« 東児が丘GC月例結果 | トップページ | 頸椎症が緩和 »

2012年12月20日 (木)

凋落のさなか東児が丘

005_640x480_2

落ちてなお美しさをとどめる散り紅葉が凋落のさなかに見せるほんのひとときの輝き。
この穏やかなゆらめきのように、人生の時は流れていくものだろう。

冬のゆらめきを見ながら、やわらかな風とともに光が色づいている。
気温も気候も空気も気分も冬模様に変化しつつあるこの時に、『冬』の東児が丘に触れてみようと出掛けた。
天気がよくて遠く讃岐富士、屋島を眺望するツーショット251
空がだんだん遠くなり、やわらかな風とともに光が色づいている。
冬晴れの青に映える色合いは、

023_640x480_2青い葉っぱと、オレンジ色、紺碧の海。002皮が固いので輪切りにして食べてみた。

見かけはあまりよくないが甘くてびっくり。
おいしい。

ラウンドパートナーは

ゴルフのプロ・・・・

女子プロ2人、男子プロ1人

ゴルフを生業としている。

プレーヤーではないが真摯なプレーを淡々と、????

クラフトマンと名門コースのキャディーさん。
美人で有名・・・・・・・014_640x480モクレンのつぼみはまだ固い。

冬のグリーンは重い。
表示がされていなかったがおそらく、9以下ではないかと。
遅くて曲がらないグリーンも厄介だ。

スタートホール、10番、セカンド残り150ヤードが珍しくパーオンしたがスリーパット。
11番、4mをスリーパット。

今回は先日ほど力みがなく大きなフック、ひっかけはなかったが、・・・・
スコアーが悪いのは変わらず
パットだけのせいではないが?ショット以上にパットが悪かった。

久しぶりにスコアーをつけず楽しむことができた。

031_2

093

185

|

« 東児が丘GC月例結果 | トップページ | 頸椎症が緩和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東児が丘GC月例結果 | トップページ | 頸椎症が緩和 »