« 国際精励コンペ | トップページ | 凋落のさなか東児が丘 »

2012年12月16日 (日)

東児が丘GC月例結果

12月16日、そろそろ冬支度のはじまった東児が丘の野山。
落葉が始まり山の彩も冬の形相を見せている。
天気は曇りがちだが空気はよく澄んで、遠く四国連峰を望む。
眼下に見る瀬戸内海には漁船、定期連絡船が白波を立てて行き交う。
太陽に照らされた光る海がまぶしい。

周りの海とともに、このコースの特徴的なバンカーの白い砂が地中海的だ。
001_640x480_3
10番ティーングランドの落葉

040_640x4806番のすすき

010時折顔を出す太陽に照らされた光る海

023_640x480

場内には多くのみかんの木が大きな実をつけていた。

バックティー使用 6629ヤード

トーナメントティーより400ヤードほど短い。
女子のステップアップ大会よりは後ろ。

国際と比べミドルホールが長く感じた。

一方の国際はロング、ショートが長い。

全般的にはミドルの長い東児のほうがやや難しい。

それはラウンド結果」とHDキャップにもでている。

今日の使用ドライバー。   ナイキVRS シャフト ツアーADBB

フェース角を調整できるSTR8ーFITシステム

今日はドライバーが、最後まで引っ掛かり気味で左に行くことが多かった。

原因の一つにはFITシステムの設定がフックにセットしていたたこと・・・・・も

距離に負け力むことが多く腰の回転で打つことができず手打ちになりひっかけ玉が多かった。

アプローチがよくスコアーには出なかったが、気持ちの良いラウンドにはならなかった。

20日の東児では乗らなくていいといった気持ちで軽いスイングを重視したい。

44、46

その中でショート、4つがパー。
バンカー、アプローチがよかった。

013

011_640x480

001

|

« 国際精励コンペ | トップページ | 凋落のさなか東児が丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際精励コンペ | トップページ | 凋落のさなか東児が丘 »