« 耐えること・・・・ | トップページ | ネバーギブアップ »

2009年10月17日 (土)

逆境に打ち勝つ心

逆境時には今までに乗り越えたことがないような「困難」と感じる課題をクリアして行かなければならない。
困難は、誰もが手を差し伸べてもらえることのないものだから。

人には困難に直面した時、4つのパターンがある。

1.過去に逃げる
2.未来の空想にふける
3.誰かが助けてくれるのをじっと待つ
4.困難に立ち向かい、ピンチをチャンスに変える

私はこれまで逆境に身を置くことが好きだった。(苦労は買ってでもしろ)
あるいはそれは逆境といわれるほどのものではなかったかも知れない。

先の私の記事にいただいたコメントが今まで忘れていた私の「座右の銘」とするところを思い出させてくれた。

それはどんな困難にも立ち向かい「逆境が自身を強くしてくれる」という信条である。
これまで苦境を乗り越えることで喜び、生きがいを感じてきた。

強さは、勝つことから生まれるのではない。
強さを鍛えてくれるのは、苦労なんだ。
困難にめげず、あきらめないと決心する、それが強さなんだ



妻の病状に一向に回復の兆しは見えない。
病院側の説明では、「療養を中心とした病院に転院していただきたい」旨の勧告があり、また病院を転院することになった。
転院先の主治医は「3~6ヶ月をめどにして次の病院を探して欲しい」との説明があった。

これも制度上のことでいたし方がないことかも知れないが、まだ、患者の病状も見ないうちから、
これでは妻に対する介護のほどは「押して知るべし」医療行為のない療養型ではますます寝たきりにさせられることが予想される。

それでも

負けるな
希望を捨てるな
あきらめるな
自ら命を絶つな

先週は国際GCのフルバックを使用させてもらい、明日の月例にそなえJプロとラウンドした。
久しぶりに一緒に回ったJの正確なショットにこちらは力みまくりのショットで5番ホールにきたころにはスコアーの記録さえ途絶え自分を忘れてしまった。
ビッグイニングをつくったことでその日のラウンドの目標を忘れてしまったせいだ!

あきらめるな
希望を持て

明日は、生活の信条をゴルフのラウンドに生かし希望を捨てるな、あきらめるなをテーマーにしてラウンドすることにしよう!

|

« 耐えること・・・・ | トップページ | ネバーギブアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耐えること・・・・ | トップページ | ネバーギブアップ »