« 秋の虫の声・・・・ | トップページ | 晩秋の空に »

2008年10月20日 (月)

青空の下で・・・・・

強すぎるものは、やがては自らをも深く傷つけてしまう・・・

昨日は暑くもなく寒くもなく爽やかな秋晴れの下、国際GC10月月例競技に参加した。
国道180号線を西に20キロくらい走ると国際GCはある。

しばらく走るとその風景は田園地帯に変わり、背景に鬼の城を望む。
ここにいたると目先の風景もどんどん変化してゆく。
あんなにはびこっていた曼殊沙華がすっかり影をひそめ代わりに青空に黄色い花。
背高泡立草」が目立ち過ぎるように咲いている。

Photo 繁殖力が強く他の植物の成長を妨害するということで嫌われものだがよく見ると茎の先に可憐な花を咲かせ綺麗だ。

しかし最近では衰退するという事態がおきているらしい。
自分が出した物質で自身の発芽も押さえられる、自家中毒が原因といわれている。

相手を攻撃するはずの毒によって自らも被害を受けるようになってしまったようだ。

強すぎるものは、やがては自らをも深く傷つけてしまう・・・

Photo_2田んぼでは稲の刈り取りも終わって、穭田が整然と拡がり収穫の済んだ長閑さが感じられる。
稲の刈り株に新しい茎が生えることをヒツジと言い、その田を穭田ということを最近知った。
これには実はつかないそうだ!
Photo_3

すすきも秋の風に揺れている。

ひそかにシングルを目指す大地だが背高泡立草が自身が出す毒に犯され自滅してしまように、前日の開眼は本番で姿を消してしまい、二度と目を開くことはなかった。

とにかくティーショットを曲げてラフに入れないことを念頭にプレーを目指したが?。。。。。。
ところが、引っ掛け玉が多く、セカンドを難しくしてしまい、グリーンを狙う1打がグリーンに届かない。。。
おまけにそこから寄らない、入らないでボギーを量産。
パットは、常にボール1個分外れるという状態で、ある意味再現性は高かった。 www
思い返せば、このグリーンから本来は学ぶことがあったはずだが!

自分のプレーを続けてしまった。
まぁ~、実力というところか wobbly
2打目とパッティングを巻き直して後日チャレンジだ!
スポーツクラブの体重計で、自重を計測してみて、驚きがっ!!
・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 間食・断食 ww
もう一度スイングのチェックをやり直し来月に期待したい。

|

« 秋の虫の声・・・・ | トップページ | 晩秋の空に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の虫の声・・・・ | トップページ | 晩秋の空に »