« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

手術を前にして

妻は転院以来、一度も目を開けたことがない。
意識レベルの低い中で手術のための検査が毎日行われている。
頭内には水頭症の水の量を調整するバルブが
胸にはカニューレが
非常時のための動脈の確保用の針が痛々しく細くやつれた手足に刺さっている。

妻として、母として今を一生懸命に生きているのだ。

言葉を喪い、感情を表出する手段を喪っても、 妻には伝えたい想いがある。
その深くて温かい想いは、確かに、手をつないでいる私には伝わって来る。
想いとは、目には見えなくとも、ちゃんと相手には伝わっている。

想いという字は相手の心と書いて、成り立っている。

私が妻を想う時、私の魂に妻の想い(言葉)が届く
それは感動・・・・・
感動の主体は、自分の中に存在する
感動して、涙を流す。
流すのではなく、自然と涙が溢れだす。

沈黙の妻であるが、母親であるが
まだここに居てくれている。

もう一度だけで良い、我が家に咲く花を見せてやりたい。
リフォームした台所に立ってもらいたい。


明日は外科の先生から説明がある。






難しい手術になるようだ・・・・・・・




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Photo

Bara_3

Petinia

Photo_2 初めてアサガオにつぼみが着いた。 Photo

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (1)

2012年6月19日 (火)

転院

病名は「摂食障害」
医師から現状の説明を受ける。

理解はできないと思うが自分のことで話し合っていると感じたのか?

一生懸命訴えている。

どうやら手術を受けるかどうかは自分できめると言っているようだ。

祈ることも決してやぶさかではないが、祈ることによって現状から物理的に成就することはない。
たまさかの偶然を神の御業と称するのは勝手だが……。
ただ祈ることをもっぱらにし人事を怠れば、事態は好転するどころか後退することもありうる。

祈ることしかよりどころがない状況でも、神は無力だ。 が、しかし祈らざるをえない。

医師を頼り・・・・

神をたより・・・・

妻の生命力に頼るときがふたたび、みたび・・・・・・

今年の庭は例年に比し花がきれいに咲いた。

一度見せてやりたいが、せめて写真で・・・・・・

Bara

Hana_3_2Hana_5

Hana2_2

Momiji_3

Photo_5

Photo_4

Photo_3

Hana2

Photo_6

Photo_7

Hedera

Photo_8

Photo_9

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

機能を失う


好きだった六月

嫌いになった六月

いろんな六月が
時計の音とともに流れていった・・


昔は、六月には田植えもおわり
雨さえ、心を和ませる・・
そんな季節だった・・

いつしか
時の流れが
小さな小川から
濁流の大河になり・・
そして、
今では
側溝に流れこむ
雨水になって・・・

寂しいでもなく
悲しいでもなく



平成20年11月29日妻を突然襲った全身痙攣発作。
くるおしい闘病生活の洗礼を受けて以来、4年。

神を信じて祈り続けたものの、疑念と絶望は深まりつつある。

神に祈ることは、鎮魂の域を出ないことを、認識すべきであろうか。

妻は敬虔なクリスチャンで、今あることも神に感謝しており日々の苦痛からも助けられている。

しかし、時とともに身体機能を失い続け、
歩行、指先の硬直、呼吸、脳性まひ、食事・嚥下

妻が発病から4年が経過した今でも、病はつぎつぎと進行している。
だんだんと失っていく機能。

痙攣発作を抑えるためには胃から薬を吸収させなければならない。

呑み込みができず服薬、喫食を拒否する。
なんとか好物と一緒にと思うのだがかたくなに拒む。

仕方なく経鼻から栄養補給と薬を投与しているが、鼻にとおった管がいやで抜こうとする。

再挿入が困難なので手を拘束する。

人権はない。

苦しい毎日を見るのがつらい。


希望を捨ててはいないが、持ってもいないという微妙なスタンスのもとで、

安穏に暮らすことができればと思っている。

いつの日か、満帆に帆を上げて航海できる日を夢に見て。

力まずに、頑張っていくしかない。

鼻にチューブをおくことは苦しく胃瘻をつけることになった。

手術は内視鏡下に行われ簡単なものだが?

血小板減少症の妻には命を賭した手術になる。

なんとか安全に終わってくれたらいいのだが。

人は何のために生きるのか・・・・・

こんな拙い文章でも書けば落ち着く・・・・・

手術の成功を祈りながら・・・・


| | コメント (2)

2012年6月17日 (日)

リベンジ

Photo

碧い空、ゆっくりと流れる白い雲、水田に映る 穏やかな景色。

ラウンド後の帰路、西の空を望むと穏やかに白い雲がゆったりと流れている。

昨日の雨はすっかりあがり、田植えの終わった吉備平野の水田が鏡のように白い雲を映し出す田園風景。

梅雨の雨は嫌いだが梅雨の間の晴れ間のこの景色は好きだ。

昨日の雨中のプレーのあまりにも無様なゴルフに好天に恵まれた今日は意を決して再チャレンジした。

クラブもエースのエポンセットから、白色のテーラーメイドイレブンのフルセットに変え。

イレブンはシャフトがドラもFWもアイアンもすべてフブキにリシャフトしてエポンに比し多少軽めにセットしてある。

それでも、ゼクシオなどのクラブと比べると多少ハードだ。
筋力が落ちパワー不足の自分にはちょっと・・・・・・

できるだけテークバックを低く・長く・多少インサイドにを心掛けた。

昨日は力みがちで球筋が安定しなかったが、今日は100%のショットが続きアイアンもピン筋に打てた。

注意点は腰の回転。

昨日に比較しトータルスコアーが15打少なく上がれた。

惜しいぱっとも何度かあり、悔しさも感じながら、今日の出来に満足。

5(2),3(2),4(1),5(2),5(2),5(2),5(2),3(2),6(3)=41(18)

4(2),4(2),6(2),4(3),4(2),4(2),6(2),6(2),6(1)=44(18)

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »