~5年ごとに内視鏡検査を受けて

きたが前回は3~4年前になる。

新たなポリープもなく安心していたが、最近の大腸不快でもしやと感じていて、今日は治験コディネーターに相談して医師の紹介の下内視鏡検査を受けた。

28日から検査のための食事制限をうけながら今日は受検10時間前にマルゴールP(下剤)

を飲み腸内をきれいにする。

ポカリスエットを少し甘くしたようなもので飲みにくいことはないが量が1.8l約1時間かけ飲み、ひたすら便意を感じるのを待つ

すきとーったような水に変わったところで検査開始。

インストリン注射をして診察台・・・・・・

頭がボーットして・・・・・(ボーットしているのはいつものことなので)

腸が平均より長いらしく入りにくいとの医師の所見。

器具が腸の壁面にあたるのかかなりいたかった。

約40分の検査の結果、6ミリくらいのポリープがあったようだが、観察のみで1~2年後に検査をしたらよい。とのことで無事検査終了。

ポリープは悪性ではない

来週は、エコー、血液検査を受け今回の検査は終了。

費用はすべて製薬会社の負担で、今日の交通費は5.000円後日振り込まれる。

003

0042

最近ラウンド後に疲労が残る。

不眠症で睡眠不足が原因していると思うが二日になる今日もまだ疲労が取れない。

8月のラウンド予定は7回。

連続になるところは早めのキャンセルが必要だ。

今日は久しぶりに天満屋で買い物。

マンシングのオバーパンツとイタリアブランドのポロシャツ。

少々高めだが縫製がまったく違う。

これからは安物をいっぱい持つより、高価な一点主義にしようかな。

| | コメント (1)

2013年7月29日 (月)

7月期最終戦

7月28日 曇り

一日中、照りつけることなく、多少の蒸し暑さはあったが気温も上がらず絶好のゴルフ日和に

井原CCに

天気はよかったがスコアーはいつものとおり。

なにも起こらず平凡なゴルフで終始した。

いつものAプロは、スタートホールでOB。

何年もAのプレーはみてきたがスタートホールでのOBは見たことがない。

しかし、11番からは立て直し、カード通り。

INコースの後半はツーバーディー、ツーボギーの、36。

トータル 76は普通。

一日中、なにも起こらなかった。

自分のスタートホール10番ロングは、ティー、セカンドとナイスショットが続きサードの残り50ヤードがシャンク・・・・・
4打目がショートでダボスタート。

11番
セカンドが出すだけになったが、サードが大きく、スリーパットのダボ。

12番150ヤードのショートは左に外すが寄せてパー。

14番セカンドがOBで9点。

午後からもこの調子は改善されず、53、49 トータル 102。

良かったのはショート パー 2 ボギー 2

アイアンが良かったらゴルフが楽しい。

前前回の総社では198ヤードのショートでバーディがとれた。

最近悪かったショートホールがよくなってきたのはうれしい。

アイアンが良ければそれなりのスコアーになる。


パートナーは4人がエポン使用者。

言うならばチームエポン。

練習では使いこなしていると勘違いしていたエポン502はつい最近オークションにかけ手放した。
これまでもエポンの、アイアン2セット。
ドライバー3本
FW  3、5を買い替えてきた。

エポンマニアとしては失敗だったと後悔している。

練習場でよくても18ホールで安定していなければ使いこなしていえると言えない。

硬くて重いシャフトはボールが大きく曲がることはないので良いように思えるが、後半になると振り遅れペチャがでる。

あっているクラブは18ホールを無理なくラウンドできるものでなければならない。

所有していたアイアンの緒元は
エポン502  415g (KBS ツアー 白)バランス D3.3
ロケット    380g(同じKBS90)
ダイナクラフト 408g D3.5(KBS ツアー 110g)
R11 377g D1(フブキ 50)  

そこでAプロのエポン702に目をつけ、うまくはぐらかしロケットボールと交換に成功した。

シャフトは同じKBSのツアーモデル 110gだがバランスがよく軽く感じボールも上がる。

ボールが上がらないのは打ち方に問題があると思うが、ラウンドしていてボールが上がらないことで芯でとらえたボールも木にあてるミスにつながることが多い。

ボールが上がることは必須条件である。

手中にしたエポンはエースセットになる。

0061
今日は手放したロケットボールの交換としてスリクソン502を激安ショップに注文した。

ショップでの試打結果は良い。

デザインは本間、ツアステ、などに似ているのでエポンのOEMであろうと思う。

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

河川敷コース

男子ゴルフの全英シニアオープン選手権は26日、英サウスポートのロイヤルバークデール

で第2ラウンドが行われ、井戸木鴻樹が6バーディー、4ボギーの68で回り、通算1アンダーの

139で首位と4打差の10位に浮上した。

深夜ライブ放送で解説者が、

「スコットランドのようなリンクスコースは日本にはない。こういった難しいコースを経験しないと日本人選手は勝てない。
日本のトーナメントはきれいなコースでしか開催されない。
岡山県には長船という河川敷のコースがあるが、ここではプロアマ戦が開かれた。
もっとこういった河川敷の風の強いところで開催すべきだ。」と紹介していた。

なーるほど・・・・・・

全国放送で紹介か?

長船は風がでたら難しい。

今度予定を見て市民ゴルフに参加しよ・・・・

7月期最終は井原CC

1W間ぶりのラウンド。

開眼を確認するため今から練習。

暑いな


 

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

栄冠は君に輝く

雲は湧き 光あふれて


天高く 純白の球  今日ぞ飛ぶ・・・・


夏の風物詩となっている「全国高校野球大会岡山県大会」決勝戦が行われた。



現在の高校野球のトップクラスの私立校には、全国から集まった野球留学と言われる生徒がかなり入っている。

これでは本当の郷土代表といえるのか疑問である。

地域の代表というよりは才能があるうえによく練習した高校球児の代表と言い換えたほうが的を得ている。


野球一筋でがんばった野球の天才児だけが甲子園に集まる、「全国高校プロ野球大会」と変えた方が実態を表していると思う。
等と思ったりもする今日この頃・・・・

わが県では野球留学生はすくないようであるが・・・・・

過っては女子高であった、就実・美作・作陽・岡女・真備なども生徒募集の点から男女共学となり特徴と名声のためスポーツにも力を入れている。

最近は、昔は野球部さえなかった学校が勝ちあがってくるという実態はやはり野球留学生をとっているようだ。

今日は、スポーツクラブには午前中に行き決勝戦をみた。

関西対玉野光南

敗戦した関西には大事なところでエラーがでたことによると思えるが、あと一歩適時打がでなかったことが敗因敗者には運がなかったともいえるがあと一歩の力が及ばなかった。


栄光は君に輝く

  雲は湧き 光あふれて
  天高く 純白の球今日ぞ飛ぶ
  若人よ いざ
  まなじりは 歓呼にこたえ
  いさぎよし 微笑む希望
  ああ 栄冠は君に輝く

開会式直後に聞く大会歌と閉会式に聞く「大会歌」には受ける感情が違う。

開会直後は「さ~~~これからだ」と闘志がみなぎる。
大会を終えグランド一周の時流れる大会歌は「あ~~~終わった」という達成感を感じる。

大会歌を聞くと、自然と気持ちが熱くなってしまって高校球児の泣いている姿や、喜んでいる姿につい貰い泣きしてしまう。

あの歌が流れるだけで、反射的に涙が誘われる。

夏の高校野球はその年の在校生や、選手達だけの大会ではない。

卒業して社会人となり、家庭人となっている人たちにも故郷の情景や青春時代を呼び起こすきっかけとなる。

暑いこの時期は日本人の誰もが持ち合わせる、若き日へのノスタルジアである。


玉野光南には県代表として頑張って欲しい。

「高校球児の夏は終わった」

敗れたチームが球場を去ってゆくとき重ねると、まさしく実感がある。



ゴルフ狂ジーの夏は今から始まる。

今年も生きて帰ることが目標になりそうだが・・・・・

夏だけでなく1ラウンドが終わらないうちに使うことがよくある。

「ゴルフ狂ジーの・・・の挑戦は終わった」

7月期、ラウンド回数  8回

最近の4ラウンドは好調。

原因はドラの飛距離が戻ったことにある。

今日は野球のテレビ観戦のためスポーツクラブには午前中行った。

不眠症解消のためにも体を動かすようにしたい。

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

痴呆

Photo

鉢植えの夏バラが咲いた。

今日は田舎にコメをもらいに帰った。

財布の中に千円札がなかったので1万円を両替しなくてはと考えつつ車を走らせていたら、途中にコンビニがあったので寄った。

アイスクリームが89円だったので買おうと財布をみたらちょうど5円と1円が四枚あったのでそれを出して、とおもったら10円もちょうど8枚あった。

ちょうど89円小銭がなくなってよかった。

食べながら運転していて千円に両替しようと思ったことに気が付いた。

しばらく店がなく、千円札が用意できなかったので1万円をおいてコメをもらった。

何をしにコンビニ寄ったのか忘れた。

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

丑の日

病院の近くにあるすし店の入り口で炭火焼きのウナギを売っていた。

中くらいのものが1匹3千円。

ウナギはあまり好きではないが、土用の丑の日にはウナギをたべないといけないと聞いたので暑い夏を乗り切ろうと2匹買った。

バレンタインデーのチョコレート同様、商業ベースに乗ったもの
と言える。

半切れを妻に、

魚好きの妻は笑顔でおいしいと言って食べた。

笑顔で食べる妻の様子を見て看護師さんも喜んでくれた。

子供の頃には祖父がよく川でとってきたウナギの捌くのを手伝ったことを思いだした。

骨はかりかりになるまで焼いて・・・・
また、骨を出しにして肝の吸い物にして・・・・

多くとれていた時代で箱に入れ、川に保存しシーズン中にはお客さんがあるとふるまっていた。

川魚の漁が好きな祖父であった。

秋には松茸。

昔が懐かしい。


今日の夕方はゲリラ雨があったが今は晴れ、窓の外には十四日月が輝いている。

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

山の天気は突然・・・

7月7日、早朝からギラギラとした太陽が窓を照らしていた。
暑くなりそうだ。

標高400mの鳥取県境に近い中国山地の山間。

松林に囲まれた戦略性にとんだ北房CCに着いたころにはにわかに空が黒い雲に覆われ、遠くに雷の音も聞こえる。
スタートの頃には大粒の雨が降り出した。

予想していなかった天気に雨の用意をしてこなかったことが悔やまれた。

008_2
時おり見せる晴れ間の空の雲はすっかり夏の雲だ。

71

002_2
自然の地形を残した北房CCは松林がきれいで景観を楽しんだが、攻略はできなかった。
何度でも挑戦したいコースだ。

開眼は閉眼したままで開くことはなかった。

もっと左手のターンを使うようにしたい。

レンジでは左手1本で打つ練習が良いように思って練習しているのだが・・・・

開眼ができない。

スコアーをつけることさえ忘れた。



| | コメント (2)

2013年7月 1日 (月)

紫陽花に彩られた赤坂CC

6月30日 本年折り返しを赤坂CCに挑戦。
グリーン、フェアウェーともにメンテナンスがよく新緑に輝いている。
この時期どこのゴルフ場も芝の状態がよく気持ちが良い。

赤坂CCでは、道案内をしているかのように、あちらこちらに紫陽花の花で美しく彩られている。
白、ピンク、水色、青、薄紫、紫……という具合に、少しずつ違う色合いを自分の色にして、丸くこんもりと咲き、静けさをもっている。

Photo

Photo_2

赤坂CCのカートにはナビが取り付けられており非常に便利だ。
ホール内の他のカートの位置、ピンまでの距離、見えないところのハザードなどを知ることができる。

スコアーは入力することでマスター室のパソコンと連動している。
Photo_5

Photo_8

(入力ミスが????)

5番△が-、トータル 35か?


アウト 35
イン  37


一日何もなく普通のスコアーで普通に終わった。

穏やかな一日だった。












Aプロのスコアー(笑)happy01

開眼はいつも閉眼したままでコース上で開花することはない。
一つだけでもと思うのだが・・・・・・
真っ白になってしまい何であったかさえ思い出すことはない。

素振りで身に着けることが一番なのか?

せめてもう少しゆっくり振ることができれば!
肩が回っていない段階からうちにゆくので、シャンクしたり、ダフッタリといろんなミスの要因いなっている。
今日のラウンドで良かったのは寄せ。

前回は何度かシャンクがでてスコアーを崩したが良いアプローチができた。

良いアプローチはパットにも表れミスパットは1~2度。

今日の開眼は、スイング以前の問題としてゴルフのスコアーメイクはカップに近いショットこそ大切であるということ。

一番ホール、ミスショットが三度続いたが信じられない難しいパットでボギーに留めたこと!

寄せワンでパーを拾うことも・・・・・

今日も疲れが取れない足がパンパンに張ってる。
痛くて・・・・・・

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »