« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

ゴルフ勝利の要諦 

私のゴルフコンセプトは第一義には楽しむこと。
プレー自体は戦略的にと考えているが、ゴルフそのものの楽しみは人と人とのコミュニケーションにあると思っている。

これまで私の場合、ビジネス関係のラウンドと職場の友人がほとんどであったが、リタイアした今はこれまでのゴルフライフは変化した。
所属クラブの定例競技とオープンコンペの参加が中心になっている。
1人でオープンコンペに参加して知らない人と回るのも楽しみのひとつ。
そうやって出会った人とのご縁も大切にしていきたい。

誘われたら断らないがコンセプトになる。
今週は積極的なゴルフ参加で急な誘いもあり今週は5回とプロなみのラウンドになった。

結果はコース攻略に無理をしないでプレーしているのだが、スコアーには無理が現れている。

OBなしでどうしてダボ、トリプルにしてしまうのか。

アプローチミスは少ない。
むしろうまい方だと自負している。
井原のラウンドでは、チップインが2回。
山陽のラウンドでは50センチ内が7回。

そしてこの4ラウンドではパターもよく入っている。

ゴルフ勝利の要諦は、
ドライバーの飛距離にある。
セカンドの距離が残れば無理がでる。

飛距離=ドライバーの性能

ということで、使用時選択肢が多くて困るドライバーの今後を考えて4本のドライバーを処分することにして、ゴルフパートナーに買い取ってもらった。

処分のはずがそのお金でまた新しいクラブを買った。
このあたりは、「ショッピング依存症症候群

パートナーオリジナルの商品その名は
「FREEGEL」

freegelとはfreeとflugelを組み合わせた造語。

自由な束縛のない、縛られない。翼、羽

このクラブはこれからのゴルフを変えてくれるものと信じている。
もっと飛ばしたいという私の夢をかなえてさらにゴルフを楽しいものにしてくれるであろう。

サービス品

1時間打ちっぱなし無料サービス券   10枚(1万円分相当)
手袋  2500円

少し遠いが、

17日  山陽
20日  国際
22日  御津
23日  井原
24日  後楽

体調、極めて健康。
体重 5キロ減量できた。
血圧 117/70

最近、気持ちのイラつきからタバコいたずらに吸ったのが悪かったのか痰が切れなくて不快だ。

やはりやめよう。

今週は日曜まで予定がないので温泉と練習、ジムを中心に頑張ろう!

| | コメント (1)

2013年2月17日 (日)

冬枯れのさくら

山陽GCの街路樹のさくらはようやくつぼみをつけたばかり。
2月の陽は弱々しく冬枯れしたさくらの木のつぼみはまだ小さい。
しかし一歩づつ確かに春に向けた息吹を感じることはできる。

自然が春に向け準備をしているのに反して、こちらの身体が年老いてきて草花の生命力に圧倒されるのだろうか開花はだんだんと遠くなる。

今日はパターを忘れパートナーのを借用した。

少し短め、グリップは太め。

いつものひっかけがなく気持ちよくラインが出せ、距離感もよくパットミスはなし。

前半はアプローチが良く10センチ、50センチ、1m位、50センチくらいに寄せたパットも決まり理想のゴルフができたが、8番ではドライバーミスを取り返そうと難しいところからの3Wが二度ミス、5打目のバンカーからOB。
6打目は1.5m位に寄せ1パット。
9点

戦略をミスった。

それまでのプレーのようにサード勝負に切り替えセカンドを良いポジションに持って行くというう戦術をとっていれば、寄せてパーもあり得たと感じたが距離のないロング、パーを取りたいとの意識からミスを繰り返した。

後半は寄せが決まらずダボ先行。

久しぶりにスイング写真を撮り確認したが全然悪い癖が治っていない。

一度ついた癖は簡単には取れない。

素振りでは上手くできたと思っていたのだが。

次回はもっと低く長いテークバックを取るように注意しよう。

腰の回転で上げることをもっと意識するように。
ヒョイと手で担ぐようにテークバックするから肩が入っていない。
思い切り背中が飛球方向に向くように注意すること。

そして振りぬきは左サイドに思い切って。

今の悪い点は昔のように思い切りがないことだ!

思い切って背中を回せ・・・・

| | コメント (3)

2013年2月16日 (土)

BMI指数

ラウンド前にしか行く気のおこらないジムに行った。
週、一二度のトレーニングではちょっとした運動にも息が切れる。

なんとかランニングを6km/hで30分、走行キロにして3.5km。
腹筋、背筋、ダンベル、スクワット、等1時間。

ゴルフレンジで30分。

BMI指数を測定してみると標準値25未満の23,1.
体重、前回測定から約3kg減。

最近は運動できていないが、突然、心の隙間から侵入した風邪の影響がでたようだ。

これを契機に後3㎏の減量をしよう。

測定結果

BMI=23.1(24.4)
体重=62.1(64.7Kg)  (標準58.5Kg)
体脂肪=10.4(11.3Kg)(標準 17.4%)
筋肉量=22.0(22.3Kg)(標準 34.4%)
内臓脂肪指数=90(90)
基礎代謝=1352Kcal(1391Kcal)
骨量=       2.3Kg
水分量=38.4kg(39.1kg)

判定

BMI ふつう
体脂肪  非肥満
内臓脂肪 注意

筋肉レベル(1~8)
全身 7(多い)
腕  8(多い)
足 5(やや多い)

注意点・・・・内臓脂肪  体重=3kg(6.2kg)

()内は前回測定結果

内臓脂肪指数の減量に注意。

甘いもの、肉を控えるようにしよう。

血圧  123/71 

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

春の知らせ

月日のたつのは本当に早い。
いつもの感傷だが。
時の経つを惜しみ、人生を惜しむ気持ちが深まる。

つい先ごろまで日が落ちる夕方になると鉢植えのパンジーが凍てつき寒そうにしていたが、

2月も半ばになり日差しがずいぶん暖かく感じるようになった。
庭の木にも芽がたくさん出てきた。
春の光を感じる温かい日が続いている。

今まで気が付かなかったが、すでに我家の庭にも春の訪れを知らる花が咲いていた。

Photo春一番の黄色い花。

福寿草が咲いていた。

「福寿草」は、幸せを招くと言う花言葉があるようだ。

我が家にも春の訪れとともに、幸せを運んでくれたら良いが。





他にも、チュウリップ、水仙、バラに大きなつぼみが育っていた。


立春とは名ばかりかと思っていたが目に見える春に感激。

青い空
Photo_2
何を想うでもなく

ただ

見上げた空

どこまでも続く

空の青さに心が癒される

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

良いことはいつまでも続かない

2月9日 岡山国際

ときおり吹く風がわずかに残った枯葉を飛ばす。
枯葉はあてもなく浮遊し空高く、遠くへ飛び去った。
すっかり葉を落としたさくらの木にはすでに新しい芽が吹いている。
春になると美しくさいた花をみることができるだろう。
暖かくなった日に穏やかな気持ちでみることができればいいが。

季節も人生もそしてゴルフもいつも穏やかな日が続くことはない。


世の中は心地よいことだけで構成されているわけではないのだから。

良いことはいつまでも続かない。
ずっとこのままでだったらと思っていても終わってしまう。
むしろ悲しみや、苦しみが連続することのほうが多い。
だからこそたまに起きるささやかな良いことに幸せを見出す。
人は幸せを求めつつ悲しみに耐え克服しながら死に向かって生きてゆく。

午前のハーフはトラブルなく穏やかなゴルフを楽しむことができた。

ショットがすごく良かったわけではない。
自分の実力以上のものは求めていない。

セカンドがパーオンする必要はない。

勝負はショートゲームで。

寄せて、パットでしのぐ。
これが自分のゴルフだ。

前半 42(13)  
パーオン、パー  2
寄せワン パー  4

パットの数はショットの数をしのいだ。
スリーパット 1

後半も・・・・

今日のアプローチには自信があった。

シャンクがでることはないだろう?

