« 試運転 | トップページ | 春の彼岸 »

2010年3月 7日 (日)

東児が丘マリンヒルズGCラウンド結果

上空を鉛色の雲に覆われた東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ。
(マリンクラブ月例、バックティー 6629ヤード)
気温は10度を下回っていたが風が無くそれ程寒さを感じない。

カジュアルウオーターハザードの状態を除けばそれほど苦になるコンディションではない。
苦になるとすれば、イメージ通りのスイング(腰の回転)で打てない。
手打ちの結果、引っ掛け、フックが多く上手くグリーンを捉えることができない。
ショットに不安を持つこと。

今回もショットの注意点は腰の回転。
いつものバットスイングではイメージができているので実行すること。

結果、ドラは安定してOB、チョロもなくほぼ満足のゆく結果だった。
セカンドのグリーンを狙うショットが、左にゆくことが多い。
フックであったり、
引っ掛けであったり、
芯で捕らえることができたので、これにも満足。


前回東児ラウンド結果

今回もたくさんの洗礼をうけ厳しさを知った。

006_3

この写真は18番ロングホール。
サードショットの前に撮影したもの。
撮影時、こんな悲劇が巻き起こるとは・・・・・思いもせず・・・

撮影時はまだ余裕があった・・・・ハハハハァ
同伴者、みんなで5発!この池にぶち込む結果になるとは
誰も予想することのない結果であった。

見ているわたくし・・・・・やってる、やってる・・・・・・ヒィィィィィって倒れそう・・・・・。

こんな悲劇が起こるとは、誰が予想したであろう?
神、以外予想できなかったと思う。

150ヤード、6番アイアンで充分池を越す距離だ!
・・・・・の筈であった。
残り150ヤード程度を池があるからといって、まさか刻みにくい。

・・・・私のショット精度だと、刻んだ方が良かったのか。
右のバンカーから。ころころと池のなかえ。
2クラブレングスでバンカー内へドロップ。
50ヤードのバンカーショットが1メートルに。
ナイスボギー。

グリーン周りのアプがまだショートすることが多い。
突っ込みきれない。
プレッシャーに負けているのか。
ピンまで70~20ヤードくらいのアプローチが綺麗に寄る事の方が少ない。
アプローチだけは自信あった(低レベルでwwww)
まだまだ・・・・・。

前半IN=42
後半OUT=45

コース内の”梅の木”も、小雨に濡れながらも、遠慮がちに小さな花を付けている。
OBにうなだれているプレーヤーの気持ちを和らげてくれるかのように。
梅も、桜も健気に精一杯に花を咲かせ頑張っている。
小雨に濡れながら、花を沢山付け、春の準備をしているのであろう。
(写真はクリックして見てください。多少大きくなります)
002

009_2

007

008

|

« 試運転 | トップページ | 春の彼岸 »

コメント

デカヘッドさん
カジュアルでダフリの返礼を顔まで受けながら楽しいゴルフができました。
コース内はもちろんですが周りの景色を楽しむことができるのがこのコースの良さですね。

去年、デカさんのご招待以来のラウンドでした。
今回もバックティーでしたがアプローチ勝負にと、気持ちを切り替え楽な気持ちでクラブ選択とショットが功を奏した結果です。

苦手の4番をスリーパットにしてダボにしましたが、後はボギーペースをキープ。
距離のあるミドルが多いコースですが、180ヤード以上が10ヤードくらいに運ぶことができ気持ちの良いゴルフができました。

投稿: 風 | 2010年3月 8日 (月) 21時30分

雨が降らなくて良かったですね
ナイススコアですよ(拍)

投稿: デカヘッド | 2010年3月 8日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試運転 | トップページ | 春の彼岸 »