« 止まない雨はない | トップページ | 急に下手になった訳ではないが? »

2010年7月 5日 (月)

ハイリスク&ハイリターン

7月4日、前日の雨が信じられないような梅雨の晴れ間の皐月日和に恵まれた一日。

雲海で有名な大芦高原に展開する備前GCでいつものパートナーとラウンド。
コースは標高500メートルの高地にあるとは思えないようなフラットで、ブラインドホールがなくティーグランドから殆どのホールでピンを確認することができる。
グリーンはフラットなようで微妙なアンジュレーションがあり気が抜けない。
距離のあるパットも最近開眼したパターのロフト(1度)を生かした順回転のストロークが好調で2パットで決めることができパットのストレスを感じることはなかった。
アウト5番、175ヤードのショートホールでは5番アイアンのショットがピン下3メートル
ライン、芝芽を読みきりバーディーをとることができた。

9番ロングでは4mのバーディーパットをスリーパットしてボギー
17番150ヤードのショートホールでは2mのパット、スライスラインを打てずスリーパット。

パットの強さ距離感について考えさされた。

○ 距離を合わせてカップにストン(?)と落ちるように入る。
○ ころころとゆっくりとしたスピードで最後のひところがりで入る。
○ 強めのパットで反対側のカップの壁にたたって飛び出るくらいの勢いを持って入る。

自分のこれまでのパットの距離感は少しオーバー気味に傾斜・距離感を読みきりいれる。(入れたい?)

今日の最初のパットは読みきり少しオーバー気味の強さで入れた。
ショートホールのパーパットは入れたい気持ちが強くなり弱かった。
9番ロングでは、最初のバーデーに気を良くし入れにいったパットが強すぎオーバーした結果のスリーパット。

ハイリスク、ハイリターン。
ゴルフも投資の世界と同じなのだろうか?

12_212番、プッシュアウトのOB
原因は振り切らないで左脇が甘く押し出し。
いつもの悪い癖。・・・・・・

写真は17番から眺望する12番ホールの景観。

すばらしい景色にシャッターをきりOBしたホールを思い出す。うううううう

大好きな青い空と白い雲が心を和ませてくれる・・・・・・

アイアンは自分なりに目標とするスイングが身に付きつつあると感じている。
結果は、ショートホールでのパーオンにでている。

グリーンオン。グリーン周りに打てる確率がああってきているのだが?

ビッグイニングをなくすことができない。
メンタル・・・・・・
気負い・・・・・
実力のなさ・・・・

コース内のジョイントのカート道にさく満開の紫陽花が心を和ませてくれる。

Photo水色がスタンダードな紫陽花が多い中、
紅色の紫陽花がヒトキワ目を引く。

まだ白っぽい花とその中で、ほんのりピンクに変化した花が混ざる様は、
なんとなく『6月の花嫁』というフレーズがしっくりするほど初々しさと「その時を迎えた」幸福を感じる。


雨の日が続くといろんなものが湿気ったりジメジメ憂鬱なことも確かだが、梅雨ならではのすばらしい出会いもある。
良いことの方に目を向けて梅雨を乗り切りたい。
『雨物語』


もの寂しさがいい、悲しかった青春時代が懐かしくていい

547724676=48
7554=46

|

« 止まない雨はない | トップページ | 急に下手になった訳ではないが? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 止まない雨はない | トップページ | 急に下手になった訳ではないが? »