« さくら紅葉の頃 アプローチに泣く | トップページ | 今日は雨 »

2012年10月 9日 (火)

何がいけないか分かっている

10月8日 
国際、入り口の氏神様では秋の五穀豊穣を祝うものか!祭りがおこなわれ、
そろいの法被を着た子供たちがきれいに飾った山車を引き氏子の家々を回っていた。
小さな子は母親に手を引かれ、山車の後を追い。
皆、楽しげだ!
大きくなったころ楽しい田舎の思い出として残ることだろう。

鎮守の祭りに良い思い出をいっぱい。
楽しい幼少時代をいっぱい。

私もそれなりに秋祭りが楽しかった。
祭りが楽しみで待ちわびていた。

鎮守様はお祭りの時は普段と見違えるように、長い石段沿いに夜店が何軒も出て、色々な物を売る店が出て、他愛のない店だが今と違い当時は子供達の興味をそそるには充分であった。

田舎の祭りには思い出がいっぱい。

神社周辺の景色もいつの間にか秋も深まり周りの田んぼも黄金色に輝き、
柿の実も大きく膨らみ色づいていた。
Photo

Photo_4
急きょ国際でラウンドすることした。

目的は、急に下手になったゴルフの開眼を確認すること。


太陽が雲に隠れているとき雲の間から見える薄明光線に照らされた岡山国際GC。
太陽光が散乱されて光が放射状に広がっている一筋の光芒・・・・

光芒に照らされスコアーアップなるか!


何がいけないか分っている 
 
                 いったい何度目の繰返し

   
                                     進歩がないんだな



最近のラウンドでビッグイニングから抜け切れない。

原因はシャンク。

残り、30ヤードだ。
ここは得意のアプローチで寄せてパーだ
このホール、ここまでドライバー、ユーティリティとまずまずだった。
ちょっと距離が長いミドルなので、パーオンこそできなかったが、このアプローチを上手く乗せれば、パー。

30ヤードは自分の一番得意な距離だ。
52度のウェッジを腰くらいの位置まで上げて、そのまま振り下ろせば良いのだ。
そして、このエポン208KGXは球はほとんど転がらないから、カップ手前に打てばジャストだろう。
ショートすることなくデッドだ!
難しく考えることはない。
と自信を持って振り抜く。

と次の瞬間、ボールが視界から消えてしまう。
なんと、ボールは右横に飛び出していってしまった。

見事なシャンク。

こんなミスショットが、前回ラウンドで3回ほど出てしまった。
トップやダフリといったミスも、狙った距離が出ないことになるから、スコアメイクの上では痛い。
シャンクも同様であるが、こいつは心にも痛いのだ。
なんとなれば、トップやダフリは距離は狂うが、方向はほぼ狙ったところに向かう。
しかし、シャンクはまったく想像もしていない方向に飛び出していくのだから。


最近の練習でアプローチのシャンクの矯正を図った。

手打ちでなく腰の回転で
トップから動き出すのは手ではなく胸
腰の回転
手はトップにおいたまま腰を回転さす
体の正面を飛球線方向に向ける

結果はシャンク1回

ショートホール

180ヤード 3m
160ヤード 50センチ

寄せは良かったが?

パットが引っ掛かる

すべてがうまくいくことはないようだ。

43.46と久しぶりの80台。

1打だが90を切れば80台だ!

あすは山陽。前回は大波の54、39と荒いゴルフをしたが、明日は安定したゴルフをしたい。

ゆっくりと大きなテークバックから腰の回転、右肩をボールにぶつけるイメージが良いようだ。


 

|

« さくら紅葉の頃 アプローチに泣く | トップページ | 今日は雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくら紅葉の頃 アプローチに泣く | トップページ | 今日は雨 »