« 故郷の聖地で | トップページ | 春の訪れ »

2013年4月 7日 (日)

春の嵐の東児が丘

満開の桜に冷たい風が吹きつける

一昨日に打って変った厳寒の風は未だ止まず

黒い空が香を探す

桜の黒い幹のその先につけた花びらのほのかな香りさえ凍りついてしまうほどの寒さ

一昨日の暖かさは今日は突風に変わり

厳しすぎる寒暖の差は冬が戻ってきたように厳しい

しかし真冬を思わせる黒い空も、確実に息づく春を実感させる

時間は確実に春に進んでいる

背にした金甲山は春の色

萌黄色に輝き、山桜、つつじが彩る

眼下に望む瀬戸内海は今日は白波を立て荒れている



4月7日 午前8時50分

風が、吹いた。

冬の冷たさを残した冷たい風が

1番ホール 358ヤード 引っ掛かった。セカンド160ヤード

10ヤードのアプがピンを3mオーバー

ワンパットで入れた。幸先良いぞ??

11番ロング

コース内、風景

 

|

« 故郷の聖地で | トップページ | 春の訪れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 故郷の聖地で | トップページ | 春の訪れ »