« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

見上げればどんより雲のはなぐもり

3月31日、眠れない日が続き今日も起きたのは午前10時。

ボーットしてテレビを見ていると居眠り。

今日はジムに行く予定であったが眠くて気だるい。

完全に昼夜が逆転している。

何とかしなくては・・・・・

この病気を治すには、眠れないことを我慢するより、眠くても決まった時間に起きることで

不眠症の解決になると聞いた。

明日からは遅くとも8時には起きるようにしたいと・・・・・・

テレビを見ながら居眠りをしていると今晩も眠れない。

だるいのを我慢して近所を散歩することにした。

1300、家を出発。

日頃はあまり見ることのない近所の春の風景を探しに。

Photo_2

周りは田園地で森も多い。

足下には小さな花が春を告げている。Photo_3

河川公園のさくらも満開で家族連れがシートを広げ弁当を食べ、

広場では子供がボール遊びを楽しんでいる。

お父さんと遊ぶ子供の声も明るい。

そばを流れる小川の土手には地域の人が自然を守るため植樹した多くのさくらが満開。

Photo_4

「梅と桜」どちらがいいかと聞かれたら、寒い冬に耐え健気に咲く梅の花が好きと答える。

花の明るさや豊かさでは文句なしに桜・・・・

桜は一気に花を開くが、梅は一輪一輪ゆっくりとマイペース。

桜は一待ちわびられて咲き、惜しまれて散る。

そんな潔さから多くの日本人桜を楽しむ。

人それぞれの好みだが、美しさからいえば桜、生き方からいえば梅の方に共感する。

桜色は澄み切った青空にこそ映える。

残念ながら今日は花冷え。

三寒四温でこの時期は晴れの日が3日続くことはない。

曇り空のまま満開の時が過ぎてしまうのかな、と思わせるこのごろ「雨の日には雨の中を」

の心境で、曇り空に浮かぶ桜を楽しんだら良い。

野草が新緑に萌えるこのころになると、実家の里山の風景を懐かしく思い出す。

寒さが緩み、光がやわらかくなり、野山に春が匂い立つ。

スミレやタンポポ、レンゲソウが咲き、春が生まれる。

流れる水の音も懐かしい。

子供の頃には、日本中いたるところで「春の小川」がさらさら流れていた。

「春の小川」とは、そんな里山の春の代名詞だった。

かっての小川を取り戻すためにに地域の人が「ホタルの里」として環境保護に努め整備さ

れた小川。

Photo_5

小川は春の柔らかな光に照らされキラリと光る。

夏にはホタルが飛び交う。

麗らかな春の日に・・・・・・・

妻に写真を見せると笑顔でうなずいた。

鰆の酢漬けをもって行ったが一口で拒否。

魚は好きだが酢漬けは嫌いなようだ。

明日はちょっと贅沢にトロをもって行ってやろー

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

待ちわびて

岡山国際のさくらは、まだまだ固いつぼみの3分咲き。

今日は午前中は薄曇りだったが午後からは青空も時折見えこの暖かさで一気につぼみも膨

らむのではないか。

来週が楽しみだ。

待ちちわびられて咲き、惜しまれて散るさくら、

少しでも長く咲いていて欲しい。

328_007

Photo
真っ赤なつばき(9番)

