« 七夕行事 | トップページ | 炎天下の闘い »

2011年7月17日 (日)

猛暑の季節を迎え

001_3先週に続き猛暑の国際でラウンド。

10番ティーグランドの傍には朱夏にふさわしいオレンジ色の花が咲いている。

ノーセンカヅラ

フェアーウェーイ、グリーンとも国際としては今が一番いい時(いい状態)と言えるコンディション。

ようやく整備ができ使用可能になった10番グリーン。
フェアーウェイにある松の木がセカンドショットを難しくする。
ピン位置はセンター。
グリーンは微妙に傾斜があり難しい、旧グリーンの特徴を引き継いでる。

110ヤードのフェアーウェーからのショット。
ニ松の木をさけ約5メートルのスライスライにパーオン。
ファーストパットをショートしてスリーパット。

11番の林の中にスポットライトを浴びるようにして咲く山百合。

Supotto薄暗い林の中に木漏れ日が静寂の中に咲くユリの花を照らし輝いて見える。
百合の花はこの静寂、この一瞬に命を燃やし一生懸命さいている。

写真を撮るため林の中に入ると、ヒンヤリとした空気が心地よい。

使用ティーはやや前だがいつものように右山超えを狙う。
思ったより左方向だったがセンター。
残り約130ヤード。
先週はテイーショットミスで右のバンカー(約150ヤード)から少しショートだったがうまく寄りパー。

8番アイアンのショットはピン奥5メートル。
下りのパットが打てず。 スリーパット。

12番
ティーショット右の山(先週も同じ)距離を残すが、セカンド、サードとうまく打てパーオン。
下りのライン・・・・・・いろいろあり4パットのダボ。

13番ショート 170ヤード、ダフリギミで10ヤードのアプ。2メートルをツーパットのボギー。
14番 120ヤードを10ヤードショート。
花道から20センチでパー。

15番ショート 180ヤード、引っ掛け7メートルのアプ、2m、ツーパット。 ボギー

前半

+1(3)、+1(3)、+2(4)、+1(2)、ー(1)、+1(2)、+1(2)、+1(2)、
+1(2)、/ 45(21)



日中は36度まで上がり猛暑日。

  風は殆どなくジリジリとした暑さがこたえた。

もう少しショートパットを練習しなければ!

|

« 七夕行事 | トップページ | 炎天下の闘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕行事 | トップページ | 炎天下の闘い »