« 1年の憂さ飛んで行け | トップページ | 2013年 初日の出 »

2012年12月31日 (月)

去年今年・・・・

「今年今年」
ほんの数分前まで去年であった、そして今は新たな今年

大晦日の今日の一日。
窓ふきを残し掃除は済ませていたので今日はゆっくりと大晦日を過ごした。

病院に妻を見舞い、ゆっくりと照りがでるまで煮込んだブリ大根を持って行った。
おいしそうに食べた。

意識障害が増加している妻だが、ある意味今は幸せであるかも知れない。
弱い体で家族の世話は大変だ。

帰宅後は玄関に正月飾り、床の間に花。

仏壇に花を添え、線香立ての灰も新しいものにかえ手を合わせ一年の無事を感謝した。

明るく照らす蝋燭、ゆらゆらと上がる煙をしっかりと目をあけて見つめ来年の無事を祈る。
線香の煙り香が部屋中に漂う。
線香の香りは気持ちを落ち着かせてくれる。

今年1年間で出会った連中よ、皆が幸せであれ!
いままで長い付き合いしてくれてる連中よ、もっともっと幸福になれ!
人の事情は折々変化し、日本に四季があるように、人の心にも四季はあるが人生にリセットボタンなんかない、前に進むしかない。

テレビは紅白で知らない歌が放映されていてる。
        

例年のように紅白が終了して去年から今年に変わる時、風呂に入り除夜の鐘の音を聞くことにしよう。
除夜の音を聞いていると、いつもこの瞬間を迎えると時が駆け足で過ぎ去ってしまうような気がする。

去年あったできごと、
去年できたこと、できなかったこと。
そんなことが浮かび、あまりの一年の速さに驚きを感じる。
人生の終焉をいかに迎えるのか、自分の一生が終わるっていう危機感もある。
この瞬間が、一番時間の早さを感じるとき。
だから、敬虔な気持ちを大切に


「一年を思い切りていねいに大事に」

今年は、朝早く起きて初日の出を見たいが・・・・・・

|

« 1年の憂さ飛んで行け | トップページ | 2013年 初日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年の憂さ飛んで行け | トップページ | 2013年 初日の出 »