« 光と影、忍耐と勇気 | トップページ | 花は時期が来れば散る »

2009年4月26日 (日)

雨の日に県外遠征

1週間をゴルフのラウンドから始め、ゴルフが人生命と考えている自分に雨で中止という選択肢はない。
どんな天気も、それなりに楽しんで行くべきだと考えている。
雨の日には雨の中を
風の日に日は風の中を
雨の日を、天気の良い日と比べて「悪い日」だと思う、自分中心の考え方を改めることが大切だ。
雨の日には、雨を、そのまま全面的に受け入れて、雨の中を雨と共に生きる。
風の日には風の中を、風といっしょに生きてゆく。
特別な事ではなく、ごく当たり前に生きてゆけば良い。
これは常に前向きで積極的に生きるということだ。

数日前の天気予報では、25日(土)は全国的に大雨、午後には当地方では雨も上がり曇りとの予報。

ということで急遽、前日午後からは西から雨も上がることを期待して広島県の白竜湖カントリークラブに変更することにして午後からのスループレーをエントリーした。
高速料金が1000円、一律ということで躊躇なく変更。

ここは以前長い間、男子プロのトーナメントが開催された名門で歴史と伝統のある格式の高いクラブと認識していてぜひ一度挑戦してみたいと考えていたコースだ。


約2時間ほどで到着。
到着後、昼食をとりスタートの頃には雨も上がり時折晴れ間も見える。
レストランから見える10番ロングは510ヤードの上り。
周りの山は新緑に彩られ、その景観にやる気を起こさせられる。

コースは比較的フラットでフェアーウェーも広く距離もあるチャンピオンシップコースだ。
Photo_3 趣のある茶店

Photo_4

春の訪れを知らせた黄色い花も今はうすむらさきの花に変わりその彩りは控えめだが輝いている。

Photo_5 Photo_6 萌黄色の木々もわずかづつ違いを見せる

私のゴルフはショットメーカーのようにアイアンショットの切れ味鋭く攻めのゴルフをするタイプではなくウェッジでスコアーメイクをしてゆく我慢のゴルフタイプなのでその日のできはすべて寄せとパットで凌いでゆくことになる。

|

« 光と影、忍耐と勇気 | トップページ | 花は時期が来れば散る »

コメント

雨や風が自分の前に
立ちはだかったとしても、
雨や風が悪いのではなくて、その人の受け止め方しだいで変えることができるものです。

運命は、自分の強さで
如何様にも変える事が出来る。
運ばれた命だから。
自分の夢は、ちょとやそっとの挫折で
挫けてしまうほど“ヤワ”ではないはずだ。

今の境遇を運命とあきらめてはいません。
苦境を乗り越え運を切り開いてゆくポジティブな気持ちを忘れないようにしたいと考えています。

ゴルフも同じように考えています。
だから、雨の日は雨と共に、風の日は風とともに・・・・すべてのものと共存して楽しみたいと思います。

投稿: 風 | 2009年4月29日 (水) 20時41分

風さん、
ゴルフは全く分かりませんが、「雨の日には、雨を、そのまま全面的に受け入れて、雨の中を雨と共に生きる。」という前向きの人生に感銘を受けました。

仕方なく受け入れるのではなく、自然に共することが大切ですね。

考えさせられました・・・

投稿: 散歩中の猫 | 2009年4月28日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光と影、忍耐と勇気 | トップページ | 花は時期が来れば散る »