« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

左にキックしろ~~~!!

そろそろ秋

G_2

8月29日 長船CC 肉の日コンペ
8月30日 グレートGC 幹事会コンペ
スィングの基本はボディーターン。

先週に続き今回もまともなショットができない。
毎日、重いスイング用バッドでイメージを作っているのにどうしてもイメージどおりのスイングができない。
ドラにいたってはまともに当たらない。
芯を捉えたものはこの3ラウンドで1~2回。

ためがなく右肩が突っ込んでいるようで引っ掛けのてんぷらが多い。

腰のリードでいかにスィング軌道を描くか。
軌道は作るものではない描かれるものだ。
テークアェイで素早く骨盤のポジションを決めるのがコツ。
骨盤を入れる。
テークバックの起動を右骨盤を引くような・・・腰の回転でヘッドがついてくるイメージ。

左の小指から3本の指の緩みをなくして二の腕のリターン。
時折、理想のアイアンショットがでる。
ドラもこの点に注意して・・・・・・

長船
13番ツーオンも可能なロングホールのセカンド、180ヤード
7番UT   芯で捉えるが右に出しOB。
打ち直しも同じところへ・・・・・・

「あぁっ」

空しい嘆息の声が漏れる。

お願いだ左にキックしてくれ・・・・・・


グレート 1番 ロング
ドラ左ラフも何とか納得のゆくショット

セカンド250ヤードをスプーンで

昨日の再現
右に出しOB

打ち直し再び再現。木にあたりセーフ

このホールサードの残りが90ヤードが1メートルについてOBがあったがボギーで上がる。

長船のラウンド結果  42 44(OB 5)
グレート         43 45(OB 2)

グレート 26位(5個入りの大きな梨)   ラッキー

長船 、参加賞の牛肉(食べられたものではない。野菜炒めでもしよう)

いよいよ秋のトップシーズン。

クラブシニア選手権に向けてドラの右肩の突っ込みをなくすよう・・・・・・・

神にたのもう・・・・・・・・

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

残暑厳しい処暑のラウンド

8月23日、処暑
処暑は、「暑さが峠を越えて後退し始めるころ」とされているがまだまだ残暑厳しい日が続いている。
前日には30度を越す夏日と予報されており厳しい暑さを覚悟していたが、時折吹く風にも秋の気配を感じる絶好のゴルフ日和に、ブログでの付き合いのあったデカヘッドさんの招待で遠来(群馬、高知)のお客さんと東児が丘マリンヒルズゴルフクラブでラウンド。

東児の18番ティーグランド横の展望所からは遠くに四国山脈を望み霊峰石鎚山も見ることができる景勝地を有する県内有数の名門コースである。

その他、多くのホールからは小串港など瀬戸内の岬を望むことができ小船がゆっくりと航行する風景はまさに東洋のエーゲ海。

コースを彩る植栽はフェニックスが多く見られ異国情緒を感じる。

大きくうねったグリーン、じゅうたんのようなフェアーウェーイ、白い砂のバンカー

良いコースには言い訳は通用しない・・・・・・
良いコースでのラウンドはどうしても馬脚が現れます。

やっとの思いで掴んだ1メートル弱のバーディーパットさえも距離感が悪くスリーパット。
なかなかパーがとれない・・・・・・・

49,46
景色にみとれスコアーさえつけることを忘れてしまいました。


ともあれラウンドを満喫した。


岬めぐりを聞きながら、東児が丘からの風景を思い出し感傷にふける。

21年、処暑を迎えた日に「東児が丘マリンヒルズ」コースにて

Photo Photo_2

Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo ランド後病院に駆けつける。
2~3日前から嘔吐が続き鼻からの経管摂食に変更されている。
1日中眠ることが多く意識が薄い。

痙攣止めの薬が強すぎたようで見舞った時には元気を取り戻し一般病棟に帰っていた。
話しかけるとこちらの言うことが認識できたみたいで、一度、介護タクシーで一時帰宅してみようと先生の前で話すと久しぶりの笑顔を見せてくれた。


来週は2日連続のラウンド予定、ゴルフ狂爺の夏がようやく終わる。

妻の病気が良くなることを・・・・・・

| | コメント (3)

2009年8月19日 (水)

楽しみ・・・・・

楽しみにしていたネット友の招待で東児ヶ丘CCでのラウンドが近くなった。
楽しいラウンドが一番の目標ではあるが楽しさとスコアーは正比例することはないのでスコアーをつけないで回ることにしよう?

