« 夕焼け空 | トップページ | 紅葉葵が燃えていた・・・・ »

2008年7月23日 (水)

猛暑が続く・・・・・

猛暑日が続いている。
連休中日の20日県北部の天空のゴルフ場、津山GCでラウンド。
距離、アップ・ダウンの厳しい戦略性のあるコースもこれまでに経営が何度も変わり今は外資系で殆どをセルフでプレーしている。
それでもグリーン、フェーアウェーもよく整備され十分満足のゆくゴルフ場。
往路で時間があったので少し大回りをして眼下に広がるコースを見学した。
今日の闘いの場となる各ホールの風景に感激しながら。

Photo_2
Photo_3
Photo_4

午前8時頃、眼下に展開する津山GCを覆う朝の雲が神秘的。

良いラウンドができますように?

今日のグリーンは仕上がりは良いのになぜか重かった。
ストローク(肩を中心に大きな筋肉を使う)の大きさで距離を調整する、自分のパットは合わないような感じがした。
速いグリーンが得意というわけではないがもう少し速い方が距離が合うのではないかと感じた。

グリーンの速さに丁度ぴったり合うボールの転がりというのが、あるのだろうか。
タッチというのは、それぞれのグリーンの速さにマッチしたボールの転がりをするフィーリングのことを言うのか?

例えば、芝目の強いコーライ芝の適正なボールの転がりの速さは早く、ガラスのグリーンの場合は、ゆっくりとろとろと遅く転がるように。
芝の抵抗如何で適正なボールの転がるスピードは変化するのであろう。

翌日(21日)は長船CC、

水は充分あるであろうに、陰がなく直射日光のせいか芝枯れが多くパットをする気になれないでこぼこグリーンに悩まされた。

|

« 夕焼け空 | トップページ | 紅葉葵が燃えていた・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕焼け空 | トップページ | 紅葉葵が燃えていた・・・・ »