« 回復しない病状 | トップページ | 寒風吹きすさぶ岡山国際GC »

2009年1月25日 (日)

治そうとする自分の力

1月25日 井原CC
天気予報は正確だった。
寒冷前線は希望を打ち砕き冷気をたっぷり送ってくれた。
風もなく、陽は射すものの気温は上がらずカチカチに凍ったグリーンはアプローチを難しくした。
いつも、ピッチショットで寄せる私には距離感が・・・・・・
そんなものは全く通じない。
転がしでさえどこまで転がるのか予想を立てることができなかった。

今日のラウンド目標。
少し下げ「90」。
オールボギーで、全てのホールを回ってくる。

だが、
その目標から、
大きく遠ざかる結果に終わってしまった・・・。

野望は、大きかった。

99点
パット数:不明
OB:1




何故だ?





練習は、やっていた。

開眼もした。

そして、プロにもレッスンしてもらった。


ジムでのトレーニングで体調も充分。

それなのに、

何故だ?

どうして、こうまでスコアをくずすのだろう?





普通、これだけ練習すれば、

血の汗を流し、
涙を拭かず、
身体にバネを巻きつけて練習するまでには至らなかったが、
気持ちはいつも燃え上がっていたのに。

すべてのショットが引っかかる。
アプが寄らない。
ゲームを捨てたパターは当然のように50センチ位でも外してしまう。

一番の原因は承知している。
まだ、バットスイングが自分のものになっていない。

重さを利用した腰の回転

もっと回転を意識しなければいけない。

帰りに妻を見舞う。
縛られ、目を瞑り、呼吸器が切開したのど元に挿管されている。
病状に変化が見られず。
本人にも治そうとする意志が見られない。
先ず自分の意志を取り戻して欲しいと思う。

意志の力。
これほど強いものはない。
妻は自分の意志の力を忘れてしまっている。
長い寝たきりの病院生活に自分だけの固定観念を植え付けて「治らない」のではと自分を見失っているようだ。
治そうとする意志がない。

今日の夕食は姉が用意してくれた焼餅の入った鍋焼きうどん。
(おいしかった)

妻のいない食卓、

息子が「お母さんはいつになったらよくなるのか?。早く皆でおすしを食べに行きたい」と、初めて母の不在を寂しがる言葉を口にした。
 やはり内心心配しているようだ。
苦しんでいるのは自分だけではないことを知る。


妻に、こんな家族の気持ちを理解する、脳の意識レベルがあればいいのだが?

がんばれ、がんばれ、みんな・・・・・・・

|

« 回復しない病状 | トップページ | 寒風吹きすさぶ岡山国際GC »

コメント

御津カンは難しかったです
自分も99点アプがさっぱりでした
凍ってるので仕方ないですね

投稿: デカ | 2009年1月25日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回復しない病状 | トップページ | 寒風吹きすさぶ岡山国際GC »