今、一番必要なこととはまず、暑さに打ち勝つ体力をつけること。
盆のため休館となっていたジムで久しぶりに汗を流す。

体重:65キロ
血圧:165/75(危険です)
(ここのところ家事が忙しくジムに行けないで運動不足が原因か?)

ランニング:8キロ/hで30分
腹筋、アレー、背筋、スクワット:約30分
水泳:30分

ゴルフレンジで30分/備え付けのアイアンでスイングチェックをしながら5~60発を打つ。

今月末までの目標:
血圧を正常値、体重2キロ減。

妻の病状

妻が転院して「器官切開術後肉芽摘出術」をして1週間が経過した。
手術は全身麻酔で行なわれたが麻酔による合併症、術後の出血も認められず、今は安定した状態を保っている。
カニューレがスピーチ用でなく会話ができないが元気をとりもどしているようで安心した。

18日,夕方
眠そうにして車椅子に座っている。
えらいのかと問うがなんの返答もない。

夕食の補助

最近は誤嚥防止のためゼリー状の食物が少し原型が解かるものになり、おいしそうに食べる。

しかし、食後も元気がないので帰宅して家事をしなければならない旨を告げ帰ろうとするが「さよなら」の様子をみせないので「家事が大変だ・・・・」の弱音をいうと、涙はないが目を赤くした。
意識レベルが少ない妻だが意味を理解したのであろうか?

持って行き場のない辛さだが妻の前では言ってはならない愚痴と少し反省した。
安心させるよな態度でいなければと・・・・・・

幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるものだそうだが、
私は良いことはズーッと無くても構わないから、せめて悪いことには出合いたくなかった。

妻は尊厳死を希望し延命処置を拒否した文書を書き残している。
この文書を見たとき「なんと身勝手な」と感じたが、介護する側に立って迷惑をかけたくないとの思いからであろうが、やはりそれは勝手な言い残しであろう?

なぜなら、病床にいる妻にはその判断力なく、判断をするのは医師であり、家族であるから。

医師は最善を尽くし命をつなごうとするであろうし、家族もなんとか一日でも生かせてやりたいと願うであろう・・・・・

生きている喜びを感じているとも思えないが、このような状態で生き延びることを望んでいるとも思えない。

まだまだ死んでゆくには早すぎるが、苦しみを引き伸ばすような無理な延命はしたくない。
やはり生命力の自然にまかせることが一番の方法なのであろうが?

これが自然な回答だろうか。

辛い・・・・・・・・

| | コメント (4)

2009年8月13日 (木)

耐暑に鍛える

猛暑のなか、新生「新岡山36カントリ倶楽部」で会社の同僚とラウンドした。

8月1日、リニューアルオープンしたばかりのキングコースは以前の新岡山メンバーコースの一部グリーンとか植栽を改修したのみでレイアウトにはまったく変更はなかった。

数ヶ月前にクィーンをラウンドしたがこちらは大きく変更されていた。

どちらのコースがメーンとなるのかは不明、あるいはそういった区別はないのかも知れないが、どちらも多少距離は短いがグリーンが砲台で距離の判断がを誤らないようにする必要があるように感じた。
今日は雨上がりでグリーンが重かったようだがきれいに仕上がったておりこれから季節がよくなれば難しいグリーンになるのではないか?

今日はメンバーさんの優待で食事(バイキング)つき5500とプレー費が一番気に入った。

また、ラウンドしてみたい。(この値段なら・・・・・)

OUT:×(2),×(2),-(2),-(2),×(2),-(2),-(2),-(2),-(2)=39(18)
I N :-(2),2(2),×(2),11(2)、×(2),×(2),×(2),×(2),×(2),=50(18)

ワンパットが一度もないのは寄席が悪いのか、パターが悪いのか!!!!

11はショットが悪いのか・・・・・

トータルすれば、ショットも寄せもパターも悪い。

精進しなければ・・・・・・

今日はラウンド疲れ。
こんなことでは、今月は連続ラウンドが2回、ジムで体力をつけることが課題。

倉商も実力が出せない(?)、実力がない?

とりあえず甲子園球児の夏は終わった。

ゴルフ凶爺の夏はあと少し・・・

30日のグレートまで・・・・・

| | コメント (1)

2009年8月 9日 (日)

盂蘭盆会

昨夜来からの雨は朝になっても勢いが衰えず1日中降り続いた。
盆には少し早いが計画していたとおりお墓参りに早朝から実家に帰り墓参りをすませた。
掃除は先週すませてあったので今日は花としきびを飾るのみ。
華やかになった墓所を見ると少し肩の荷が下りたような気がした。
これで盆休みにはゴルフを充分楽しむことができる。

午後には、住職が盆棚経のため来訪することになっていたので急ぎ帰宅して住職を待つ。

住職は昨年末、本山の指示で大分から赴任した若い上人様だが経はなかなか上手で修業を重ねたのであろうことが予想された。

明日は妻が転院して器官の手術をすることになっている。

声帯の動きが悪く発声と呼吸が上手くできないので今後も安全のためにカニューレをはずすことはできないだろう。

イエス、ノンの会話で何を訴えているのか解からず、感情移入の激しい自分には耐えられない苦痛だ。

ご先祖様は、日ごろ行いの悪い自分に罰を与えたのだろうか?

日蓮上人は、
病によりて道心はおこり候か
と述べられている。

人の死は病気によるとは限らない。
病気であるから死ぬとは決まっていない。
妻の病気は仏様の計らいであるかも知れない。
病床に伏せっている間は「日々夜々に道心に暇なし」で闘病生活につとめなさい。
と説かれている。
災い転じて幸いとなし得る
(日蓮宗6月カレンダーから)

病を求道の縁としたい。

明日は手術が上手くいきますように・・・・・

南無・・・・    合掌


| | コメント (2)

ゴルフは楽しい・・・

Photo_4 09年8月8日
岡山国際月例競技に参加。
梅雨明けした岡山地方は毎日うだるような暑い日が続いている。
この日も、澄み渡った青空に白い雲が浮かぶ夏空。

スタートホールに咲くコスモスの花を真っ赤な太陽が照らしている。

ミーミーゼミの鳴き声だけで暑さにまいりそうな・・・・

暑さにめげず楽しいゴルフラウンドを心に期してインコースからスタート。
ラウンド目標は85。
技術的には思い切って振りぬく。(OBを恐れない)
ショートパットなんとかしたい。

10番、
目標よりやや左だが結果はベストな場所。
ラフが深く完全に沈んだ状態から、アイアンがひっかっかり左に外す。
7メートルくらいの寄せをダフリ、2メートルを残すが下りのパットを上手くいれパーでスタート。

11番、方向良くフェアーウェーイセンターから130ヤードが大きくオーバー。
下りの30ヤードのアプが5メートル、オーバーでボギー。
12番ロング、セカンド右ラフから上手く打てサードの残り180ヤード。
新兵器の7UTで3メートルにオン、でパー。
13番 ショート 180ヤード 7UT 右に外すが50センチに寄せパー。
14番 センターを捉えるが左下がりの120ヤードをショートしてバンカーへ寄せきらず、
ボギー。
15番 ショート 180ヤード 右に外し20ヤードのアプ、5メートルにオン。
ツーパットのボギー。
16番 センターを捉えるが、残り200ヤード。5番ウッドでカラーまで寄せてパー。

これまでは思い通りのラウンドで最近にない調子。

17番 センター 残り180ヤード、7UTが2mにオン。
まっすぐなラインを強めに、バーディー。
18番 ロング サードの残り180ヤード 7UTを右に外す、50~60センチを右に外しボギー

トータル イン 39(14)
      
アウトに入りパーオンがなくその上、寄せ、パットが悪くボギーが続いたが最終の9番ロングでサード90ヤードが2mにオン、くだりのパットが惜しくもはずれたが後半、唯一のパーで、アウト 44(17)

パーオンできない原因はドラの飛距離とラフに入れたらくわれるパワー不足。
飛距離不足をボギーで我慢してダボがなかった。
上出来の1日。

スイングが悪いのが原因と思われるのでバットスイングでコツを掴むようにしたい。

004_2

ゴルフは楽しいが一番!!

『楽しい』って・・・・・!

ドライバーショットがうなるような音をたてフェアウェイに飛んだ!!
ピンに絡むようなアイアンショットが打てた!!
誰も入らないと思っていたロングパットが入った!!
仲間とバカを言い合いながらプレーをしている時!!


だけどホントは・・・
ゴルフで一番喜びを感じるのは・・・

良いスコアで回って来た時


良い結果を出すために、全力でやる!!
これこそ、ゴルフの楽しみ、本質があるのだ!

そこを放棄して、投げ出してはいけない。

人生と一緒だ!!

コースに向かう車中で『今日こそは・・・!!』と決意を新たにして、前回の点数や、ベストスコア更新を目指している自分がいた。

帰りの車の中で、凹んでいる自分、を見出すことも多々・・・

毎夜、ゴルフのグリップの付いたバットの素振りをしたり・・・

その小さな努力の積み重ねが今の自分を築いてくれる。

ミスをしても、諦めない。
諦めた時点で、その日のゴルフは終わってしまう・・・

常に、目の前の一打に、『真剣』に、『全力』で対応する気持ちが、そんなゴルフが出来た時、楽しさを味わえるのがゴルフの喜びと感じる。

真っ赤な太陽の下、楽しいラウンドができた1日でした。

先月行なわれた開場祈念杯

ダブルペリアで5位に入賞。
賞品はハロゲンヒーター。
高価そうだがこれはいらない。

| | コメント (2)

2009年8月 4日 (火)

少欲知足

天気の悪い日が続き1993年以来の冷夏が予報されている。

最近の異常気象は地球温暖化が原因だとも言われているが、これまでに地球が温暖化と氷河期を繰り返してきたことを考えれば人間による環境破壊のみが原因とは言えない。
自然界では人間の及ぼす影響など、取るに足りないということだ。
言い換えれば、今の異常気象など地球の歴史から見れば許容範囲内ということになる。
人間の物差しで地球環境の変化を計っているに過ぎない。

ようやく中国地方も梅雨が明けた。
例年より29日、平年より15日遅く、統計を取り始めた昭和26年以来最も遅い梅雨あけになるらしい。
天気と正比例して、高値で安定しているゴルフもなんとか好転してくれたらいいのだが?

例年の夏の陣、第1戦は、
30日・・・赤カン(46、42)
31日・・・国際 (42-43)
 1日・・・建部 (45-47)

OBなしスリーパットなしのラウンドでこのスコアーの問題点はアイアンにある。
アイアンをとどかないまでもグリーン近くまで運べるようにしたい。

すこしハンドダウンに構えすぎていたように感じる。
トゥー側が少し空きすぎ(その空間は十円玉1枚が適正といわれるが、シャフトの入ったところが強く傷ついていることから芯を捕らえず先のほうに当たっている。
ボールに近くたちすぎ懐がせまい詰まったようなスイング。
等が原因のように考えられる。

少欲知足という言葉がある。
欲を少なくして、足る(満足する)ことを知るという意味である。
ゴルフに例えるなら、ゴルフは道具でするな不足を練習で充足せよということになるのか?
煩悩の多い私は多欲充足
こういうふうにすると、ずい分ストレスから解放される。
今の自分のストレス解消は買い物。
不足を充足するため7月フルセットを交換した。
今年のクラブ使用暦
ドラ
ミズノJPX,→ツアーステージGR→ヤマハ・インプレス
アイアン
カタナ→テーラーメイド→イグノTF1
FW
ミズノ→テーラーメイド→tobunndaVT(3,5)
UT
tobunndaVT7

セッテイング
5~9、P,A、S、S
ウッド
ドライバー、3,5番、7U。

年とともに増えるウッドクラブ。

Photo_3

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »