« 伝統のGC、帯江コースにゴルフの原点を見た | トップページ | 強い男は優しいクラブを使っていた »

2013年4月25日 (木)

陽光の下で

国際GCの周りは色とりどりの木々が芽吹き、緑色の若葉に姿を変え青空の下で、もこもこと膨れ上がっている。
雑木林の落葉樹も少しづつ微妙に違う緑とつつじの紫が入り混じった優しくやわらかい色合いの春の山に変わった。
春の暖かさを待ち焦がれて、草木が嬉々としているのだろう。
ときおり、鶯の鳴き声も聞こえる。

4月25日、昨日の寒さから一転して新緑に囲まれた国際ゴルフクラブの18ホールは晴れた空のブルーをバックに綺麗なコントラストを見せてくれた。
やわらかいグリーンやピンクのバックは、昨日の雨が一層際立たせ、芽吹きの色からは豊かな生命力を感じさせる。

グリーン、フェアーウェーの状態もよくプレヤーにとって絶好のコンディションの下で気持ちの良いラウンドができた。

最近、芯を外していたドラもしっかりと芯を捉え、セカンドのアイアンもそれなりに良かった。

もっと好スコアーを期待できたショットだったが、相変わらず50センチくらいのパットを外しパーが拾えない。

わずかにカップを外すことが多く、

前半 △△△×○○△△○ 43
後半 △△△△○△△○× 44

悔しい。
ショートパット。

なんとか・・・・・

スクラッチくじで平日無料券が当たった。
ラッキー

予定

30日 新岡
3日  後楽
4日  井原
6日  レイク
8日  北G
11日 国際 
23日 国際
30日 国際

|

« 伝統のGC、帯江コースにゴルフの原点を見た | トップページ | 強い男は優しいクラブを使っていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統のGC、帯江コースにゴルフの原点を見た | トップページ | 強い男は優しいクラブを使っていた »