« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

去年今年・・・・

「今年今年」
ほんの数分前まで去年であった、そして今は新たな今年

大晦日の今日の一日。
窓ふきを残し掃除は済ませていたので今日はゆっくりと大晦日を過ごした。

病院に妻を見舞い、ゆっくりと照りがでるまで煮込んだブリ大根を持って行った。
おいしそうに食べた。

意識障害が増加している妻だが、ある意味今は幸せであるかも知れない。
弱い体で家族の世話は大変だ。

帰宅後は玄関に正月飾り、床の間に花。

仏壇に花を添え、線香立ての灰も新しいものにかえ手を合わせ一年の無事を感謝した。

明るく照らす蝋燭、ゆらゆらと上がる煙をしっかりと目をあけて見つめ来年の無事を祈る。
線香の煙り香が部屋中に漂う。
線香の香りは気持ちを落ち着かせてくれる。

今年1年間で出会った連中よ、皆が幸せであれ!
いままで長い付き合いしてくれてる連中よ、もっともっと幸福になれ!
人の事情は折々変化し、日本に四季があるように、人の心にも四季はあるが人生にリセットボタンなんかない、前に進むしかない。

テレビは紅白で知らない歌が放映されていてる。
        

例年のように紅白が終了して去年から今年に変わる時、風呂に入り除夜の鐘の音を聞くことにしよう。
除夜の音を聞いていると、いつもこの瞬間を迎えると時が駆け足で過ぎ去ってしまうような気がする。

去年あったできごと、
去年できたこと、できなかったこと。
そんなことが浮かび、あまりの一年の速さに驚きを感じる。
人生の終焉をいかに迎えるのか、自分の一生が終わるっていう危機感もある。
この瞬間が、一番時間の早さを感じるとき。
だから、敬虔な気持ちを大切に


「一年を思い切りていねいに大事に」

今年は、朝早く起きて初日の出を見たいが・・・・・・

| | コメント (0)

2012年12月27日 (木)

1年の憂さ飛んで行け

年の瀬の晴れた日に思いっきりたたけ

1年の憂さを晴らすように、
思いのたけをこの小さな球に祈りをこめ、
来年が良い年であるように、
妻の病状が少しでも軽くなるように、

今日はアイアンはテーラーイレブン

ドライバー、FWはニューイレブン(シャフト、フブキ 50R)

イレブンは少し重め 総重量 310g???くらい
シャフトは中調子でRだが少し固め、そのせいか方向性は良い。

アウトコースからスタート。

ハーフトップ、センターをとらえる。
しなりを全く感じない、手打ち。
残り150ヤード 6I、    ひっかけプラスフックでサブグリーン。
ここまで曲げるか・・・・・・

寄せがグリーンがかちかちを忘れていた。
特にこのホールは日当たりが悪く、他のホールと比べても固い。
何とかグリーン内にとどめたが、7m。

2番、180ヤード 5W
多少、フックした場合を考え右サイド狙いが、まっすぐでサイドバンカー。
距離はぴたりだったことに、満足して20ヤードのバンカーショットが出るだけ、残り7~8mのパットがショートして、ダボ。

3番、思い切りひっかけOB。
プレホー 130ヤード 右に外したが50センチに寄せ、ダボ。

4番 センターをとらえたが残り160ヤード、5Iを右に外し寄せてパー。

5番 センター 残り 150ヤード 7mにのせパー

6番 センター 残り 200ヤード 50ヤード 寄せて パー

7番 ボギー

8番 OB プレスリーから寄せて ボギー

9番 ドラセンター→サード3Wセンター→120ヤード8mにオン スリーパット ボギー

44(13)  寄せがさえた。 後半も上がり3ホールは距離がありパーオンは無理。

16番 4m、ツー パット ボギー
17番 50センチ  パー
18番 2m パー

47(16)

年の瀬に白球を追うを見てカラスなく

7番のカラスは、「カー、カー」と

僕には「アホー」と聞こえた、11番では目の前で加えて逃げた。

冬の黄昏は早い18時、大きな満月は凍てついているように見えた。

年の瀬の黄昏照らす満月さびし

(一自由詩ではない短歌のつもり????)

