« 極暑 | トップページ | 後楽ラウンド結果 »

2011年9月25日 (日)

秋の空

9月24日
快晴、すがすがしい秋空、空には雲が少なくどこまでも透き通った青い空の下。
緩やかなカーブが続く吉備新線の街路樹の桜葉も散り始め少しずつ紅葉が始まる。
やがては散っていくことを思うと、そぞろ哀れを誘う。
暑かった夏も終わり吹く風も、高くどこまでも青く澄み切った空も心地よい

時折木漏れ日の間をさわやかな風が吹きぬける。
緑の中に秋を感じる。

太陽が雲に隠れているとき雲の間から見える薄明光線に照らされた後楽GC。
この時期は、まれに太陽光が散乱されて光が放射状に広がっている一筋の光芒を見ることがある。
自分のゴルフにはいつまでたっても光明が射すことはない。
楽しいが一番のゴルフができればよいと達観的な、
「明鏡止水の境地」で臨んだ。12_2
今日のコースコンディションPhoto
今日のラウンドの目標は
「寄せワン」
と勝手に心に決めていた。
心の隅には快心のドライバーショット。
前回は、
「3パットしない」だった。
「ボギー以上を打たない」もあった。

公約どおりだったかどうかはまぁ~置いておいて、毎回、課題を持って挑むことは大切だと思う。
ただぼんやりとゴルフをしていても楽しいことは楽しいが、それだけではいつまでもアベレージゴルファーから脱却できない。

グリーン周りについては飛距離は関係ない。
最近、距離の落ちたドライバー
豪快なドラのショットは憧れにしかすぎない。

52度の銅メッキのクラブはバッグの中で存在感イッパイダ。
ランニングアプローチも軽々とこなし・・・・・
颯爽とマークして!ピンを抜きながら、
タップイン・・・・・・

パーオンの少ない自分のゴルフのスコアーメイクは寄せとパット。

今日は、入れ頃、外し頃の1~2メートルをきちんと入れボギーをセーブしこの部分については満足。

取りあえずパットが良かった。
前回も良かった。

ショートパットを開眼した。

ホールバイホールと開眼したパットは・・・・・

明日

|

« 極暑 | トップページ | 後楽ラウンド結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極暑 | トップページ | 後楽ラウンド結果 »