« さくらよりはやくちりぬるを・・・ | トップページ | 北京オリンピック聖火リレー妨害 »

2008年4月13日 (日)

吉備の里 散り敷く花びら

桜舞い散る陽ざしの中で、
桜の花に彩られた岡山国際ゴルフクラブ4月月例競技に参加した。

春爛漫と咲き誇る桜は言うまでもなく素晴らしいものだが、はかなく散るさまも惜別の想いを込めていとおしまれる。

株の根元を彩る花びらのひとひらずつがいとおしい・・・・・

風はたゆまず花びらを降らせ、敷いた花びらを浚っていた。
柔らかそうな葉が風に揺らいでいる。
木をよく観察すると、先端の小枝は雨に濡れた重みで、花は下向きだ。
花びらはすでにうつむき加減だから、散りやすい。

これを桜蘂と言うのだろうか?
 Photo_4


赤いおしべ(めしべかも?)だけを残して、潔く花は散ってしまった。
近くの並木も、すでに葉が出てきたので今は散る花びらを楽しめる。

山桜は葉と花が同時にでるがソメイヨシノは花が散ってから葉が出る。

Photo
(1番 ティーグランド 393ヤード ミドル)
散る桜 残る桜も散る桜
残された花もまもなく後を追うことだろう。
それは悲しいことではないと、気づき始めた私なのだが・・・

何度もラウンドしたこのコースで、この花に回り逢えたのは始めてである。
一期一会を思いながら、来年も会いたいものと念じゴルフを楽しんだ。

Photo_2

(雨の14番 ホワイトバランス 蛍光灯3)
少し、青みがかっている。

ティーショットをOB、サードがチップインでボギー。(ラッキーheart04)

out 44(21)
in   45(21)
スリーパット×6

反省、アドレスの感じが良い。ティーショットが不安なく打てる。(かも?)
アプローチが寄らない(止まらなくてオーバーすることが多かった。
(止まる玉を打つようにしよう)
12番のセカンドOBが痛かった。

良かったホール上がり3ホール(HD、8,4,6)がパー。
Photo_3

|

« さくらよりはやくちりぬるを・・・ | トップページ | 北京オリンピック聖火リレー妨害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくらよりはやくちりぬるを・・・ | トップページ | 北京オリンピック聖火リレー妨害 »