| | コメント (0)

2012年12月23日 (日)

頸椎症が緩和

頸椎症発症から2か月強。

この1週間くらいから痛みが和らぎゴルフスイングトップ位置でのズキンとする神経痛。
仰向けに寝ることができない。
痛い側の左を下にすることができない。
寝返りができない。
パソコンを使用できない。
朝、起床時神経痛の痛みから起きるのが辛い。

こういった症状を感じなくなった。

レントゲン、MRI撮影の結果ヘルニアではないことがわかり、安心してリハビリをしたことが治癒した原因と思う。

頸椎症の原因はパソコンの長時間使用が原因であったようだ。

これまでの椅子がドレッサー用の椅子から、パソコン専用に変えたことで姿勢が適するようになったこともあった。

椅子は結構高額だったが、専用は体に負担が少ないようだ。

Isu_001_2
明日からようやく遅くなったが年賀状作成にかかろう。

| | コメント (4)

2012年12月20日 (木)

凋落のさなか東児が丘

005_640x480_2

落ちてなお美しさをとどめる散り紅葉が凋落のさなかに見せるほんのひとときの輝き。
この穏やかなゆらめきのように、人生の時は流れていくものだろう。

冬のゆらめきを見ながら、やわらかな風とともに光が色づいている。
気温も気候も空気も気分も冬模様に変化しつつあるこの時に、『冬』の東児が丘に触れてみようと出掛けた。
天気がよくて遠く讃岐富士、屋島を眺望するツーショット251
空がだんだん遠くなり、やわらかな風とともに光が色づいている。
冬晴れの青に映える色合いは、

023_640x480_2青い葉っぱと、オレンジ色、紺碧の海。002皮が固いので輪切りにして食べてみた。

見かけはあまりよくないが甘くてびっくり。
おいしい。

ラウンドパートナーは

ゴルフのプロ・・・・

女子プロ2人、男子プロ1人

ゴルフを生業としている。

プレーヤーではないが真摯なプレーを淡々と、????

クラフトマンと名門コースのキャディーさん。
美人で有名・・・・・・・014_640x480モクレンのつぼみはまだ固い。

冬のグリーンは重い。
表示がされていなかったがおそらく、9以下ではないかと。
遅くて曲がらないグリーンも厄介だ。

スタートホール、10番、セカンド残り150ヤードが珍しくパーオンしたがスリーパット。
11番、4mをスリーパット。

今回は先日ほど力みがなく大きなフック、ひっかけはなかったが、・・・・
スコアーが悪いのは変わらず
パットだけのせいではないが?ショット以上にパットが悪かった。

久しぶりにスコアーをつけず楽しむことができた。

031_2

093

185

| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

東児が丘GC月例結果

12月16日、そろそろ冬支度のはじまった東児が丘の野山。
落葉が始まり山の彩も冬の形相を見せている。
天気は曇りがちだが空気はよく澄んで、遠く四国連峰を望む。
眼下に見る瀬戸内海には漁船、定期連絡船が白波を立てて行き交う。
太陽に照らされた光る海がまぶしい。

