« パットイズマネー・・・・と見つけた | トップページ | スイングアーク »

2008年7月 9日 (水)

外せないパット

群馬県甘楽町の小幡郷ゴルフ倶楽部。
小幡郷ゴルフは城下町小幡を見下ろす高台にあり
遠くには、赤城の山々を遠望する。

18番ホールのグリーン上。
炎天下の赤城山を背にした福島明子プロは陽炎のように揺れている。


このパットを決めればバーディでトップと並ぶ。
ボールはピン上奥に距離を残して止まっている。
カップまで6.5メートル。
下りの弱いフックライン。
福島はパッテイングのイメージを思い描いた。
カップ右半分を狙ってフックラインにのせて落とし込む・・・・・
全てを決める大事なパット。
再度、慎重にラインを読んだ。

弱気にならないで強気に攻める。
フックラインだけど強気にストレートに打つ!
カップの向こうの縁に当てて入れる。
バーディを取らなければ、パーでもボギーでも同じ。
後悔して泣くよりバーディを取って泣く。

肩の力を抜いてゆったりと大きく
心を落ち着かせ静かに構え目を閉じる。
そして静かに目を開き、いつものようにゆったりとしたストロークでボールをヒット。


ボールはカップに向け転がり・・・・・
5メートル
3メートル
1メートル
50センチとカップに近づいて行く。

このままだとカップの右を僅かに通りすぎてしまう。










コロン

入った。

最終組の茂木のプレーを待つ・・・・

茂木の背からオーラがはなっている。
茂木はこのパットは入れる。

3メートルのフラットなラインを真ん中からいれバーディ。
1打差で福島の追撃を抑え優勝。

負けた福島に口惜しさは見られなかった。

精一杯後悔のないプレーをした結果だ!

茂木と福島のハイライト動画はここ

鋭い棘が痛そうなアメリカオニアザミ。
この頃あちこちの空き地などでよく見かける。

山には山の憂いあり海には海の悲しみや
まして心の花園に咲きしアザミの花ならば
Photo

|

« パットイズマネー・・・・と見つけた | トップページ | スイングアーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パットイズマネー・・・・と見つけた | トップページ | スイングアーク »