« 避暑ラウンド結果 | トップページ | 秋の朝 »

2010年7月30日 (金)

分け入っても分け入っても青い山

7月25日、雨上がりの色鮮やかな芝生の緑と松の木林に囲まれた県北のランドマークGCは心も体もリフレッシュしてくれた。
少なくともスコアー以外には・・・・・・・・・
何のストレスも感じることはない。

パートナーは今回もいつものJプロ。
下手な私に毎回お付き合いいただきありがとう。
が、

今回も




スコアーが悪いのは急に下手になったわけではない。
モチベーションも充分上がっている。
どうして・・・・・
コースマネージメント?
もっと具体的に言うなら、
グリップが!
テークバックが!
体重移動が!
ボールの位置が!

基本が、自分の中で確立されていない?
完成されたゴルフができない。
スキルが足りない、

などなどなど…

ここまで進めば、あとはきっと楽になるに違いない!
と、思えるところまでたどり着いていたはずだが、眼前には相変わらず、困難が待ち受けていた。

「分け入つても分け入つても青い山」

明治から大正、昭和と流浪の旅を続けた俳人山頭火が詠んだ句である。

山頭火は解くすべもない惑いを背負い、行乞流転の旅に出た。
修行の旅の途中に「進んでも進んでもまだ青い山が続いていく」。
それは平坦な道ではない。
何を求めての旅なのか。
一生懸命進んでもそれは見つからない。
しかし山頭火は歩みを止めることはなかった。

山頭火をラーメンに例えるのは寂しい????

「分け入つても 分け入つても 青い山」

まぁ、だからこそ楽しいのだということは、何度も感じているとおり。

緑深い周囲の山から、晩夏から初秋に鳴くといわれるツクツクボウシの鳴く声が聞こえた。

「つくつくぼうしないてつくつくぼうし」

ツクツクボウシ、ジー、ジー

15番に生息する狸の子(人になついていて手を添えて飴をやることができる)    バリバリ、がりがり。
あっという間に食べいくらでもほしそうにしてこちらを伺う。
Photo
好調の新しいパター(オリンピックで一人勝ち)
Photo_2
ドライバーはレガシーSタイプ
カスタムシャフトはフジクラランバックス5F09、硬さ/R、45.25インチ
Photo_3
ゴルフ専用めがね
ゴルフダイジェスト(ミキメガネ)はグリーン上のアンジュレーションをはっきりさせパットに自信を得た。
オリンピックで元が取れるものと確信。
Photo_4

|

« 避暑ラウンド結果 | トップページ | 秋の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避暑ラウンド結果 | トップページ | 秋の朝 »