周りの海とともに、このコースの特徴的なバンカーの白い砂が地中海的だ。
001_640x480_3
10番ティーングランドの落葉

040_640x4806番のすすき

010時折顔を出す太陽に照らされた光る海

023_640x480

場内には多くのみかんの木が大きな実をつけていた。

バックティー使用 6629ヤード

トーナメントティーより400ヤードほど短い。
女子のステップアップ大会よりは後ろ。

国際と比べミドルホールが長く感じた。

一方の国際はロング、ショートが長い。

全般的にはミドルの長い東児のほうがやや難しい。

それはラウンド結果」とHDキャップにもでている。

今日の使用ドライバー。   ナイキVRS シャフト ツアーADBB

フェース角を調整できるSTR8ーFITシステム

今日はドライバーが、最後まで引っ掛かり気味で左に行くことが多かった。

原因の一つにはFITシステムの設定がフックにセットしていたたこと・・・・・も

距離に負け力むことが多く腰の回転で打つことができず手打ちになりひっかけ玉が多かった。

アプローチがよくスコアーには出なかったが、気持ちの良いラウンドにはならなかった。

20日の東児では乗らなくていいといった気持ちで軽いスイングを重視したい。

44、46

その中でショート、4つがパー。
バンカー、アプローチがよかった。

013

011_640x480

001

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

国際精励コンペ

真冬日が続いていたが今日は久しぶりに静かで暖かい日になり、絶好のゴルフ日和。

今年の国際利用者の精勤者だけが参加できるコンペが行われた。

晴れ時々曇りの天気だが風もなく穏やか、日が陰ると少し寒いがプレーに影響するほどでは

ない。

国際のプレーはおそらく今年最後になるだろう。

今日の着眼はゆっくり、手先で操作しないで腰の回転で大きなスイング。

使用クラブは今日はRVZ。

前回はナイキ(ツアーAD)

今回はRVZ、ナイキに使用していたアッタス4にリシャフト。

先調子だからしなりを使ったスイング・・・・・・・・・

シャフトは変わってもスイングの基本はゆっくりしたリズムで無駄な力を入れないこと。

ヘッドを遅らせ腰の回転を意識するようにしたい。

スタートホール10番、腰の回転を意識し過ぎたのかヘッドの帰りが遅れ右に出す。

セカンドは左手のターンを意識し過ぎ力が入ってフック。

寄せは5mオーバー。   ツーパット ボギー

11番は腰の回転を意識。 センターをとらえたが腰の回転不足左が突っ込みヘッドの上部に

あたり球筋が高い。

頸椎症以来練習もラウンドの回数も少なく、調整しながらのラウンドだったが、アプローチとパ

ットがよくいつも自分が追及するゴルフができ、ダボなし。

前半 ボギー 6
後半 ボギー 4

トータル 42/40   第6位に入賞

年内は東児が丘の月例と同じ東児でのプライベート、の2回。

年末に一つぐらい入れてもいいかな。

002 11番 センター、130ヤード 右奥から2パット パー

00312番ロング センターからセカンドがプッシュアウト。

サードグリン右手前の大きな木がスタイニーで木の左からグリーン左サイド よらず 2p ボギー

00413番ショート

160ヤード ピンまで5mにオン

パー

005
16番 テンプラ

かろうじて左ぎりぎりセーフ サードが120ヤードがよくパー

006

17番 セカンド 170ヤード 右ラフ

よらず ボギー

012

サード 50ヤードを50センチ パー

015

017

右に外し30ヤードのバンカー

2mを入れパー

16,17,18番とショートアイアンがよくパーセーブ

010

3番ホールでは鴨が白い波のスジをたてながら泳いでいた。

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

真冬日に

いつものゴル友に誘われ県西部のゴルフ場へ。

長引く頸椎症の痛みのため2日連続のラウンドは厳しいので月例をキャンセル。

今年も優勝がないので月例に参加したかったが、

天気予報は曇り、気温は上がらない真冬並みの気候とあったがまさか雪になるとは。

雪の舞う12番ショートホール。

004_2
グリーン手前は池、左は下がっており運が悪いとグリーンに落ちたボールでもOBになること

もある。

Aプロはクラブ選手権決勝ラウンドでこの12番(180ヤード)でホールインワンを達成。

003記念植樹

150ヤード、7番アイアンでピン手前5mのカラーへ。

芝のないベアーグランドから3mに寄せたが入らずボギー。

今日は昨日ナイキのドライバーシャフトをアッタス5からツアーADにリシャフトしたナイキを

使用。

ADは手元調子でひっかけが減るのではないかと考えたのと白にグリーンを基調にした

RVZにはグリーンのアッタスがおしゃれな感じがした交換。

ヘッド重量はRVZのほうがやや重。

シャフト重量はどちらも軽量で50g台。

アッタスはヘッドに走り、先調子のしなりを感じる。

001今日の使用結果は10番、11番ともに左へ・・・・・

左手のターンが強すぎたようだ。

12番ショートを終了したところでクローズが決定。

いろいろ電話してみるがどこも満員でいたしかたなく帰りに温泉に・・・

肩を癒す。

| | コメント (2)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »