« さくらまつり | トップページ | 麗らかな春の一日 »

2013年4月17日 (水)

麗らかな春の陽光に包まれながら

4月16日 0922 岡山国際 1番 ティーグランドはピンク色に染まっていた。

はらはらと風に舞うさくら吹雪も風情があって良い。

周りの山は山つつじに彩られ、枯れた枝から若葉や花のつぼみが咲き始め、生命がきらきら

と輝いていた。
1

薄い雲と春霞で青い空では無い事がちょっと残念。


気温22度はもうすでに初夏。

時々吹く南東の風が心地よい。

最近、高値安定に推移している。

開眼を実践して、「今日こそは」と望んだ。

が、

アドレスしたとたん開眼はどこへ・・・・・

グリップ、テークバック、トップの位置、腰の回転・・・・・・・etc

何も意識することなく、すべてを忘れ思いきっり悪い癖を出し切ったスイング。

切り替えしが早い、テークバックが外にあがり右脇があいている。

アウトインの軌道でひっかけ、ダフリ

どうしようもなく悪い。

小さいトップからフォローを大きく。

ジムでは完成している・・・・・・

どうしてできないのか、スイングのように

運も悪かった。

10番ホール、セカンドが松の木越え。

芯でとらえたショットだったが高さがわずか足らず枝に触れ木の下に。

次の20ヤードくらいのアプローチが悪い、ダフリ、オーバーとダボでスタート。

気を取り直し、その後はボギーで耐え、パーも拾い

前半 46

後半はパー、5個を寄せとパットでしのぎ 40

ダボにしないためには・・・・・・・

無理、ダボも、ボギーも出る

開眼は一つにしぼり、必修

「ゆっくり、トップを深く」


16番ショート(背景のつつじがきれい)
Photo

トップからの切り替えしが早く池に・・・・・・・




|

« さくらまつり | トップページ | 麗らかな春の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくらまつり | トップページ | 麗らかな春の一日 »