なかなか練習のように打てない。

今日の開眼は右腰、右肩をボールに向けてゆく。

昨日のジムでの練習では気持ちよく打てていたのに。

練習と本番は違う。

42、47

13番ショートカラーから6打かかり7点。

得意の寄せをミスしたことで、切れまくり。

最小限のミスにとどめるようにしたい。

パットが悪かった。

50センチくらいを右に外すこと4~5回。

アドレスに問題があるのでは。

ラウンド予定が多いので明日はドライバーのトップ位置を確認しながら練習しよう。

素振りでトップ位置を右肩くらいにと思って確認すると、それでも右耳あたりまで上げている。

手で上げることが原因であるように感じる。

クラブ位置が高いだけで右肩が入っていない。

もっと体のねじれを意識したい。

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

黒い花びら

黒い花びら

 
静かに散った

あの人は帰らぬ 遠い夢

俺は知ってる 恋の悲しさ 恋の苦しさ

だから だから もう恋なんかしたくない 

したくないのさ



昨日のテレビで、「次の世代に歌い継ぎたい名曲」という番組で中条きよしが歌っていた。

最近、若手歌手たちがカヴァーするなど昭和歌謡はいまだ衰えることはない。

それは現代サウンドにない温かさと安らぎという「癒し」の原点がそこにある。

団塊の世代とひとくくりによばれその時代に青春を過ごした我が輩にはそのころヒットした歌謡曲は応援歌として心に残っている。

昭和時代の社会や文化を懐かしむ感情が湧き上がる。

歌謡曲はその時その頃のことを思い出させてくれる。

あの頃の若い自分がいろいろな試練とともにテープが巻き戻されるように思い出される。

この歌がヒットしてしばらくした頃、初めて失恋した。

「恋は一度だけのもの」と思っていたころのことである。

それを機にそれまで好きだった人を忘れるため故郷をすてた。

それからも、もう二度としないと心に誓った恋であったが何度も恋をしてはフラレた。

「フラレグセ」がわが人生の生涯であった。

あの頃のあの人はどんな人生を送ってきたのだろう・・・・・・・

たぶん幸せな人生を送っていることと思うがもう会うことはない。

時の流れとともに人生への惜別の思いを感じ、いかに終焉を迎えるべきか。

与えられた余命を有意義に過ごすことができたらと思いながら、懐かしい名曲を4時間余り聞

いた。

今日はヒートポンプが故障して、工事会社がきて修理。

物はいつかは壊れる。

設置後10年

いくら請求がくるか?????

お金のいることばかり。

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

KBSシャフトはスコアーアップにつながるか

早咲きのサクラがほころび始め、ピンク色の花を風に揺らしている。

今日の山陽GCは曇り。
最近の天候から寒くはないと予想し薄着にしたのが悪く生憎の天気でスタート時点は寒くセーターを用意して来なかったことを後悔した。

寒さ対策に少し歩くことにした。

今日の使用アイアンはエポンAF502。
遠藤製作所のアイアンとしては中級者向きで中空ヘッドのセミキャビティー。

ヘッドは小ぶりで面長、グースは少な目だがつかまりは良い。
最も気に入っている点は打感。
中空ヘッドでありながら軟鉄特有の軽い音が心地よい。。

シャフトは KBSカスタム。
昨年12月に発売されたばかりでまだ一般にあまり知られていない。

ホワイトパール塗装がすっきり。

7番アイアンで、

ロフトは31度、
クラブ長さは36.75インチ、
シャフトフレックス/R、
シャフト重量/100g、
トルク/1.9、
キックポイントは中調子、
バランスはD3.5、(グリップでバランス調整)
クラブ総重量/427g

これまでより約50gほど重くなったが、カウンターバランスで調整してあることからスイング中に重さを感じない。

注意しなければならない点は実重量があるので振り遅れしないこと。
そのためには手打ちにならないよう腰の回転で打つこと。

重いバットをスイングするイメージが大切だ。
カーボンに比べスチールシャフトは、距離、弾道、方向とも安定性、正確性に優れる。
カーボンは、スチールより軽く飛距離はでるが方向性、安定した飛距離に劣る。
321_017

1番、距離は165ヤードと残ったが5Iがピン横4mにつき幸先よくパーで発進。
この時方向性の良さを感じた。シャフトのしなり感もカーボンに比べねじれが少ないのでは。

2番、ドラを引っ掛け、残り250ヤード。
ここはライも悪く7番でレイアップ。
サード100ヤードの9番アイアンが方向性よく1m。連続パーに自分自身に驚く。

3番方向が悪くあわやOBが残り70ヤードまで出てきて寄せがよく1.5m。

パー

良かったのはここまで4番でクリークに入れたがその後がよく何とかダボに収めた。

5番、またひっかけ。 手前のバンカーまでレイアップ。

リシャフトしたシャフトは方向性がよくサード50ヤード。

アプが悪くダボ。

FWのシャフトはフジクラランバックス。
3月18日発売になったばかりを先行予約。

白を基本に紫のグラディーション。
白いヘッドによく合う。グリップも紫と白のライン入りに作った。
シャフトが好みだ。

今日は今現在足が引きつって痛い・・・・・・・・

| | コメント (2)

2013年3月16日 (土)

脳梗塞1年経過

突然発症した脳梗塞から1年が経過した。
脳梗塞は、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の中でも再発が起きやすい病気と聞いた。
 
特に発症後 1ヶ月以内に再発することが多く、1年以内には約10%が、5年以内には約30%の人が再発しているらしい。
言い換えれば、  脳梗塞が発症した後、5年以内に再発する人が3人に 1人いるということになる。
10年では50%の人が再発する。

幸い1年、治験管理のおかげか再発することなく1年を健康に過ごすことができた。

来週月曜にはMRI診断を受けることになっている。
おそらく新しい梗塞は発症していないと思うが。

脳梗塞から生還することは命をもらったようなものといっても過言ではない。
心を入れ替えて新しい人生を始めるくらいの気持ちが、脳梗塞の再発予防のためには必要と聞き、いつかは再発の日が来るのかと怖い。

一度失った命惜しくはないが、障害を抱え生きてゆくことは想像できない。

喫煙は脳梗塞の大きな要因と知りながら、最近夜眠れなくてイラつきからいたずらに喫煙した。
喫煙がなんとなく癖がついたみたいだ。

禁煙して30年になり、最初の喫煙は吐血してタバコを受け付けなくて難なくやめた。

今回は健康な状態で喫煙の怖さを軽く見ている。

再発の可能性の高いことをもっと認識して今後絶対喫煙しないぞ!

脳梗塞の再発は、最初の時よりも後遺症が重症になったり、新たな後遺症が起こったりする危険がある。
再発予防が今一番大切なことと肝に銘じなくては。

痺れがそれなりに残ってしまっている中途半端さは、やはり気になる。
普通に動けるし、自分の意思表示はちゃんと出来、思った通りに日常生活を送ることもできる。
この中途半端さを何とかしたい。

自分は健常者として生きていけるのか、それとも難治性の障害を抱えてしまっているのか?

どっちかハッキリしてもらいたい。

いつ再発するか知れないことに今後もおびえて生きていかなくてけないのか。

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

グリーン上の砂に泣かされる

3月13日 曇り 上空はどんよりとして今すぐにも降り出しそうな赤坂レイク。

練習グリー上には砂がいっぱいまかれ歩いた後には鋲の形状そのままの後が残り、転がったボールには雪だるまのように砂が付着する。

空気が湿っているせいか?

ゴルフのスコアーメイクで重要なことはホールに近づくほどショットに高い精度が要求されるといわれる。

わずか一転がりでも一打は一打だからだ。

ひっかける癖をなくそうと新しくパターのグリップを交換した。

マレットタイプにミドルサイズ 35ミリ
ピンタイプに33ミリ


交換理由はショートパットをひっかけることが多いのでグリップを太くすることでまっすぐストロークできるのではないかと考えたからである。
知り合いのパターで実証済みだからいい結果が出るはずだ。

300


紅白のボールでそのデビュー祝し活躍を祈念し健勝を祈る。

練習グリーン上で、まかれた砂で白く、鋲の後がくっきり。

グリーン上をボールが転がるとボールに砂が付く。
この砂の中にはすごく小さな石などが混ざっていて、パターでボールを打った時にこの石がフェースとの間に挟まりボールはあらぬ方向に飛び出してしまう。

ボールに触ると手に砂がつくので指先で軽く握りラインだけ合わせる。

結果はパッティング時には必ずボールに付いた砂、クラブフェースに付いた砂を落としてからストロークを行なうべきだ。

パターフェースは傷がつくし・・・
思わぬ方向へけられたり、
強く打ったつもりでも半分も届かない、

パターに言い訳の多いラウンドになった。

今日はもう一つ今年になってバッグを飾るオイルガン加工されたキャロウェーのウェッジ

54度
58度

Photo

Photo_2

一般的には、52,56,58をセットすることが多いと思うがこれまで頻繁に使用してきた56度では攻めきれずショートすることが多かったので同じ距離感で54で打てば少しオーバー気味になるのでは考えたからである。

今日は砂の影響で全く寄らず。
入らず。

バッグの中では存在を強調しているが。

次回は東児、山陽、国際

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

スコアーアップの要件

3月9日、岡山国際の上空の空は「青く、どこまでも広い」
春を通り過ぎ一気に夏が来たような陽気。

白梅が今は盛り、

さくらのつぼみは固く。

今週は国際のラウンドは2度目になる。

大きな期待を胸に秘め、0900 1番ティーグランドにたった。

一線で勤務していた頃と違い今はいつでもラウンドできる。

リタイア後はこれまで自由にラウンドできなかった分チャンスがあればラウンドすることをコンセプトにしている。
毎週1~2回はラウンドしており、これまでのように経験不足が言い訳にはならない。
しかし、現実は今まで以上にスコアーを悪くしている。

原因は、勝負にこだわるため1打をあきらめる勇気がないことにある。
スコアーを崩す原因はミスを取り戻そうとすること。
ミスがミスを呼び。
結果はあのミスがなければ・・・・・
などと「たら・れば」でその日のゴルフに満足していた。


今までは「プライベートラウンドでさえも勝負ととらえて1打を争うゴルフを追及してきた」。
全てのラウンドでスコアをに拘る。
それこそがラウンド上達への近道だと考えていた。

スコアーに拘らずもっとゴルフを楽しいものにするように心がける必要がある。

年とともに飛距離が落ちて行くことに気づき、飛距離を伸ばして力強いショットを打てるようになることが必要条件と考えていた。

上達への道とも・・・

いまやどんなにあせってもそんなに急に上手くなることは望めない。

そういう面からラウンド数を減らして、各ラウンドで比較的調子の良いゴルフをすることでスコアの向上を狙うべきだ。
今後は、ラウンド数を減らして、ショットの練習量を増やしたり、ラウンドに向けての体調管理に重点を置くようにしよう。

今の自分のスコアーアップの要件は体力の増加。

もう少しジムに行く回数を増やし基礎体力をつけるようにしたい。

ドライバーには飛距離
切れのあるアイアン
タップインする寄せと
距離のあるパットも「お先に」
ができるパット

何が一番重要かは決められないがゴルフで大切なのは戦術・戦略。

技量を考慮して無理のないプレーを選択すべきだ。

コースマネージメントと技術のほか大切なのは道具。

スコアーアップの要件の一つに適切な道具があげられる。

道具の買い替えはストレス解消の一手段として趣味のように購入してきた。
道具はおしゃれの一部と考えている。

今年新しくしたクラブ。


現在のエースドライバーになった
”フリーゲル”(自由な発想で拘束を受けない)
総重量  270gと軽いヘッドは最後まで振りぬける。
(ヘッド、シャフト、グリップに極限まで軽さを追及)

2013_001_2


ルールを越えたCT値、320(ルールは257以下)



白いヘッドとFITシステムで人気の

テーラーメイド R1

2013_003
これまでのR11と比較しアングルをさらに詳細に変えられる。
打感は芯を外すとボコといういうな!前のほうが良かったが飛距離は伸びたかな?。


追加したアイアンダイナクラフト

002

信憑性はないが米ツアーで人気?
シャフトも日本ではまだメジャーになっていないが「
KBSTOUR C-TAPER」
ノンステップのサテン仕上げがユニーク。
ヘッド重量5Iで256gはエポンと同じ。
仕上がり総重量5Iで406g
バランス/D2


エポンのシャフトをリシャフト。


003


シャフトはこれも「KSBカスタム」
価格はC-TAPARに比べ高い。
普通のカーボンシャフトなみ。
まだ、発売3か月でショップでもあまり知られていない。

このシャフトの特徴はステップはあるが表面を特殊加工していること。
このシャフトの一番の特徴はスチールシャフトでありながらカウンターバランスになっていて重量の割りに持ち重り感がなく、軽く感じること。
5Iで416g(グリップエンドにおもり調整で10g増加)あるがテーラーイレブンの260gと比べ重く感じない。

バランス/D2.5

ドライバーのフルショットに比較しアイアンはコントロールショットになるので振り切れる範囲の重さは重要と考えAプロが挿着しているAF702を試打した結果お気に入りとなった。

白色のシャフトは存在感充分。
上手になったような気が・・・・

これからは3セットあるうちエースアイアンとして使う予定。

AF502
は、エポンのなかで、ある意味どっちつかずな印象だった。
302程シャープではないし、702程飛ばない。中空アイアンで打感も少しぼやけている。

無難というか平均点というか特徴のない、イマイチ魅力に欠ける502。


しかし、
「顔が許容できる範囲で、易しいクラブを選ぶと満足度が高い」

この点は女性を選ぶ基準に似ているかな。


このAF502が、中途半端のように思えて、実は現状の自分には満足度が高いモデルではないか?

そういう判断から、AF502をエースにしている。

「多欲充足」 技術をカバーする道具はポテンシャル日常のストレスを解消してくれるもの。
アップした画像はアルバムに保存これからのクラブの歴史の記録としよう。
13日の赤坂、17日の東児、21日の山陽、28日の国際。
後一つくらいならいれても良いよ!

誰か・・・・・
出来上がったクラブの試打に行こう。

| | コメント (5)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »