« 淡雪の降る | トップページ | 飛距離を補うもの・・・・・・ »

2008年2月10日 (日)

県アマ選手権コースで練習ラウンド

2月10日

心配された雪もあがり、県アマ選手権の予選が行なわれるベストコンディションのコースでラウンドした。
プライベートでは普段あまりラウンドする機会のない上級者ということで本当に楽しみにしていた。
バックティーを使用したプレーに緊張感がはたらき心地よい。

今日の反省
ティーショットはほぼ満足。引っ掛け、フックがなかった。
左腰の回転を意識したのが良かった。

プッシュアウトが2回。あたりはいいのだが右に出る。
これはインアウト、脇が甘いせいかな。
リストターンができていないような気がした。思い切って左サイドに振りぬきたい。

冬のショットの難しい点は芝が枯れて薄くなるので、ダフリトップになりやすい。
逆に、簡単な面。
ラフが打ちやすくなる!
斜面から落ちてきやすい!
グリーン周りからパターが使いやすい!

など。

この季節にランニングアプローチを覚えて暖かくなったときのために今こそ冬のゴルフの特徴を生かそう。

パートナー(HD 4&6)から学んだこと。
どんなショットも力みがないスイングで打っていく。
飛距離よりもラインを出すショットを狙っていたような気がした。

ティーショットが生かされなかった。
バンカーからサンドを使って4度かかった。
ピンが近く開きすぎて出せなかった。まずは出すことを考えたショットがいいのだろうが出ないとは考えられない。

スコアーを崩した今日の原因。

|

« 淡雪の降る | トップページ | 飛距離を補うもの・・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡雪の降る | トップページ | 飛距離を補うもの・・・・・・ »