« いとこが逝った | トップページ | 送り火 »

2012年8月14日 (火)

レイトヒット

立春とはいえ暑さは今が真っ盛り。
8月13日、曇り。
時々きれる雲間から青空がのぞき日が射すこともあったが、気温はさほど高く上がらず絶好のゴルフ日和になった。Photo_2

パートナーとは7月1日鷲羽GC以来のAプロ。
Aは最近正式競技でグロス68を出している。
N氏は安定したゴルファーで80台前半。

いつも国際で一緒にラウンドするアベレージゴルファーと違ってパートナーに不足はない。

自分が、
今日のプレーで意識すべきポイントはもうハッキリしている。

とにかくボギー以上を叩かないこと

これさえ出来れば、
間違いなくスコアが更新出来ると過去のデータからも明らかになっている。
さらに、今回一緒にプレーした同伴者から僕の出来栄えを確信できる状況が揃っていた。

この2人の強者に囲まれてのプレーなら、
彼らのリズムが好影響することは間違いない。
当たり前の様にパーを取り、
バーディーチャンスを連発し、
時には「イーグル!?」なんていう場面も訪れるかも知れない。
すべての条件はベストスコアー更新の状況が整っていた。

素晴らしい景色と、高原の爽やかな風に包まれて、
10番ティーショットを放って行った。

プッシュアウト。
悪い癖が修正されていない。
極端なつま先上がりで出すだけ。
残り130ヤード。
力まないように注意したショットはピン上1m。
ここまでは戦略的に功を奏したといえる?
しかし、遅いグリーンに合わずツーパットのボギー。

11番ショット、今度はしっかり左手のターンに注意してセンターをとらえるがセカンドがショート。
スリーオン、スリーパット。

この時点で遅いグリーンに気がついたが最後まで傾斜とグリーンの速さが合わず、フォーパットがあったり、あんながあったりで
目標のダボが2

前半が終わってのスコアは「45」
パット数は「16」

パートナーの二人は両者「36」

よしっ!この調子で後半に勝負を掛ける!!と、
ランチを腹いっぱい食べながら
改めて心に誓う。

が思うようにいかず最近過去3回のプレーでスコアーを崩す原因になっているシャンクが後半に2回出現。
最悪はショートホールで「8」これで終わった。

後半「51」

なんとか100は切れたが・・・・・・・

なんとかこの癖を直さなくては。

原因は「レイトヒット」の 意識の持ちすぎ。
インサイドからの意識がヘッドの出を遅らせペチャ

夏の闘いは後半は連続する。
暑さ対策を充分して、技術的には左手のターンに注意したい。

|

« いとこが逝った | トップページ | 送り火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いとこが逝った | トップページ | 送り火 »