« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

脳梗塞発症 4か月

暑い、猛暑、灼熱、暑い暑い・・・・・
外に出るには、気合いを入れ覚悟を決めていかなければ。

脳梗塞発症以来、4か月

発症当初は症状が軽く早くよくなる。
との予想に反し、
指先の動き、舌の麻痺、口元のしまり
に後遺症が残る。

頭のふらつきがとれない。

暑い夏のラウンドに不安があるが、・・・・・・

このふらつきは脳梗塞に関係なく、次第に良くなるとのこと。

最近ふらつきが起因してジムに行くのがタイギでご無沙汰しているが健康維持向上のためにもいかなくてはと決意。

とりあえず来週から頑張ることにした。

あさっては、後楽でラウンド。

練習に行くにも決死の覚悟が必要で、行きたいと思っただけ。

気だるい。

花も水を欲しがっているようだ。

Hana


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

山陽GCの夏の闘い 

今日の開眼。
グリップを緩めないが強く握らない。

そのことで手先でこねることがなくなり、ミート率が上がる。

グリップをしっかりにぎることでスイングがゆったりとなる。

スイングではトップで1秒の間を取ることができれば、ほとんど成功する。
ボクのミスの大半は、打ち急ぎによる捻転不足にあるからだ。
それはあせりとか飛ばしたいとか寄せたいとかの精神的な部分からきている。
1秒の間を取ることで、肩は回り、邪念は解消され、素晴らしいスイングが完成しているのだ。

ゆったり振ることでしっかりと叩け安定したショットができる。

山陽GC結果

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

2012年・夏バージョン

8月17日 山陽GCでラウンド。
使用クラブは、
アイアン・・・・テーラーメイド   R11
FW・・・・テーラーメイド  R11 
ウェッジ・・・・・・・・・・・・・・キャロウェー (52°、56°、58°)
パター・・・・ホワイトオデッセ(長尺)

ドライバー・・・・ナイキ(OMEメーカーとして有名な遠藤製作所作成)

ウェアー・・・・・ つるやのハウスマヌカンの御嬢さんがコーディネートする
バッグ、クラブ等々すべてブルーを基本にした夏バージョン。

Photo_2

60才も半ば過ぎた私には少し派手なような気もするがウェアーと道具は心の支え。

今の自分の気持ちを満たしてくれるのはおしゃれと道具。

シャフトはすべてフブキにリシャフト。
フブキが一番合っているような気が(気だけ・・・・)。

技術的なことはよく解らないが一番使いやすいような・・・・・・・

        
練習にいくことはあまりないが、毎日のように行くつるやの試打クラブの練習が同じ好条件の中での練習が上達の障害になっているかもしれない。

少欲知足という言葉がある。
「欲を少なくして、足ることを知る」という意味のようだが、ゴルフに例えるなら、ゴルフは道具でするな不足を練習で充足せよということになるのか?

煩悩の多い私は多欲充足
こういうふうにすると、ずい分ストレスから解放される。
今の自分のストレス解消は買い物。

今日の目標は、OBを打たない事
シャンクをださない事。

これだけ出来れば、結果はおのずと付いてくるだろう・・。

という決意で望んだ10番、いつものようにセンターをとらえる。
セカンド 170ヤード
このホールは意外とのぼりがきつく2クラブくらい大き目のほうがいいというアドバイス。
4Uがカラー、寄せてパー

ティー、セカンド、サードミスして残り160ヤードを5鉄で1メートルにつける信じられない、これもゴルフを繰り返しながら今回は何とか90を切る。

結果は明日、youtubeに編集。

明日は国際
明後日は新岡

後半戦は27日後楽から

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

送り火

Photo_2 お先祖様が我が家に帰ってきてくれたかどうかはわからないが、けじめとして今日は送り火を焚き蝋燭をともし手を合わせて一心にお祈りをした。



ゆらゆらと揺れる蝋燭の明かりははかなくて悲しい。

先ごろ若くして逝ったいとこはどこに帰ったのかなと思ったりした。

実家から遠い我が家ではご先祖様もこの明かりに気が付いてくれないのではないか。

本来なら実家に帰ってご先祖様とお盆の期間一緒に過ごしたらいのだろうが。

子供のころは祖父を中心にして墓所までおもむき墓参りの後、蝋燭に火を移し自宅まで消さないようにそ~っと持ち帰り自宅の祭壇に火をともし祀っていたがそうした宗教行事もだんだんとすたれ先祖を守ることのできない世の中になってしまった。

お盆が終わると昔は近くの川にお供え物を流していたが今は環境汚染の見地から禁止されている。

夕食後、牛、馬などのお供えを持って近所の精霊受付所に持って行った。

今の居住地では近所の公園に精霊送りの祭壇が用意されそこで供養をしてくれる。

録音された般若経がながされ厳かな気持ちで蝋燭の火から線香に火をつけ手を合わせた。

Okuribi_001_2

どうか皆が幸せに過ごせますように・・・・
お守りください。




紅い目印となり

遠い

空から

此処が

見えますように

私が

見えますように・・・・





| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

レイトヒット

立春とはいえ暑さは今が真っ盛り。
8月13日、曇り。
時々きれる雲間から青空がのぞき日が射すこともあったが、気温はさほど高く上がらず絶好のゴルフ日和になった。Photo_2

パートナーとは7月1日鷲羽GC以来のAプロ。
Aは最近正式競技でグロス68を出している。
N氏は安定したゴルファーで80台前半。

いつも国際で一緒にラウンドするアベレージゴルファーと違ってパートナーに不足はない。

自分が、
今日のプレーで意識すべきポイントはもうハッキリしている。

とにかくボギー以上を叩かないこと

これさえ出来れば、
間違いなくスコアが更新出来ると過去のデータからも明らかになっている。
さらに、今回一緒にプレーした同伴者から僕の出来栄えを確信できる状況が揃っていた。

この2人の強者に囲まれてのプレーなら、
彼らのリズムが好影響することは間違いない。
当たり前の様にパーを取り、
バーディーチャンスを連発し、
時には「イーグル!?」なんていう場面も訪れるかも知れない。
すべての条件はベストスコアー更新の状況が整っていた。

素晴らしい景色と、高原の爽やかな風に包まれて、
10番ティーショットを放って行った。

プッシュアウト。
悪い癖が修正されていない。
極端なつま先上がりで出すだけ。
残り130ヤード。
力まないように注意したショットはピン上1m。
ここまでは戦略的に功を奏したといえる?
しかし、遅いグリーンに合わずツーパットのボギー。

11番ショット、今度はしっかり左手のターンに注意してセンターをとらえるがセカンドがショート。
スリーオン、スリーパット。

この時点で遅いグリーンに気がついたが最後まで傾斜とグリーンの速さが合わず、フォーパットがあったり、あんながあったりで
目標のダボが2

前半が終わってのスコアは「45」
パット数は「16」

パートナーの二人は両者「36」

よしっ!この調子で後半に勝負を掛ける!!と、
ランチを腹いっぱい食べながら
改めて心に誓う。

が思うようにいかず最近過去3回のプレーでスコアーを崩す原因になっているシャンクが後半に2回出現。
最悪はショートホールで「8」これで終わった。

後半「51」

なんとか100は切れたが・・・・・・・

なんとかこの癖を直さなくては。

原因は「レイトヒット」の 意識の持ちすぎ。
インサイドからの意識がヘッドの出を遅らせペチャ

夏の闘いは後半は連続する。
暑さ対策を充分して、技術的には左手のターンに注意したい。

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

いとこが逝った

24年8月2日 満月の夜、享年64歳で兄妹のように育ったいとこが逝った。
若い姉妹3人を残して。

満年齢63歳。
長い闘病生活(ガン)の後。

若い娘たちを残してさぞ心残りで残念であったと思う。

お別れがつらく、悲しみをこらえて小さな声で「さよなら」を言った。
長い闘病で食がなかったから痩せ衰えていたがその死に化粧はきれいだった。
もともときれいなひとだったから。



ふと、あいているカーテンの間から、
明るい光が外からふりそそいでいるのに気づいて
外をみてみると、満月だった。

しばらく部屋を暗くして月を見ながら
いとことの幼い日を思い出した
 

いとこは月に行ったのかな!
月では苦しみから逃れ、幸せになってほしいと願った

人が生きる理由とは…

それは、生まれたから

全生物の生きる理由は、一つしかない
生まれたから
生まれたら、死ぬまで生きる

だれでもたどる道だがそれはあまりにも無情だ
どうしてこんなに早く
短い命しか与えてくれないのか


だから、今日、生きているだけで幸せに感謝したい
いとこの分まで

今日、死ななかった
それだけで、幸せ
月を見ていると、そんな事を考えてしまう

さようなら。僕もすぐ行きます。

2007年10月14日、いとこの次女の結婚式。

音楽をとくいとする兄妹の音楽演奏










| | コメント (1)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »