« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

蓮華草の思い出

4月25日 陽光うららかな日
妻を見舞う。
新聞記事で総社国分寺の蓮華祭りの開催について掲載されていた。
記事を見せ国分寺の蓮華がきれいに咲いていることを話題にした。

声の出せない妻とのコミュニケーションの手段として最近はなんとか判読可能な文字を書くことができるようになった妻の書いた一言。

子供のころ一枚の田んぼいっぱいにきれいな蓮華がさいていた。
蓮華がきれいなのは外に咲くからで・・・・・
陽ざしが美しくさせる。
田んぼに種を蒔きいっぱいの蓮華の花が咲いていた。
蓮華の花で首飾りや手に巻く輪を作って遊んだ。
犬や猫と一緒に田んぼを駆け回った・・・・・・

妻と同じ話題を持てたことは久しぶりだ。
いつも会話がかみ合わず、妻の現状認識ができないことが妻の苦痛を軽くするものと勝手に考え自分の苦しみから逃れていた。

妻の楽しかった思い出が心の中にまだ残っていたのかと思うと生きる喜び、生きている価値を感じた。

蓮華の花言葉を検索してみると、
「あなたは幸福です」 「心が和らぐ」 「私の苦痛を和らげる」など。

桜の季節が終わって少し寂しい心持ちを紛らわせてくれる花がれんげ草だと考える。
菜の花の眩しい黄色に対して、比較的控えめな印象が強いれんげ草。
控えめだからこそ、そっ、と癒してくれる効果があると感じている。

どんなに時代が流れても、この花の名前は忘れないで欲しい。
この花の名前は?って聞かれたら、この花の名前はれんげ・・・
昔は春の田園風景の代表的な花だったんだよ答えて欲しい。
日々忙しい毎日を過ごしている現代人だが、足元に咲く麗しい花を愛でる心を何時までも持っていたいな、と思う。
幼い頃に駆け回った田んぼを思い出す。

| | コメント (2)

2010年4月17日 (土)

新緑の国際GC


Photo 1.5メートルの上りのフックライン。
カップの右?
どこを狙ったら入る確立が高いか?

キャディさんのアドバイスはカップ右。
アドバイスを参考に次に自分の経験値をくわえて!
自分でラインを読んでカップ一つ右と思って狙うポイントは”B”・・・・・
コレだとちょっと強く打って曲がらないと真っ直ぐ抜けて・・・。
今まではタッチが強かったと思って諦めていたが・・・
近い距離は”A”で狙え! というのをきき。
今日は、コレで狙ってみる。

コレで”お先に”を外さずに行けるかな?

コレって常識だったかな???

結果は今までどおり・・・・・真ん中は狙いにくいカップ一つ右を狙い、曲がらずまっすぐ抜けて50センチオーバー
返しはスライス・・・・・・・・
今度はカップ真ん中からスライス。
う~~ん・・・・・

グリーン、フェアーウェイ共にだいぶ整備されきれいになってきた。
良くなった芝が読みにくくしてプレーヤーはカップの位置によってはスリーパット、フォーパットに泣かされる。
特に9番グリーン今日の位置はそうとう手こずりティーグランドには5台もカートがならんでいる。
上がりホールで待たされるのは初めての経験。

皆、学習機能はついてないのか。
自分も しっかりスリーパットで仲良し。

優勝スコアーもだーいぶ下がってきた。
3~4アンダーで優勝できる。

今がチャンスだが・・・・

43(17)スリーパット×1、ワンパット×2
44(18)スリーパット×2、ワンパト×2

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

新しいいぶき

冬の間すっかり葉を落としていた病院の木立がいつのまにか、いまできた
ばかりのような緑の葉をつけ盛り上がっている。
Photo_5大きな円錐形をした梢の先ははまっすぐと天を目指し、真に屹立といった言葉がふさわしい。

人生もこの木のように大らかにゆとりをもって送れたらさぞ楽しいことだろう。
短い間であったが人の目を楽しませてくれた桜の木も花びらの間から緑の葉をのぞかせ嬉々としている。

葉を落とした同じ木。Photo_6

冬木立も、見事な円錐形となり、すっきりと天を目指して伸びる梢が冬空に映える。

Photo_7

同じ病院の雑木林の落葉樹もいっせいに芽を吹き、少しづつ微妙に違う緑と空のコントラストが優しい。
やわらかい色合いからは、長くて厳しい冬をくぐり抜けてきた逞しさをイメージすることはできない。

冬が厳しかったからこそ、春の暖かさを待ち焦がれて、草木が嬉々としている色合いなのかもしれない。

今日は妻の2ヶ月毎にやってくるカニューレ交換の日。
気管切開部に肉芽が形成され抜管、挿管ができなくなる危険性を避けるための処置。

血小板の少ない妻にとっては出血(=死)リスクをしょった手術。
小さな肉芽ができていたようで少し削り取ったようだ。
勤務ご病院に見舞うと何もなかったように笑顔で訪問を喜んでくれた。
手術のことを聞くと、曖昧な説明をしてくれた。
「○○病院の○○先生に見てもらった・・・・」といったような答えが返った。

カニューレさえ外すことができれば・・・・・

気管切開の目的
○ 気道の確保(人工呼吸器の長期挿管は他の病気を併発する)
○ 誤嚥時の吸入が容易
リスク
○ 切開部の化膿
○ 肉芽形成(やがて切開部位を変える必要がある)
○ 空気の清浄ができない
○ 声が出せない

人間は何のために生きているのか?
(妻からの質問。こんなことも言えたときもあったのに)
何のために生まれてきたの
生きる目的(小さな幸せ)

カットフルーツの詰め合わせを買って病院で一緒に食べる。
その姿は今日の苦痛など覚えていないようだが、これから先も回復の可能性のない病気と闘い続けなければならない。
生きがいを何に求めたらいいのだろうか・・・・・

| | コメント (5)

2010年4月13日 (火)

散る桜 残る桜も 散る桜


桜の花に彩られた岡山空港ゴルフコース
Photo_10春爛漫と咲き誇った桜も、たゆまなく吹く風に花びらを散らせフェアーウェーイにまわっている。

先端の小枝は雨に濡れた重みで、花は下向きだ。
花びらはすでにうつむき加減だから、散りやすい。

残された花もまもなく後を追うことだろう。

自然の移ろいとはいえ、はかなく散るさまを見ていると惜別の想いを感じていとおしまれる。

それは悲しいことではないと、気づき始めた私なのだが・・・
どんなに謳歌した桜もやがては散る。
人間もこれと同じ。
やがては人生の終焉を迎える。その時は桜の花のように潔く逝きたい。
そのことを心得て、日々を大事に過ごさねば!

今回も大叩き!ゴルフも花と散った。
でも楽しかった。
悪いスコアーは次回に期待が持てる。
そして、実力のないことを蘇らせくれる。
謙虚になれと・・・・・

アウト ーーーーー334  48(20)
イン  ーー△24-△△ 47(16)

なんとなく普通・・・・・?。
と書くのもだんだん飽きてくるほど、ずっとこのあたりで足踏み。
足踏みをしすぎて地面はカチカチ。
どこのコースに行っても、前からでも、後ろからでもどこからやってもいつも同じ。

思うにゴルフの神様は、ちゃんと帳尻があうように調整されているのであろうか?
Photo_12

Photo_13

| | コメント (2)

2010年4月 5日 (月)

山桜

006

005_2

004_2

003_2

今日は病院でも桜祭りが行なわれた。
患者の郷愁を思いおこさせ心が和めばとの病院スタッフの思い遣り。
妻は外の風をうけることができないのでこの行事には参加できない。

桜の花を見ると、ふるさとの春の風景を思い出してなんともいえない郷愁にかられる。

自然への郷愁の念は、過ぎ去っていく自然の移ろいとともにあらゆるものを惜しむ気持ちの情がふつふつとわいてくる。
病床の妻を見ている哀れがます。

かあさんが 好きだった
 山ざくらの 花は
今年も 里より少し遅れて
 きれいに 咲きました・・・

新しいランドセル 小川に 映ります
 ネコヤナギの芽が ふくらんで
春は 静かに 咲きました

たらの芽を 摘み乍ら あなたに 手を引かれ
 歩いた 山の深みどりは 今も 変わらない
草笛は なつかしい ふるさとの唄
 あたたかな あたたかな あなたのような
膝のぬくもりが 私にも 持てるるでしょうか
 ささやかな しあわせ 来るでしょうか
かあさんの 好きだった
 山ざくらの 花は
今年も 里より少し遅れて
 きれいに 咲きました・・・

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

桜満開の東児が丘


周囲の山々も山桜に彩られ愈愈ゴルフシーズンの到来です。
今日の日のために今週は計画通り、火、木、土はジムでストレッチ。
新しいアイアンの打ち込みと充実した1週間ではあったが、
スコアーは合いも変わらず
47,48
アプローチはそれなりに良かったが短いパットに集中するように!
実戦では自分のイメージするスイングができない。
ショートは、全てパーオンでパー、バーディー、スリーパットのボギー
ここのところショートは好結果がだせているのだが、
力みをなくしたい。

パートナーは75、78、82
ゆったり大きなスイングを見習はなければ・・・・・・

スイングすることだけに集中して叩こうとしない意識をもて!

| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »