« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

ゴールデンバレー

6月26日兵庫県西脇市のゴールデンバレーゴルフクラブに挑戦。
心配した雨もなく絶好の天気に恵まれ兵庫百景のコースを充分楽しむことができた。

このコースは10年連続して日本で一番戦略性、コースレートが高いといわれている。
兵庫百景に選ばれている18番。

18bann


今回のラウンドはレギュラーティー使用で、コースレート73.5。
バックティーでは75.5となる?


コースの監修設計は広島の「リージャスクレスト」、岡山の「鬼の城」、隣接する「パインレーク」などと同じ"R.T.ジョーンズJr"設計。

リージャクレストも日本一の難コースといわれる。

一部にドMといわれている難コース。


ほとんどのホールにはクリークが流れ、湖に囲まれている。
クリークは左を流れていることが多くフック、引っ掛けはスコアーを崩すことになる。
距離もあり正確なショットが必要。

18_3
18番ホールは湖と清らかな清流。
グリーンとクラブハウスの背景の高い山がゴルフ場を俯瞰しコースの自然美を一層高めている。

コース全体が、自然の地形を利用したレイアウトになっており、その景観に圧倒される。



図はティーグランドから池の回りを半周するパー5の18番

紺碧に輝く湖には水が満水され、そよそよと流れる川の水も心が落ち着くような。

このホール、図のような攻めでセカンド3W左バンカーまで200ヤード
サード残り100ヤードピッチング。
ホローの風に乗りピン奥7m。

ほとんどフラットなラインを上サイド50センチを外しボギーとする。
悔しさのあまり、成仏できないでいる多くのボールの供養のためウイニングボールは池のなかへ。

その時、1805分
長い一日は沈む夕日と湖に沈むボールとともに終わった。

また、秋頃に挑戦してみたい。紅葉のころ・・・・

前半結果
+1 - -1 +2 +2 +4 - +2 - /46(18P)

kプロのドライバーショット

自分の描くイメージで、パフォーマンスを行っているかどうか、チェックしてみる必要を感じ撮影した。

練習する時に、いわゆる非合理的で、傍目にも、へんてこりんなスウィングでも、素晴らしいボールが出ることもあるが?

それが、良いスウィングだと思い込んで、練習すればするほど、イメージに程遠い非合理的なスウィングを身に付ける可能性が大である。

具体的な方法としては、チェックポイントを決めて、まず鏡を見て、イメージどおりに素振りが出来るようにする。

実際に球を打つところを人に見て貰ったり、ビデオを撮ってみる。






*人の振り見て、我が振りなおす。

*他人を知り己を知れば、百戦危うからず。

*自分なりに納得の行く、イメージ

(これは、そのスウィングに関して、どれだけの情報を持っているかにある)

スウィング作りに励むべきである。
この過程を経て、スウィング作りに取り組まないと、自分でスウィング修正することは不可能と感じている。


欠点は充分承知し治そうとするのだが・・・・・

左サイドバーの一番上の動画はAプロ

| | コメント (1)

2011年6月25日 (土)

理想・追及するゴルフ

先週の土日は、国際、井原と連続のラウンド。
結果は前半ハーフは理想とするボギー以上を叩かないゴルフが実現した。

国際の前半
+2 -1 +1 - - - +1 +1 - 40(14)

井原の前半

- +1 - +1 +1 +1 - +1 +1 42(18)

国際と比較し井原のパット数が4多いのは寄せワンのパーが取れていないこと。

ピンに近づくほど、そのショットが重要になる。

寄せに磨きを
ティーショットを手堅く力まないこと。

明日は「コースレイアウトが戦略的」で10年連続で日本NO.1の難コースといわれる兵庫ゴールデンバレーに挑戦。

コースレイアウトが18ホール中、池と川が16ホールに配置されている。
超戦略的コースレイアウトと、アンジュレーションの強い難関グリーン。


ゴールデンバレーを楽しむには、技術的に低レベル過ぎるが、今のレベルの時に体験できるのも良いかな~って・・・・・

これから先レベルが上がることは考えられないので・・・・・

明日は思いっきりノタ打ちまわってこよう・・・・・

それもゴルフ

井原のパートナーはオープンコンペに参加してベスグロ。

残念ながら、上がりふたホールでカラーからの簡単なアプローチをミスしてボギーとしてしまいパープレーならず。

ゴールデンバレーは来月からは、前半ハーフで4人でパー4つ取れば昼食がただになるサービスがあるのだが、そんなに難しいのか。

練習はできていないし。

難コースを楽しむだけ。

素晴らしい環境でプレイできるシアワセを感じることができるかな???

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

雨に咲く花

    別れた人を 思えばかなし
  呼んでみたとて 遠い空
  雨に打たれて 咲いている
  花がわたしの 恋かしら


昔こんな歌が有ったことを思い出した。
まだ、恋がどんなものだか知らない頃のことである。
Photo
雨しずくを残す花ショウブ。

小雨に濡れながらスタートしたが、4ホールをすませたころには雨も上がりベストとは言えないが県シニア選手権が行われた直後でグリーンの仕上がりは良く、雨にぬれコントラストがきれいだった。
ラフは試合ように伸ばされたままでクラブがからみシバは重かった。
思い通りのショットができない。

今日もアプローチ、パットがスコアーのキーになった。

スタートホール、ドラのミスで残り200ヤードを3Wいい当たりでも左のガードバンカー。
出すだけからスリーパットのダボ発進と前途多難かと・・・・・

11番セカンド残り1340ヤードがピン横1mを沈めバーデー(おはよう)
12番ドラがバンカー、4打目の7ヤードが50センチをスリーパット。  ボギー
13番170ヤードショートは7U(4I相当)をのせ、パー。
14番セカンド130ヤード9Iがカラー、ツーパットのパー
15番ショート 170ヤード 7U、ピン横 3m パー
16番セカンド3W、残り10ヤード 5m ボギー
17番セカンド3W 残り50ヤード 5m ボギー
18番4打目残り70ヤード52度 50センチ パー

前半 40(14)

ショートは4ホールすべてパー

明日は井原・・・・・・

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

雨のラウンド

6月12日、
強い雨は一日やむことはなかった。
どんなに強い雨が降ろうと雨で中止という選択肢はない。
真っ黒な雨雲に怯えつつ、キャプテン杯の予選通過者20名による決勝、準決勝が行われた。
チャンピオンティー(青マーク)使用。

距離、6890ヤード。

先月もこのティーを使用している。
セカンドがワンクラブ違うものの難易度はさほど変化はない。
いかに寄せ、ワンパットでカップインするかが勝負どころ。






ここまで書くと自分が参加したように受け止められるが残念ながら参加資格は昨年のHDで失っている。


強い雨足と、後から追ってくるエリートプレヤーの影におびえつつ、スポーツクラブの知人と白マークから。

いつかはとの思いを胸に

前半 45

後半は青ティー使用の許可を得て決勝が行われている青ティーを使用。

おごれる者久しからず・・・!!

ただ春の世の夢のごとし・・・!!

はかなくも悲しい『鬼の城の戦い』の結果は・・・!

前半の栄華は風に吹き飛ばされる塵と同じだった?!

後半 51

こんな調子では今週に行われる月例も夢幻のごとく?!

冷静に考えて、何でこんなにスコアになったのだろうと考えるのだが?

良いスコアも自分の力、悪いスコアも自分の力、
自分を受け入れて、自分の力を信じつつ、自分の力を過信しない、

そんなバランスの取れたラウンドを目指したい。

で、


今日はジムで週末を照準にした調整を実施。

今日の開眼、
グリップ   フィンガー
テークバック  腰の回転
インサイドインの軌道

かごの中ではいい感じで打てるのだが・・・・・・

雨を写真に撮るのはちょっと難しいけれど、雨上がりの風景はすがすがしい。
今年は、数年前に買った正月の寄せ植えの地に下したナンテンに初めて花が咲いた。

Photo

サイドバーの癒しのメロディーは「雨」

たどたどしい日本語がかわいくイタリア音楽祭で賞を受賞し世界中にヒットした懐かしい曲。

| | コメント (0)

2011年6月 2日 (木)

雨上がりの芝生は?

6月2日、後楽GC、日本ゴルフ用品協会西日本支部主催の競技会が行われた。

グリーンコンディション
スティンブ 10
コンパクション 10
刈り高      5

コンディションはアマチアにとっては厳しい数字だが
のはず・・・・・・・

雨上がりのせいかスティング10の割には遅い。
アプローチもよく止まり思い切ってデッドに狙える。


001

雨に洗われた周囲の木木も生き生きとし、グリーンの芝生も青々としていて鮮やかな新緑がさわやか。
時折吹く、心地よい風が日ごろの喧噪を忘れさせてくれる。

景色に見とれてゴルフは二の次・・・雨上がりは実に景色が良い。

Photo

Photo_3

Kobusi_2

近畿、中四国、九州からと広範な地域から160名が参加。
競技はショットガン方式で行われ、前半は10番からスタート。
レギュラーティー使用でほとんどがバックティーに近いところにあり飛ばない自分には充分な距離で手ごわいコースになったが、攻めの寄せがうまくいき、理想のゴルフ。

前半(10番から)、×(3)-〇----○-(44)
後半(5番から)  ×(3)-○---◎--(43)

HD/16.2 NET 70.8  36/160  商品なし。

パートナー  グロス 71(34.37)

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

柿の木の花

Kaki1

近所の庭に咲く柿の木の花が満開。
桃や梅の花などと違い目立たず、ひっそりと咲いている。
夏になるとこの花が緑色をした木の実になる。

シングルの道は遠いが少しでも進歩できたら良い。
この花のように・・・・地味にしっかりと、時がくると実をつける。

グリップをフィンガーグリップに変えスタンスを少しクローズ。

右を向いた感じ、こ~すると左肩がよく回って右肘も地面をさしインパクトが強くしっかりボールが叩ける。

ドライバーは絶好調なのだが・・・・・

明日は、年に一度、全国でも一か所で開催という、ゴルフ用品協会が主催するコンペ。

パートナーはHD/0 

楽しみ。

場所は最近ハーフのみいいスコアーがでたところの後楽。
コンペティー使用で少し後ろから。

今日は寝られそうにない。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »