« 雨上がりの芝生は? | トップページ | 雨に咲く花 »

2011年6月13日 (月)

雨のラウンド

6月12日、
強い雨は一日やむことはなかった。
どんなに強い雨が降ろうと雨で中止という選択肢はない。
真っ黒な雨雲に怯えつつ、キャプテン杯の予選通過者20名による決勝、準決勝が行われた。
チャンピオンティー(青マーク)使用。

距離、6890ヤード。

先月もこのティーを使用している。
セカンドがワンクラブ違うものの難易度はさほど変化はない。
いかに寄せ、ワンパットでカップインするかが勝負どころ。






ここまで書くと自分が参加したように受け止められるが残念ながら参加資格は昨年のHDで失っている。


強い雨足と、後から追ってくるエリートプレヤーの影におびえつつ、スポーツクラブの知人と白マークから。

いつかはとの思いを胸に

前半 45

後半は青ティー使用の許可を得て決勝が行われている青ティーを使用。

おごれる者久しからず・・・!!

ただ春の世の夢のごとし・・・!!

はかなくも悲しい『鬼の城の戦い』の結果は・・・!

前半の栄華は風に吹き飛ばされる塵と同じだった?!

後半 51

こんな調子では今週に行われる月例も夢幻のごとく?!

冷静に考えて、何でこんなにスコアになったのだろうと考えるのだが?

良いスコアも自分の力、悪いスコアも自分の力、
自分を受け入れて、自分の力を信じつつ、自分の力を過信しない、

そんなバランスの取れたラウンドを目指したい。

で、


今日はジムで週末を照準にした調整を実施。

今日の開眼、
グリップ   フィンガー
テークバック  腰の回転
インサイドインの軌道

かごの中ではいい感じで打てるのだが・・・・・・

雨を写真に撮るのはちょっと難しいけれど、雨上がりの風景はすがすがしい。
今年は、数年前に買った正月の寄せ植えの地に下したナンテンに初めて花が咲いた。

Photo

サイドバーの癒しのメロディーは「雨」

たどたどしい日本語がかわいくイタリア音楽祭で賞を受賞し世界中にヒットした懐かしい曲。

|

« 雨上がりの芝生は? | トップページ | 雨に咲く花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がりの芝生は? | トップページ | 雨に咲く花 »