« 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ | トップページ | 雪景色 »

2008年2月21日 (木)

インパクトゾーン

昨日、ふと閃きがあり練習に行った。

ゴルフはミスをなくすスポーツ。
そのためには毎回同じようにクラブをあげておろす。簡単な動作だ。
あげて、おろす。それだけで良い。何もほかに考える必要はない。
毎回同じインパクトをする確立をあげる。
そのためには、インパクトは出来るだけゾーンでとらえて点にならないようにする事が大切だ。
ゾーンでとらえる、体を使ったスイングをするために試したことは、

足幅を極端に狭めできればかかとを着ける。
右腰の高さから左腰の高さまでをインパクトゾーンと考え線でスイングする。
足を狭めているので手でクラブを振ることはできない。
自然スイングも肩の力が抜け回転で打つ結果になる。
体でのスイングを身に着けるには両脇を閉めた状態でゆっくりハーフスイングする。
その際、インパクトで加速させたりボールを打ちにいったりしないで、自分ができる限りのゆったりしたスイングを 心がけることが必要だ。
体の回転でハーフスイングができるまで練習を重ねよう。

|

« 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ | トップページ | 雪景色 »

コメント

来月8日にワテも、東児ケ丘へラウンド

練習すれば、するほど・・・(泣)
ロシアの潜水艦・・・
浮上出来ません。

良きアドバイスを・・・
トホホッ。

投稿: う | 2008年2月25日 (月) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ | トップページ | 雪景色 »