« 春の彼岸に・・・・・・ | トップページ | 自然の強さ・・・・ »

2008年3月30日 (日)

雨中のラウンド

岡山も桜の開花が始まった。
昨日の好天で後楽園の桜も7部咲き。
開花しはじめた桜を見上げると、何故か、心が和らぐ。

日本には四季が有るので、人間の人生そのものも、この四季に例えられることが多い。
寒い冬は、ジーっと、耐える時期。
そして、春は、心が浮き立ち、上昇気流に乗り始める時期。
夏は、汗を流して、自分の力の限りに、ガーッと頑張る時期。
秋は、少々心も穏やかになり、実りや充実を感じる時期。


私の現在のゴルフを例えるなら、
希望に満ち溢れているということだ。

次の日曜日にはこれまでの成果(実力)を試す理事長杯に参加予定だ!

桜『花冷え』の言葉通り、桜の花の咲く頃には、もう一度、寒気がぶり返すものなのだろうか?
昨日の好天が嘘のような・・・・・・・
昨夜来からの雨は今日も一日中降り続いた。
この季節にはなぜか雨と嵐が来る。
それは美しい女性を意地悪な老婆が虐めにくるようでもある。

せっかくの練習ラウンドも先週に続く雨となった。
精進の悪さを感じるが雨に負ける訳にはいかない。

どんな天気も、それなりに楽しんで行くべきだと考えている。
雨の日には雨の中を
風の日に日は風の中を
雨の日を、天気の良い日と比べて「悪い日」だと思う、自分中心の考え方を改める事が大切だ。
雨の日には、雨を、そのまま全面的に受け入れて、雨の中を雨と共に生きる。
風の日には風の中を、風といっしょに生きてゆく。
特別な事ではなく、ごく当たり前に生きてゆけば良い。
これは常に前向きで積極的に生きるということだ。

今日の反省

最近、忘れかけた頃にちょこっと出現してくれるシャンク君。
彼には今生の別れを告げなければならない。
目標に向かって真っ直ぐに飛ばすというレベルの話ではなくなってしまい、全くもってのとんでもないミスショットになってしまう。
1打余計に叩く結果に終わるだけならまだしも、このシャンク君は、連続して出現することだ。
せめて練習中だけに出現して、ラウンドでは絶対に二度と会い見えることのないように、まず注意していかなければならない。
次に私の悪いクセで、プッシュアウトである。
芯で捉えたときによく起こる。
インサイドからクラブが降りてきて、インアウトの軌道になる。
こいつも、8~9割のショットを徹底して自分のものにして行きたい。

今日のシャンク、
バンカー内・・・・・1
アプローチ・・・・・2
プッシュアウト・・3(うちOB×1)

理事長杯に向け来週はレンジへ2回。
ジムでのトレーニング3回。

昨日の後楽園の桜

Photo

|

« 春の彼岸に・・・・・・ | トップページ | 自然の強さ・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の彼岸に・・・・・・ | トップページ | 自然の強さ・・・・ »