« 小雨にけぶる東児が丘 | トップページ | 病魔との闘い »

2012年3月13日 (火)

災いは忘れた頃に訪れる

3月9日夕
気だるさを感じ、週末のラウンドのためのトレ−ニングを取り消し帰宅。
1900頃、パソコンの入力時左手指に違和感。
24時、翌日と考えていたが不安を感じ病院へ。
午前2時、診断結果、脳梗塞が判明
即入院し、血流を良くする点滴をはじめる。
治療効果を期待するが、
この治療で梗塞が取れることはない。
麻痺も多少残るかもしれない。
完全に治る事はなく本人の努力による。
再発の可能もある。
と聞き、病状の悪化と将来に不安を感じる。
医師という職業はやはり人の痛みは感じ無いもののようだ。
冷酷さを再認識。人の痛みを感じないのが医師、一々人の痛みを自分に置き換えることはない。
10日、
発症以後の悪化はないが改善はされていない。
このまま良くはならないのだろうか。
11日
変化なし。
足が上がりにくい。
握力、右37*左26
12日
リハビリ開始。
呂律がまわりにくく口内をかむ。
簡単な指先の作業ができない。
認知障害のテスト。テストするまでもなく脳は小さい頃からネジが一本足りないことは認識していた。
最近のゴルフでもアドレス後、どう動けば良いのか分からないことがしばしば。
パー4で、結果が4であったか8であったかわからず、よく考えてみたら8であったという事もあった。
先生のいう数を逆にいう認知テスト。
八桁までは応えられるが9桁は無理。
このあたり、は前職の体験。
認知症はゴルフだけのようだ。
13日
発症5日目。
医師から、今後24時間の点滴から一回三時間にかえる。
家に帰っても良い。との指示。
急性機の病院での処置は終わった。これから先の病状の悪化に不安を持つ。
午後、二回目のリハビリ。
少し症状の改善。足が上がり指先の動きがよくなる。発症して、初めて妻の苦しみを感じ妻の初期症状に気がついてやれなかったことがすまない。
《体験してはじめて身につくんだなぁ》(あいだみつお)

病床の窓から遠山を望むと、山里には山桜が咲きはじめたのか、うすべに色に輝いて見える。

願わくば
 花のしたにて
春死なん
その如月の望月のころ

人はいつかは死ぬものであるが、希望をなくしても生きていかねばならないものなのだろうか?
このまま朝がこなければ良い。
朝、起きて手足が自由になった夢をみた。
春風の花を散らすと見る夢は覚めても夢のさわぐなりけり
病床にて、

|

« 小雨にけぶる東児が丘 | トップページ | 病魔との闘い »

コメント

デカさん、あおちゃんへ。
早速のコメントありがとう。
ずいぶん遅くまで起きているのですね。
朝、目が覚め確定でき良かった。
朝起きたら治ってる夢をみました。おかげさまで今日は少し指先の動きが良いようです。
日々良くなることと思って。
弱気のことを書きましたが、デカさん、あおちゃん、おっちゃんにゴルフで勝つまでは死ぬわけにはいきません。
ギャグのつもりです。
妻のためにも頑張ります。
今日もリハビリがあります。
小さな出来心に希望を持っようにします。
敷島の大和心を人とわば旭ににおう山桜花。


あおちゃん、デカさん、おっちゃんに負けた時はいさぎよく死にます。デカさん四国はさっちさんのせっかくの誘いですが、あおちゃんの都合で日曜の日帰りになります。
良かったら一緒にどうでしょうか。

投稿: 風 | 2012年3月14日 (水) 07時42分

びっくりしましたよ!!
パソコンしてるときによく気が付きましたね~
早期発見でよかったですよ
生きてる喜びを感じてリハビリを頑張ってくださいね
5月末に高知で会いましょう

投稿: デカヘッド | 2012年3月13日 (火) 23時55分

速く元気になって、ゴルフしましょう。

投稿: あおちゃん | 2012年3月13日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雨にけぶる東児が丘 | トップページ | 病魔との闘い »