« 良いことはいつまでも続かない | トップページ | BMI指数 »

2013年2月14日 (木)

春の知らせ

月日のたつのは本当に早い。
いつもの感傷だが。
時の経つを惜しみ、人生を惜しむ気持ちが深まる。

つい先ごろまで日が落ちる夕方になると鉢植えのパンジーが凍てつき寒そうにしていたが、

2月も半ばになり日差しがずいぶん暖かく感じるようになった。
庭の木にも芽がたくさん出てきた。
春の光を感じる温かい日が続いている。

今まで気が付かなかったが、すでに我家の庭にも春の訪れを知らる花が咲いていた。

Photo春一番の黄色い花。

福寿草が咲いていた。

「福寿草」は、幸せを招くと言う花言葉があるようだ。

我が家にも春の訪れとともに、幸せを運んでくれたら良いが。





他にも、チュウリップ、水仙、バラに大きなつぼみが育っていた。


立春とは名ばかりかと思っていたが目に見える春に感激。

青い空
Photo_2
何を想うでもなく

ただ

見上げた空

どこまでも続く

空の青さに心が癒される

|

« 良いことはいつまでも続かない | トップページ | BMI指数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良いことはいつまでも続かない | トップページ | BMI指数 »