10番 140ヤード、カラー。ピンまで10ヤード。
寄せたい。寄せればパーをセーブできる。 ソケット、寄らずダボ

11,12、13とボギーをなんとかセーブしたが。

14番、久々の絶好のティーショットはセカンド残りピンまで70ヤード。
フェースを開いた右足下がりのショットはややショート。
5メートルの寄せがまたソケット。バンカーへ、寄らず、入らず ダボ。

16番、セカンドまではうまく行ったが、寄せがトップ、次も大きくオーバー ダボ
17番 セカンドまではこのホールもよかったがガードバンカーにいれ、サンドを使い出すのに3打。寄らず、入らず 痛恨の9点

後半 52

人は誰でも希望の芽を見出そうと今日を一生懸命生きてゆく

明日は分からないけど

今日という日を終え次の日を明日という日を生きる。

その日のためにだけいつまでも、行き着くところまで!

明日は明日のために幸せを求めて国際に再チャレンジ。

今日は少し腰が痛い。
まだ完全ではないようだ。
図書の貸し出し期限がきれ5日なる。

急遽読書に専念しようやく読み終わり返納。

新たに3冊借りた。

| | コメント (2)

2013年2月 6日 (水)

治癒力の低下

久しぶりに風邪を引いてしまった。

風邪と気が付いてからすでに3週間になる。


ばかは風邪を引かないと言うけど・・・。

ああああああああ

バカは風を引かないというのは嘘だ!

バカが風邪を引くと長引くようだ。

とりあえず、近所の内科医院に行った。

どうされましたかと聞かれたので「風を引いた」と答える。

医師は、ろくな診察もせずに「どうやら風邪のようですね」と分かりきった診断を下した。

私は産婦人科に来たのではない。風邪のようだから内科に来たのだ。

妊娠などしてない。

「お薬出しときますから」と訳のわからない薬を無造作に押し付けられた。

3日経っても一向によくならないばかりか症状はひどくなった。

薬がなくなり再院したら、風邪の症状がひどくなっているようです。

「薬を変えましょう」・・・・・・最初の薬はなんだったのか?

1週間後、熱も高くなった。ので3度目の通院。

今度も違う薬を投与され帰された。

危惧したとおり症状は最悪。

発熱、咳、痰、関節痛に苦しむ

発症以来、すでに10日が経過した。

1月30日、頭がボーットしてしんどい。
このふらつきは脳梗塞に関係ないか・・・・・
肺炎ではと・・・・
よけいな危惧が起こる。
薬も切れたのと日曜日ということで市民病院に行った。

今度は、
風邪症候群に束ねたりせず、きちんとインフルエンザウイルスという原因を突き止めるべくしかるべき治療を施すことになった
風邪の場合とは少し異なる。


手厚く、なるべく医療費がかかるように施すのである。


医師はインフルエンザウイルスを私の体内から見つけるべく、身を乗り出して診察する。

試薬ペーパーを鼻からかなり深いところまで挿入する。

医師の言ったとおり痛い。
肺のレントゲン。
血液検査。

かくして各種の検査をした結果、インフルエンザではないことを確認した。

観察力があり感受性豊かな私は、「インフルエンザであることを願っていたのだが」という医師のニュアンスを感じ取った。
もうけ主義で医術より算術に長けているようだ。

症状からしてそれはないことは分かっていた。
大体インフルエンザウイルスが症状もなく3週間も潜伏することはないのでは。

またしても怪しげな薬を処方され、休日診療費、休日・・・とか休日の付く診療報酬費明細書は3700円、薬代 1700円

合計 5400円

一日、我慢して医院を信頼して近所の医院に行くべきだった。

その夜から暖房を切り、加湿器を二つにして湿度を80%にあげ就寝した結果、急速に回復し朝には咳・痰の症状が軽減した。
やはり病は気から・・・・・病気を治すのは自身の治癒力のようだ!

ラウンドもできそうだが、5日のラウンドはキャンセルしジムレンジで練習した。

それにしても、最初はのどがいがらっぽい程度の風がなかなか回復しない。

抵抗力の低下か?

子供はインフルエンザで、高熱で食欲もなく下痢・おう吐に苦しみながら通院1日で完治。

発症から3日目には快復しスキーに行き。徹夜で遊んでいる。

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »