« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

春はまだ遠い・・・・

昨日は午前中、しとしとと遠慮がちに春を含んだ雨が木々濡らす。
今日は雨は上がったものの大きな黒い雲が空を覆う。
開き始めた梅の蕾みも思わずすぼんでしまいそうな・・・・
やはり、春は名のみ頑固な寒さが続く。
しかし、梅一輪はいちりんだけ、確かな暖かさを運んでくる。

庭のバラの木も小さな春の芽が吹き始めた。
枝先には小さなつぼみと雨の雫をさり気なく身に付け輝いている。

昨年、暮れプランターに植えたチュウリップも、まだまだ小さいがわずかだが芽を出した。

三寒四温と春と冬のはざ間を忙しく行き来しながら季節は移りいくのだろう。

三寒四温、三寒四温と唱えてみる。春の気の上昇「万歳」
春よ早くこい・・・・




2月26日 鷲羽GCでラウンド
天候 曇り 気温6度
時折、吹く風は冷たく体感温度を下げる。
Photo_2

0930 インコーススタート

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

極寒のラウンド

皇紀2672年2月11日
日本の建国を祝うゴルフコンペが岡山国際で行われた。
今を生きる私は、先人達が時に命を懸けて繋げてきた我が国の歴史に思いを馳せる気持で参加した。

また、一つには最近、新しく購入したエポンのドライバーとピジョンゴルフのP-tuneFW3、パターオデッセの実力を試したいこともあった。

ドライバーはエポン101(シャフトはファイアーエクスプレス プロト)
FWは地クラブで最近人気の高いピジョンゴルフのP-tune(シャフト、ツアーAD、BB)
パター、オデッセホワイトアイス(中尺41インチを2インチカット)

いずれも初のコース使用、ホワイトアイスはラインが出しやすく引っ掛けがなくなるような・・・
FWは打感が良い。材質は455マレージングフェース。
アドレスがしやすくラインが出しやすい。
アドレス時から安心感、ナイスショットがでそうな。(でるではなくでそうな?)



エポン101は中古市場でも人気が高いマニアックな品物。
ディープフェースでボールコントロールがしやすい。

いずれも、お気に入りでやっと手中に。

練習場ではいい感じで打てているので、最近好調のドライバーにさらに自分のものにすべく臨んだラウンド。

日差しが、春を思わせる穏やな一日。
ここ数日の天候からすると、絶好のゴルフ日和。

0936ティーオフ

10番から        





チョロ 

セカンド、ダフリ

サード100ヤード、ナイスショット ピン上2m

スリーパット

11番

引っ掛け、残り150ヤードトップ、寄せピン横 5m  スリーパット

いいはずの、ドラも、パターも予想を大きく下回るできで、47、49

それでもパーが5個、大たたきがなくならない。

もっとゆっくりとしっかり肩を回したい。
手打ちがスイングを早くしている。

翌、2月12日 赤坂CC 晴れ 朝8時の気温 -6度


登り竜の勢い陰って連続のゴルフ。

ネック・ウォーマーまでするふくら雀の着ぶくれにショットはブレまくり。
ティも刺さらぬほど凍ったコンディションに280ヤードを稼ぐホールもあり、打ち下ろしと枯れ芝と凍土の三重恩恵により、盛時を凌ぐ「飛距離」に溜飲をさげる。

ところがグリーンは凍っていたり融けていたり・・・ナイスショットがコーンと奥に転がり出たり、ランを計算したのにピタッと止まったりで何重にも難渋し、なかなか手に負えないこと多し。

90ヤードのピン筋のナイスショットが奥にこぼれOB。
(パートナーの話、自分ではない、パートナーのこと)

スコアは阿波屋除夜の鐘に迫る騰勢。

日本の国力復興と私自身の体力快復を二つながら等しく図るラウンド結果に明日もゴルフがしたくなる。

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »